目の下・目元の黒ずみを隠すメイク術!悪化させないためのポイントは?

目 メイク

その人の印象を左右してしまう目元。
目の下に黒ずみがあったら老けて見られてしまいがちですから、メイクの時の大きな悩みのひとつですよね。。
なんとかして隠したい!
かと言って、ただファンデーションを塗るだけではうまく隠せなかったり、朝家を出る時はよかったのにトイレに行って鏡を見たらもう現れていたり!

どうしたらうまく隠すことができる?
キレイに隠して、明るく一日を過ごしたい!
そのメイク術と、悪化させないメイクのポイントをご紹介していきます。

あなたの目の下にいるのは何色クマ?

目の下に現れる黒ずみには、いくつかの原因があり、種類があります。
それは色が少し違って見えることから、色で分けられることもしばしば。

・血行不良が原因の「青クマ」
・たるみが原因の「黒クマ」
・色素沈着が原因の「茶クマ」

目の下は皮膚が薄く、下の血が透けて見えるほど。
血行が悪く滞っていると目の下が青く見えてしまう「青クマ」。

ハリが失われ、皮膚が痩せてたるんでしまうことで、目の下に黒い影ができてしまう「黒クマ」。
目の下を引っぱってみると黒ずみが消えるようだったら、あなたのクマはこの種類。

メラニン色素が肌表面に留まってできる「茶クマ」。
肌を引っぱっても何をしても変わらず目の下が茶色っぽかったら、それは色素沈着のせいかもしれません。。

目の下の黒ずみをメイクで隠すと同時に解消も目指そう

血行不良の青クマが、睡眠不足や一時的な疲れからくるものなら、解消されるのに時間はかからないかもしれません。
ですが、冷え性であったり、肌のたるみが原因、色素が沈着して起きている黒ずみを解消するのは長い時間が必要になるでしょう。。
もちろん、それらの原因を取り除いてあげるのが一番ですが…

毎日「ちゃんと寝てる?」なんて聞かれないためにも、、メイクで隠す方法も知りたい!
目の下の黒ずみがなくなるような努力もしつつ、これからご紹介するメイク術で毎日をキレイに過ごしていきましょう!

目の下の黒ずみを隠すメイク術1.マッサージ

massage

メイクの前には顔のマッサージをすると化粧のりが良くなります。
血行がよくなると、「青クマ」が解消できますね。
でもそれだけではなく、「黒クマ」や「茶クマ」にも良い効果が期待できます。
血の流れやリンパの流れが悪いと乾燥しやすく、肌の生まれ変わりもうまくいきません。
乾燥するのを防いで肌の生まれ変わりがきちんとできていれば時間はかかっても「黒クマ」「茶クマ」を退治することができるでしょう。

ただし、マッサージをする時には注意しなければならない点があります。
絶対に強くこすらないこと!

・マッサージをする指にクリームを塗ってすべりを良くする
(乳液や保湿クリームを塗る時にマッサージをするのがいいですね!)
・撫でる程度、あるいは軽くとんとんと触れる程度の力で行うこと

目の周りを何周かなぞったり、こめかみを押したり。
強すぎない力でマッサージをしてから、メイクに取り掛かりましょう。

目の下の黒ずみを隠すメイク術2.カラーを使いこなす

shutterstock_125937719

ベースメイクにコントロールカラーをプラスしてみましょう。
実際に、顔の色は部分によって違うもの。
その部分に合わせてカラーを変えると全体の肌色が明るく、肌を綺麗に見せてくれるので、メイクのプロはいくつかのコントロールカラーを使い分けているんです。

では、目の下の黒ずみを隠すコントロールカラー、何色を選んだらいいのでしょう?
実はこれも色別で違うんです。

・「青クマ」を隠すには「オレンジ」や「ピンク系」
・「黒クマ」を隠すには「パール系」
・「茶クマ」を隠すには「イエロー」

コントロールカラーを優しく目の下に乗せて、薄く伸ばしていきます。
力を入れると色素沈着の元になりますから、こすらないように注意しましょう。

影が黒く見えることが原因の黒クマは、パール系で目元を明るくしてあげます。

目の下の黒ずみを隠すメイク術3.コンシーラーを使う

makeupコンシーラーって、コントロールカラーと何が違うの?
って、まず疑問に思いませんでした?

コントロールカラーは色の効果を利用して、ナチュラルな透明感のある肌に仕上げます。
コンシーラーは部分用ファンデーションとも呼ばれ、隠したい部分を隠すためのファンデーション。
どちらかと言えば、カバー力が高いのはコンシーラーになります。

コンシーラーを選ぶ時のポイントは、自分の肌色よりも「少し暗めの色」を選ぶことです。
いろいろなタイプのものが売られていますが、目の下に使うなら「クリームタイプ」か「リキッドタイプ」を選びましょう。
伸びがいいので皮膚が薄い目の下には向いています。

あまり厚塗りをするとよれたりシワになってしまうので要注意。
薄く伸ばして軽くとんとんとなじませ、最後にフェイスパウダーを叩いてあげると完成です。

目の下の黒ずみを悪化させないメイクのポイント

黒ずみを隠すメイクを毎日しつつ、これ以上黒ずみが濃くならないために気をつけてほしいポイントも実はあるんです。

1.柔らかいテクスチャーのものを選ぶ

とにかく目の下は「こすらないこと」が一番の課題。
乾燥しやすい場所なので、できれば保湿力のあるものを選ぶのがベストです。
コントロールカラーでもコンシーラーでも、柔らかいテクスチャーのものを軽く叩くように使いましょう。

2.UVケア

紫外線はお肌の敵!
目の下は特に皮膚が薄く乾燥しやすいため紫外線の影響を受けやすい場所です。
紫外線は肌の組織を破壊し、ハリや弾力を失わせる元ともなります…
UVカット効果のあるアイテムも多数あるのでチェックしてみてくださいね。

3.しっかり落とす

メイクを落としきらないまま寝てしまうと、肌への負担になってしまいます。
また、アイメイクを落とす時には目元専用のリムーバーで落とすのが一番いい方法。
しっかり落としたいがためにゴシゴシこすってしまわないように気をつけてくださいね!

みんな気にしてる目の下の黒ずみ対策メイク…

目の下にこんなひどい黒ずみがあるのって、私だけ!?…では、ないんです。。
みんな隠すのに苦労していらっしゃいます。。

どうしても隠れない目の下の黒ずみ…
ファンデーションだけじゃ太刀打ちできないこともあります。。

コンシーラーかコントロールカラーを使うとうまく隠せるかもしれません。
自分の肌に合う方を見つけられるといいですね!

色選びは難しいものですよね。
口コミで「いい!」と絶賛されている色も、自分には合わなかったり…
パープルは透明感を出したい時に使うといい色です!

まとめ

目の下の黒ずみは、できれば解消してしまうのが一番ですが、、なかなかすぐにはなくなってくれませんよね。。

なんとかメイクで隠したい人は、
・メイク前のマッサージで血行を良くする
・コントロールカラーを駆使する
・コンシーラーでカバー
これでしのぎましょう!

これ以上悪化させないためには、
・柔らかいテクスチャーの化粧品を選ぶこと
・紫外線対策を万全に
・寝る前にはしっかり落とすこと
それに加えて保湿をしっかりしてあげることで、悪化を防いで黒ずみを解消することもできるはずです。

黒ずみとの付き合いは根気が必要…
うまく隠しながら、綺麗な自分を保っていきましょう!

 

参考記事:目の下・目元に黒ずみが!目の周りのケア方法

魚住りえさん 訴求

関連記事

ページ上部へ戻る