陰部の黒ずみにはデリケートゾーン専用のケアが必要

ビキニ

特に刺激していないのに陰部に黒ずみができてい、という方は今すぐこの記事を読んで原因と対策を知りましょう。
デリケートゾーンは繊細な女性肌の中でもメラニンによる色素沈着が起きやすく、皮膚に黒ずみができがちです。
陰部の黒ずみを解消して美白になるために、正しいケアをご紹介します。
悩みを抱えるあなたに合ったクリームやケア方法をお届けします。

陰部の黒ずみで悩んでいる女性は意外と多い

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性
小鼻や脇など、皮膚が敏感な陰部はメラニンなどによって黒ずみができやすいことが言われています。
それは角質層の厚みにも関係しており、陰部は角質層が薄く、摩擦や自己処理の脱毛などにより刺激を受けると黒ずみができやすいのです。
よく自慰行為や性行為を数多くやっている人は陰部が黒い、などの誤解もあったりし陰部の黒ずみを気にする女性は少なくありません。
しかし、様々な要因が重なり合って陰部の黒ずみになっているので、そんなデタラメを気にしすぎることはないのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみ原因をさがす女性
そもそも、デリケートゾーンなどが黒ずんできてしまうのには、それなりの原因があります。

■生理不順
生理不順等の、体内におけるホルモンバランスの崩れが影響します。

■妊娠・出産
妊娠や出産を経験したことが要因となります。

■ムダ毛の処理
陰部の脱毛をする女性

ムダ毛の自己処理による刺激も、陰部の皮膚を黒っぽくさせます。
年齢を重ねたことにより、肌のターンオーバーにも乱れが生じてきますから、それらも影響します。
しっかりと脱毛サロンやクリニックでケアをやってもらう分には大丈夫なのですが、自分で陰部の脱毛や除毛を行うと、高い確率で陰部に傷をつけてしまったり過度な刺激を与えてしまいます。
さらに自分で自己処理を行っていくと陰部周辺の肌もダメージを受けつづけ、それを保護しようとして体からメラニンが出されます。
そのメラニンが黒ずみを作る原因となります。

■摩擦等
ナプキンやおりものシートによる摩擦やかぶれも要因となるでしょう。
肌に合わないボディクリームを使うことで、肌トラブルになることも考えられます。
スポーツを行ったり、歩行するだけでも陰部への摩擦は起こります。
また性行為などでも確かに刺激を与えます。
皮膚は刺激を与えられると、その補修をしようとしメラニンを出します。

■締め付け系の下着の着用
きつい下着で黒ずみになる女子

黒ずみがある女性の共通点の一つに、ほぼ24時間きつめの下着をつけているということがあげられます。

ボディに合わない下着を身に付けることで、締めつけによっても起こってきます。

肌にとってきついと感じるものをつけていると、陰部やデリケートゾーンが締め付けられていることになり、そうすると下着とのズレや締め付けによって肌にダメージが加わり黒ずみの原因になることがあります。

■陰部のお手入れをしていない
さすがに全く手入れをしていない方はいないと思いますが、顔は化粧水やクリームなどを塗るのに比べて陰部はそんなにお手入れやケアをしていない方が多いのではないでしょうか。
アメリカやヨーロッパでは、陰部のケアは当たり前に行われています。
顔などと同じようにクリームや化粧水などでしっかりケアをしています。

■きつめに洗っている
きつめに洗ってしまいがちなスポンジ
手入れをしている!という女性に限って、お風呂などで陰部をゴシゴシと洗っているケースがあります。
陰部は皮膚がデリケートなので、多くの刺激を与えてしまうと逆に黒ずみが増えてしまいます。

■肌に合わないケア用品
肌に合わないもので言えば、ボディソープも気をつけたいところです。
不規則な生活も原因になりますし、ストレスなんかも影響しています。
デリケートゾーンは、少しの刺激でも黒っぽくなる要因となりますから、日常的なことで色素沈着のような状態にもなるのです。

 

やさしいデリケートゾーンケアで改善を

優しいケアが必要なデリケートゾーン
保湿をしっかり行う
これは基本中の基本です。顔と同じようにダメージを受けている陰部には十分な潤いを与えてあげましょう。
家などではなるべく低刺激な下着をはきましょう。
外出する時などは、どうしてもおしゃれ優先になるかと思いますが、自宅に帰ってきたらせめて陰部に対して低刺激の下着をはきましょう。
ノーパンもいいと思います。

■洗う道具に注意
よくスポンジやタオルで体をゴシゴシ洗って、陰部もその強さで洗う方がいますが、泡を立てれば体も陰部も強くこする必要はないのです。
優しくなでるように洗ってあげましょう。

■デリケートゾーン専用のケア用品を使用
上記をやったうえで、黒ずみを解消するには陰部に使用できるケア用品を使うことです。
どうしてもメラニンの生成を抑えたり黒ずみを解消するにはケア用品が不可欠で、逆に使用するとより陰部も清潔に保たれるのでご自身に合う商品を使用することをお勧めします。

現在おすすめの陰部ケア商品

line2

安心して黒ずみケア商品を使いたいなら

ハーバルラビットゲルクリームは、厚生労働省より医薬部外品と認定されており、さらに60日間全額保証が付いているので安心して使うことができます。

ハーバル
「水溶性プラセンタエキス」と「グリチルリチン酸」の2つの有効成分が配合されており、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制し、脱毛や下着のすれなどで傷ついた肌の炎症をいち早く抑えます。モデル達の中で愛用されている商品なので安心して使うことができます。

ハーバルラビットゲルクリームの詳しい説明はこちら

line

本格的に黒ずみを治したいなら

しっかりと陰部の黒ずみを治したいということでしたら、【イビサクリーム】が断然おすすめです。

ibisa

イビサクリームは陰部・デリケートゾーンの黒ずみを治すために開発されています。

イビサクリームの詳しい説明はこちら

line

ビキニラインの黒ずみに悩む女性の93.7%が「使い続けたい」

VL WHITE(ヴィエルホワイト)

ヴィエルホワイトは、有名クリニックの医師や一流エステティシャンが「効果の高さ」を絶賛している、いわばプロでも効果を認めているカリスマヒットメーカーが開発した商品です♪

モニターアンケートでは、ビキニラインの黒ずみに悩む女性の93.7%が「使い続けたい」と答えるほど!
(対象期間:2015年3月 対象:25歳~55歳女性約200名)

ビキニラインの黒ずみ

無添加・低刺激にこだわっており、美白成分3種と保湿、透明感、エイジングケア、保護のための天然由来成分11種をふんだんに配合し、リポゾーム化(超低分子化)をしているので、黒ずみをすっきり除去します。

■他商品との違いは?
デリケートゾーンの黒ずみケア商品はいくつもありあすが、石鹸やクリームまたはジェルタイプが多数です。
その点ヴィエルホワイトは、デリケートゾーンやビキニラインの皮膚の薄さ・敏感なことにフォーカスし、この角質層に浸透しやすくメラニンの生成を抑えていくための美容液タイプを新開発しました。

VL WHITE(ヴィエルホワイト)<の詳しい説明はこちら

line

陰部の黒ずみ改善+保湿などトータルなケアをしたいなら
黒ずみ専用クリーム「ピューレパール」
py-re

ピューレパールは陰部の黒ずみに使用できる美白クリームの効果ナンバーワンの商品です。
上記に記載したことを意識してこちらの商品を使用すればほとんど改善されます。

vio

ピューレパールは非常に美白成分も含まれている美白クリームなどで、
陰部はもちろん、脇や乳首等にも使用できる商品です。
保湿効果も高いので、これを使用すれば保湿も兼ねることができます。

ピューレパールの詳しい説明はこちら

line

現在使っているボディソープも変えたいとお考えなら

上記のクリームを使用すれば、陰部のキメも整ってきますし、色も明るくなってきます。
そして、毎日使用するボディソープや石鹸が今の肌に合っていないと思ったら、デリケートゾーン専用の、刺激の弱いソープで洗うのもひとつの方法です。

ハーバルソープ
ジャムウ

専門のソープは、弱酸性や天然由来のものが多いので、肌にも優しいです。大豆イソフラボン配合とか、美白成分配合のソープもあります。中には、消臭効果のあるタイプもあります。

バーバルソープの詳しい説明はこちら

 

まとめ

<日常の心がけ+専用クリーム(ジェル)+専用石鹸>
を使用することで陰部の黒ずみは解消されます。
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ビキニラインの黒ずみ<体験談>

黒ずみの悩みを解決した女性下着がきつかったのか、20代ころからすでにビキニラインの黒ずみがありました。
水着になるときや温泉に入るときなど、下半身を他人に見られることは恥ずかしくてたまりませんでした。
でも恥ずかしくて、美容クリニックやエステに相談するのも嫌でどうにもならず、コンプレックスになっていました。
でもある日、黒ずみは美白クリームでメラニンの生成を抑えることで綺麗になるという話を聞いて、やってみることにしました。このためだけにクリームを購入するのはいやだったので、自分が使っていて、途中でやめていた美白クリームを試しに使ってみました。
最初は何も効果が出ないように思えましたが、せっかく始めたので1瓶使い切ってみようと1ヶ月ほど続けてみたら、少しだけ明るくなったような気がしたので、継続しています。
でもお金がもったいないので、そんなに高いクリームは使っていません。

美白クリームがないときは、ニベアの青缶などで保湿ケアをしっかりするようにしています。
また、下着のサイズを見栄を張って小さめにせず、コットンのゆったりしたものに変えました。
それもあってか、以前よりはだいぶ綺麗なビキニラインになりました。
簡単な工夫で、コストもさほどかからないのに、ここまで黒ずみが軽減されるのであれば、これからも是非続けていきたいと思います。
真っ白になったというわけではありませんが、素人の私から見ても毎日の努力で綺麗になるということが分かったので、肌というのは手をかければかけるだけ応えてくれるのだと知り、今後のお手入れのモチベーションになりました。

参考記事:デリケートゾーンの黒ずみクリーム口コミと効果を徹底比較!
       デリケートゾーン専用石鹸の口コミ人気ランキング[最新版] 

魚住りえさん 訴求

関連記事

ページ上部へ戻る