鼻の下の黒ずみがヒゲみたい…なんとかしたい!原因と解消方法は?

shutterstock_521109745 (2)

油断すると生えてくる鼻の下のひげ。。
女性なのにひげが生えてるなんて誰にも気づかれたくない!

 

そんな思いから、毎日剃っていたりしませんか?
ひげは剃ってるのに、なんだか鼻の下が黒っぽい。。
剃り残し?
いえいえ、それはもしかしたら黒ずみかも…

 

なんで?どうして鼻の下に黒ずみができるの?
どうしたら解消できる??

鼻の下の黒ずみが気になってうつむいていたあなたが、明るい笑顔で前を向けますように。
鼻の下に黒ずみができる原因と解消方法をご紹介します。

 

鼻の下に黒ずみができる原因は?

鼻の下に黒ずみがあるとなんだか老けて見えるし、メイクでも隠し切れないもの。。
誰かに笑われてるんじゃないかって気になりますね…
本当にどうにかしたい。。
まずは黒ずみができる原因をまとめてみます。

・鼻の下のひげ処理のしすぎ
・こすりすぎ
・紫外線の影響
・ホルモンバランスの乱れ

どれかに心当たりがありましたか?
順に見ていきましょう。

 

鼻の下の黒ずみ原因1.ひげ処理のしすぎ

剃刀

女性にとってはとても気になる鼻の下の産毛。
意外と男性は気にしていない人が多いようですよ?
とは言え、気になるんですよ。。

 

ですが、毎日鼻の下をカミソリで剃っていると、毎日鼻の下を傷つけているのと同じこと。
傷ついた肌はメラニン色素を作り出します。
メラニン色素は肌の奥でつくられ、肌表面までのぼってきて角質層に留まります。
そのまま排出されれば問題はないのですが、毎日傷つけられては作り出されるメラニン色素は角質層にどんどん溜まっていき…そのメラニン色素が黒ずみになってしまうのです。。

 

また、毛抜きで抜くのも肌への負担が大きいために黒ずみの原因になります。
無理に引っぱって毛を抜くと炎症を起こし、メラニンを作り出し続けて黒ずみになっていきます。

 

鼻の下の黒ずみの原因2.こすりすぎ

blow nose

花粉症やアレルギーで鼻をかむ機会が多い人は鼻の下に黒ずみができてしまうことがあります。
鼻の下が赤くなって痛くなるくらい鼻をかんでしまう人もいるでしょう。
鼻炎持ちさん、花粉症の季節、、つらいんですよね…
鼻の穴をふさいでしまいたくなるほど流れてくる鼻水。
ティッシュで鼻の下を拭き擦る刺激で、メラニン色素が作り出されてしまいます。。

 

鼻の下の黒ずみ原因3.紫外線の影響

ちゃんと日焼け止めを塗ってるのになんで?
という人もいるかもしれません。
しかしその日焼け止め…汗で落ちてしまった可能性はないですか…?

 

鼻の下は汗をかきやすい場所です。
汗腺の数が多く、暑さだけではなく緊張することでも汗をかきやすい場所。
日焼け止めや、あるいはUVカット効果のあるファンデーションを使っていたとしても、汗で落ちてしまっては鼻の下だけ紫外線を浴びていることに…
紫外線が肌の奥に入り込むとコラーゲンなどを壊してしまう恐れがあるので、肌はメラニン色素を作り出して守ろうとするのです。

 

鼻の下の黒ずみ原因4.ホルモンバランスの乱れ

強いストレスや妊娠・出産を機に鼻の下に黒ずみができた。。
という人は、ホルモンバランスの乱れが原因の黒ずみかもしれません。
妊娠中はエストロゲンというホルモンの影響で体のいろんな場所が黒ずみやすくなります。
また、強いストレスは女性ホルモンのバランスを崩すきっかけに。
この時の肌はメラニン色素を作りやすくなっています。

そこへさらに、紫外線があたる、擦ることが多くなるなどの要因が加わると黒ずみはどんどん濃くなってしまうことに。。

 

鼻の下の黒ずみを解消する方法は?

ヒゲみたいな黒ずみ…
一刻も早く何とかしたいですよね。

 

これ以上ひどくならないようにするには、
・ひげ処理のしかたを変える
・こすらないようにする
・紫外線対策
・ホルモンバランスを整える
ことで予防をしていきましょう。

そして解消するためには、保湿剤が鍵を握ります。

ひとつひとつを詳しくお話ししていきます。

 

鼻の下の黒ずみ解消への道1.肌に優しいひげ処理

脱毛サロン

毎日カミソリを使うことはやはり厳禁。
カミソリを使うのは週に一度くらいに留めてくださいね。
自分で処理をする方法としては電動シェーバーの方が肌への負担は軽くなります
ただ、刃が切れなくなっても使い続けると逆効果ですので、こまめに刃を替えるのが良さそうです。

 

除毛クリームや抑毛クリームもひとつの手段ですが、肌に合う合わないは人それぞれ。
選ぶ際には刺激の少ない成分で構成されたものを探してみてくださいね。

 

一番いいのは理容店でプロに剃ってもらうこと、あるいはサロンで脱毛してもらうこと!
プロはやはり肌への負担が少なくて済む技術を持っていますから、安心。
サロンには通うのが面倒…ではありますが、脱毛の処置自体、時間的には長くかかりませんし、そんなに大金が必要になるわけでもありません。
何度か通うことで長期間手入れの必要がなくなるのはメリットも大きいかもしれませんね!

 

鼻の下の黒ずみ解消への道2.こすらないようにする

tissue

つらーい鼻炎、花粉症の鼻水対策…
簡単に解決するなら苦労はしませんが、、ヒゲみたいになる黒ずみを防ぐために!
薬で鼻水を抑えること。
ティッシュは柔らかいものを用意しておくことで、刺激を少なくすることができそうです。

 

自分のアレルギーの原因がわかっているのであれば、アレルゲンを排除することも重要です。
家の中をこまめに掃除すること、花粉の季節にマスクを常備しておくこと。
たかが鼻水と思っていても、重い症状に発展することもあります。
長い間鼻水が止まらないのであれば、必ず耳鼻科を受診するようにしてくださいね。

 

鼻の下の黒ずみ解消への道3.紫外線対策

cap

汗で落ちやすくなっている日焼け止め。
可能であればこまめに塗り直すようにしましょう。
でも一日に何度も何度も日焼け止めを塗り直すのは大変ですね…
陽射しの強い日には帽子や日傘を利用するなどして二重の紫外線対策を。

 

鼻の下は皮膚が薄いので、日焼け止めの成分にも注目してみてください。
刺激の少ないものを選ぶこと。
日があたる場所にいる時間がそんなに長くないのであれば、SPFの数値も小さくて大丈夫です。

 

UVカット効果のあるファンデーションも鼻の下だけ落ちているかも…
汗をかいた日はメイク直しの機会をつくりましょう。

 

鼻の下の黒ずみ解消への道4.ホルモンバランスを整える

女性の体調を左右するホルモンバランス。
黒ずみにも大きく影響を与えるんですね。。

 

ホルモンバランスを整えるためには、
・規則正しい生活サイクルを心がける
・昼寝をしすぎない
・夜の睡眠時間をしっかりとる
・バランスの良い食事をとる
・ストレスを溜めない

 

健康的な生活のためには基本的なことですが、これがなかなか難しい…
特に夜更かしは肌の再生を妨げます。
睡眠時間をしっかりとること、栄養バランスの良い食事を意識しましょう。

 

鼻の下の黒ずみ解消への道5.保湿

cream

黒ずみ解消に一番大事なポイント、それは保湿です。

顔に保湿剤を塗る時も見落としがちな鼻の下。
でも皮膚が薄くて乾燥しやすいのでぜひしっかり保湿してください。
乾燥している肌はうまく再生できず黒ずみも消えてくれませんから、保湿がとても重要なのです。

 

保湿成分として、
・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
などの成分の他に、

 

美白成分として、
・トラネキサム酸
・コウジ酸
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
が含まれているものを選ぶと、黒ずみ解消に効果が期待できますよ!

 

みんなは鼻の下の黒ずみ対策、どうしてる?

鼻の下の黒ずみに悩んでいる人はみんなどういう対策をしているのでしょう。
ひげ対策も少しだけ見てみたいと思います。


保湿剤の他に、洗顔料にも美白成分が含まれているものがありました。
保湿成分も一緒に含まれていて肌に優しそうです。
しかも、、安い!
試してみたくなる価格です。


鼻の下の黒ずみにはレーザー治療という方法も。
一万円しなかったそうです。
皮膚科に行って相談してみるのもいいかもしれませんね!
https://twitter.com/apple_butter_2/status/832454596077367297
鼻の下の処理はめんどくさいけど、しないとひげが気になる…
でもサロンに通うのは時間がないし。。
という人には脱毛器という選択肢もあります。
自宅で手軽に使えるのがメリットですが、お値段は安くはありません。。
購入する際は口コミを調査してよく吟味してからにしましょうね!

まとめ

鼻の下の黒ずみの原因第一位は「鼻の下のヒゲ処理のしすぎ」でしょう。。
鼻の下に黒ずみをつくらないためには、
・毎日カミソリで剃るのをやめて頻度を減らす
・毛抜きで抜くのはNG
・顔剃りのプロに剃ってもらう
・サロンで脱毛をする
などの対策ができます。

 

もしかして、鼻炎や花粉症?
・薬で症状を抑える
・アレルゲンを遠ざける
鼻水をかむことが多い人は要注意です。

 

また、黒ずみの原因は紫外線ということも。
・こまめに日焼け止めを塗り直す
・帽子なども活用する
・UVカットのファンデーションを使って汗をかいたらメイク直しを

 

ホルモンバランスの乱れも黒ずみをつくります。
・規則正しい生活を心がける
・栄養バランスの良い食事をとる
・ストレスを溜めない

以上のことを守りつつ、保湿は欠かさず行うようにすると鼻の下の黒ずみ対策は万全です!
あなたが誰の目も気にせず明るく毎日を過ごせますように!

魚住りえさん 訴求

関連記事

ページ上部へ戻る