デリケートゾーンの黒ずみ解消方法をご紹介!シークレットな部位も潤いピンク肌に

delicatezone

デリケートゾーンの黒ずみは、下着や生理用ナプキン等の摩擦やムダ毛処理によって炎症を起こすことによって発生してしまいます。今回は、デリケートゾーンの黒ずみが発生する原因とそのメカニズム、そして予防・改善方法についてご紹介します。

はじめに

普段、周囲にさらすことのないデリケートゾーン。特別な時に特別な相手にしか見せない部分だからこそ、黒ずみに悩まされますよね。デリケートゾーンの黒ずみは仕方ない、と諦めている方も多いのではないでしょうか?デリケートゾーンの黒ずみは、毎日のちょっとしたお手入れや下着の見直しなどで改善します。

人にはなかなか相談しにくいデリケートゾーンの黒ずみを解消して、生まれたての赤ちゃんのような潤おいピンク肌を取り戻しましょう!

 

1.デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

原因

デリケートゾーンの黒ずみは、夏に日焼けして肌が黒くなるのと同じように、メラニンの色素沈着が起こることにより発生します。普段、デリケートゾーンは紫外線を受けにくい状態にあるのになぜメラニンの色素沈着が起こってしまうのでしょうか?

それには、大きく分けると2つの原因があります。

外部からの刺激

デリケートゾーンは、体の中でも比較的皮膚がデリケートです。ちょっとした摩擦や刺激によって炎症を起こしやすい部位なのです。外部から肌を強く刺激されると、肌を守ろうとメラニンが増えます。通常であれば、刺激がなくなればメラニンは自然に解消されていきますが、刺激が続くとメラニンは増え続け、蓄積し、やがてメラニンがもつ色素が肌に沈着してしまうのです。

では、普段私たちの体にはどのような刺激や負担が起こっているのでしょうか。

 

下着のこすれ

一日中、全く下着を身に付けずに過ごす、という方は少ないでしょう。私たちは家でリラックスする時も、外出するときも、寝ている時も下着を着用しています。その下着がデリケートゾーンを締めつけたり脱着したりすることで摩擦を起こし、刺激を与えているのです。

特に、見た目がセクシー、可愛い、おしゃれな下着は、化学繊維を使った素材が多く、そしてデリケートゾーンを締めつけたりする仕様になっているため刺激が大きく。刺激が大きいとメラニンは増え、色素沈着を起こし黒ずみが発生します。

お風呂でのデリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは、他の体の部位に比べて通気性が悪く、おりものなどによって臭いが強くなることもあり、お風呂でゴシゴシ洗ってしまいがちです。ナイロン製のゴワゴワとした硬い素材でゴシゴシ洗っていると、皮膚の弱いデリケートゾーンのメラニンは増殖するので、色素沈着を促してしまっているのです。

 

アンダーヘアの処理

デリケートゾーン周辺のムダ毛処理にカミソリを使ったり、市販の脱毛剤を繰り返し使ったりすることは、皮膚へ大きなダメージを与えています。直接肌を傷つけたり、皮膚に刺激を与える塗布剤を使っているので、特に皮膚の弱い方は肌が赤くなったり痒くなったりと、炎症を起こすことは容易に想像できるでしょう。デリケートゾーンもキレイに整えておきたい!という思いで行っている行為が、「黒ずみ発生」という別の問題を引き起こしているのです。

 

生理用ナプキンによるこすれやかぶれ

生理中は、ホルモンバランスが乱れやすく肌もデリケートな状態になっています。デリケートな場所がさらにデリケートになっているにも関わらず、ナプキンなど生理用品を使うことで摩擦が起こり、黒ずみ発生の原因となります。

 

また、ナプキンを着用することにより、デリケートゾーンがムレて痒みを伴うことがあります。トイレやバスタイムなど、人目につかない場所で痒い部分を掻いてしまったり、トイレットペーパーで陰部を強くこすり付けることにより、余計にメラニンは活発化してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

黒ずみの発生は、外部からの刺激による原因だけでなく、体内の健康状態により発生することもあります。

 

加齢によるターンオーバーの乱れ

肌は、ターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常に働いていると、通常28日ほどで新しく生まれ変わります。しかし、加齢により、ターンオーバーの期間は長くなってしまいます。ということは、メラニンが自然放出するまでに時間がかかり、色素沈着を起こしやすい状態になってしまうのです。

 

また、年を重ねるにつれて、ホルモンのバランスが乱れたり、体の新陳代謝が悪くなることで、血行が悪くなります。すると、ターンオーバーが正常に働かなくなり、メラニンを含む古い角質が重なり続けやがて色素沈着を起こしてしまいます。

 

生理やストレスによるホルモンバランスの乱れ

生理前後に頭痛やイライラなど、不調を感じる女性は多くいます。それは、ホルモンバランスの乱れによるものです。ホルモンバランスが不安定な状態では、身体やメンタル面に影響を及ぼすだけでなく肌を敏感にすることもあります。そのため、通常身に付けている下着や締めつけるような仕様の洋服を着用することで、肌に大きな負担をかけているのです。

 

2.デリケートゾーンの黒ずみ予防・対策とは?

黒ずみの原因は、下着やナプキンなどによる摩擦による「外部からの刺激」と、生理やストレスによるホルモンの乱れからくる「体内の不調」が引き起こすということをご紹介しました。黒ずみを放っておくと、色素沈着がさらに進み、キレイな肌を取り戻すのに時間がかかってしまいます。まずは、黒ずみを引き起こさない予防・対策を心がけることが大切です。

 

刺激や負担となる「原因」の軽減

化学繊維を使った下着、締め付け感の強い下着を見直してみましょう。おしゃれな下着を着用したい!という方も、デリケートゾーンの休養期間ということで、一週間に3~4日だけでもコットン素材のショーツを利用したり、ワンサイズ上のゆったりとしたサイズのものを身に付けることで下着による摩擦を軽減させることができます。

 

また、デリケートゾーンの洗い方は、ゴシゴシではなくキメ細やかな泡で優しく洗うようにしましょう。デリケートゾーンには常在菌が存在し、自浄作用を持っています。私たちが外部からゴシゴシとこすらなくても、雑菌の発生を抑制したり防いだりする力を持っているので、デリケートゾーンを石鹸やボディーソープ等で毎日時間をかけて洗う必要はないのです。

 

しかし、生理中のナプキンはどうしようもないのでは?とお考えの方も多いでしょう。そこでおススメしたいのが「布ナプキン」です。「聞いたことはあるけど、どのようなメリットがあるのか?面倒ではないのか?」と気になる方も多いですよね。

布ナプキン
布ナプキンを使うメリットとして次のようなことがあります。

 

1.生理中のかゆみやかぶれを引き起こす原因がない

現代女性の利用率が高い、ケミカルナプキン(紙ナプキン)には、デリケートゾーンに直接石油系の化学物質で作られた繊維を当てていることになります。これが原因で、かぶれやかゆみを引き起こすことも考えられます。しかし、肌に優しいコットン生地にはそのような化学物質は存在しません。

 

2.生理痛の軽減

ケミカルナプキンは「冷え」の原因を作る要素を持っています。冷えが起こることで、血行不良や生理痛、めまいや頭痛などを引き起こします。それに対処するために痛み止めなどの薬を飲むことで、余計に体に負担をかけることになり悪循環になっています。

それに対し、布ナプキンはコットン生地がデリケートゾーン周辺を優しく包み込み「冷え」から身を守る効果があり、それが生理痛の緩和に繋がります。


3.経血の汚れは重曹で簡単にキレイ洗浄

生理で排出された血(経血)の汚れは、重曹を使えば簡単に落ちます。ひどい出血量のときや、外出時に取り換えた時間の経った布ナプキンは、バケツやふた付き鍋などに水を入れて重曹を小さじ1杯ほど入れて付け置きします。2~3時間付け置きすると、キレイに汚れを落とすことができます。

 

体調管理とターンオーバーの正常化

体調を崩すと、ホルモンのバランスが乱れターンオーバーも乱れてしまいます。ターンオーバーが正常に働かないと、キレイな肌を生み出すことはできません。十分な睡眠、規則正しい生活リズム、体を温める、栄養バランスのとれた食事、そしてヨガやウォーキングなど体を動かすことで、正常にターンオーバーを働かせて、色素沈着が起こる前にメラニンを放出させて黒ずみを予防します。

 

また、普段のお手入れも重要です。特にカミソリなどでムダ毛処理をした後は、炎症を起こしたり、乾燥したり、肌トラブルを起こす可能性があります。炎症を抑える軟膏、保湿剤でのケアなどを行うことにより、肌へのダメージを保護するようにすることをおすすめします。

 

3.デリケートゾーンの黒ずみ解消方法

自宅でのケアはもちろん、皮膚科や美容外科での施術を行うと黒ずみをより早く的確に解消することができるでしょう。レーザー治療や、ケミカルピーリング、美白効果のある薬剤を使った治療など、専門の施設では様々な治療方法でケアをしてくれます。「とにかく早くキレイにしたい!」という方には、黒ずみ部分を切除する手術も選択肢の一つになるでしょう。

 

また、デリケートゾーンのムダ毛をサロンで脱毛するという手段もあります。一時的な肌への負担はありますが、脱毛してしまえばカミソリで定期的に肌に刺激を与えることもなくなります。

自宅での簡単ケア方法とは?

皮膚科や美容外科へ足を運んで、デリケートゾーンを見せることに抵抗を持つ方もいるでしょう。時間もお金もかかるので、専門の施設には行けない、という方は自宅でケアをすることで改善することも十分可能です。

 

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

soap

デリケートゾーンの臭い対策として販売されているものもありますが、黒ずみに対応した美白効果のある石鹸も販売されています。石鹸を使用することで、デリケートゾーンの肌に潤いを補給して乾燥を防いだり、ゴシゴシこすることをふせぐ泡ソープで摩擦を軽減したり、メラニンの生成を抑える作用を持つトラネキサム酸配合の石鹸もあります。

 

中でも有名なデリケートゾーン専用の黒ずみ対策石鹸として、「ジャムウソープ」は人気が高いようです。口コミをいくつかご紹介します。

 

「普通に洗い流すだけで、あら?少し色白に透明感が、増したような感じになりました」

http://pure-la.net/jamu/ladysjamu/soap-bihaku.htm

 

「2週間くらい使用して、黒ずみが薄くなったのがわかります。」
http://www.cosme.net/product/product_id/2891758/review/504378478

 

「アソコもパックせずに普通に洗ってすぐ流してたけど十分効果あり☆」

http://www.cosme.net/product/product_id/2891758/review/502056743

 

2週間程度で効果を感じる方もいれば、数ヶ月で効果を感じた方もいるようです。黒ずみのケアは、スキンケア用品に関わらず、継続することで効果が得られます。

参考:デリケートゾーン専用石鹸の口コミ人気ランキング[最新版]

4.まとめ

体の外側からの刺激対策や、内側からのホルモンバランスや体調のケアも大切だということをご紹介しました。こすれやすい部位であること、そして毎日下着で摩擦が起こってしまう部分なので、黒ずみを解消するには時間がかかります。しかし、諦めずにケアをし続けることで、黒ずみを予防することに繋がり、黒ずみを起こしにくい体質作りにもなります。

 

水着で遊ぶシーズンや女友達との温泉旅行、彼氏とのお泊りデートなどの特別な日がいつ訪れても大丈夫!という自信が持てるように、顔や手足などの見える部分のケアだけでなく、デリケートゾーンケアも続けてみてくださいね。

魚住りえさん 訴求

関連記事

ページ上部へ戻る