まず乳首が黒くなっている原因を知る

そもそも胸や乳首が黒ずんでしまうのはどうしてなのか、先ずはその原因を知ることが大切です。

理由が分からない限り対処法も分かりませんし、日常的な行動が原因となるのなら、突き詰めて改善する必要がありますよね。

黒ずみ研究所所長
そのためにも目をそむけていないで事実と向き合うことが大事で、そこからはじめることが大切です。

大きく分けて、乳首の黒ずみの主な原因は以下です。

1.ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの乱れによって乳首の黒ずみができてくることがあります。

具体的には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が主に編か女性ホルモンで、妊娠20週くらいから急激に分泌が増加します。

この2つのホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激するので、分泌が増加することで肌のメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるのです。

2.妊娠や出産

個人差はありますが、おおよそ妊娠3~5週目くらいから乳房にハリが出て着たり、乳首(乳頭)が敏感になって来る傾向にあります。

それと同時に、徐々に乳首や乳輪が黒ずんできてしまうことがあります。

この原因となるのは、1に書いたホルモンバランスの崩れにあります。

3.紫外線

こちらは肌によくないとされている代表格なので説明しなくても大方わかるかと思います。
特にアトピー性皮膚炎の方は紫外線にはご注意ください。

ただ、乳首に紫外線を当てるというのは日焼けサロンくらいでしょうか。

4.摩擦や刺激

こちらは皮膚に刺激を与えることによって防衛本能のようなものが働き、皮膚を固くしよう、守ろうという機能が働いてしまい、メラニン色素などが生成されてしまうことがあります。

5.加齢(老化)

皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れたり滞ってしまうと、古い細胞が新しくならないということなので、メラニン色素も一緒に残ってしまいます。

高齢になっていくと、新陳代謝が悪くなっていくので、だんだんピンク色に戻りにくくなります。

基本的には、上記が原因でメラニン色素が増加したり色素沈着が起きたりし、結果的に乳首の黒ずみが起こってきてしまうのです。

 

メラニン色素が作られることを抑え、皮膚の代謝を上げて色素沈着を防止することをすれば、ピンク色の乳首にすることができます。

胸元に限らず、肌に黒ずみが起こるのはメラニンが原因であり、メラニン色素とは皮膚の中にあるメラニサイトが刺激を受けることによって活性酵素を作り出して、やがてはメラニン色素に変わっていって、これが肌に沈着して黒くしていくのです。

ただし普通は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていくのですが、メラニサイトが激しくなると追いつかず、剥がれていくことなく肌に沈着してしまいその部分が黒ずみになってしまうのです。

これが原因なのでメラニン色素を落としていくこと、それが改善の一番の方法なのです。

改善するために必要なことは

では刺激とは何かというと、大きなものは太陽の光に含まれている紫外線ですが、胸元などはだいたいは服に隠れていて顔や腕や脚ほど影響は受けないのです。

それゆえ多くの場合、別の理由が考えられます。服に擦れて刺激を受ける、生活習慣や食の乱れ、ストレスなどもメラノサイトを刺激してしまいますね。

他にも皮脂や化粧品油脂によることもあり、自分の生活を見直して原因と思われることをやめることをおすすめします。

 

そして既にできてしまった黒ずみを治す方法ですが、メラニン色素を抑えるビタミンCを多く摂ること、果物や野菜を生のまま食べるのがよく、酵素も一緒に摂れますので新陳代謝が良くなってターンオーバーが活性します。

また市販の薬を使い症状を和らげることも大事で、ただしこれらは一朝一夕でできるものではなく、毎日続けていくことが必要となってくるのです。

さらに生活習慣を見直すこと、ストレスを減らすことなども大切になってくるのです。

改善策をまとめ

まとめますと、
・ホルモンバランスが崩れないように、規則正しい生活を送る
・食生活を整え、バランスよく摂る
・過度な摩擦が起きないように気を付ける
・黒ずみを治すクリームを塗る

黒ずみ研究所所長
これらを行えば、徐々に黒ずみはなくなっていき、ピンクを取り戻していきます。

乳首の黒ずみ解消ランキング

rank1_a
ホスピピュア

ホスピピュア

point1
湘南美容外科クリニックと共同開発した薬用美白クリーム!
line2
女性の肌やさまざまな悩みに応えてきている美容のプロである湘南美容外科クリニックと共同開発された商品です。

研究開発担当の湘南美容外科クリニック藤瀬医師が女性の肌とそれにあった成分等を追及し研究に研究を重ねて開発されたそうです。

point2

有効成分「トラネキサム酸」を配合!
line2

ホスピピュアの有効成分であるトラネキサム酸は、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果が期待できる美白成分です。
また、トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、蕁麻疹の治療に使われたり、出血を止める作用があり医療の現場で昔から使われているほど効果が高い成分です。

point3
90日間の返金保障付き!
line2

開封後でも、効果を感じることができなければ、90日以内であれば返金してもらうこともできるため、安心して使用することができます。

button_002

rank1_a
薬用イビサクリーム

point1
乳首などデリケートな部分に特化したクリーム♪
line2

美白成分でもあるグリチルリチン酸2Kがしっかり入っているので陰部の根強い黒ずみに効果抜群です。

point2
4つの天然植物成分を配合♪
line2

サクラ葉抽出液(保湿性、抗炎症作用)、オウゴンエキス(美白、抗炎症作用)カモミラエキス(炎症抑制、血行促進作用)、ダイズエキス(保湿、皮膚細胞の活性)が配合されています!

point3
しみることがない優しいクリーム
line2

敏感な部分にも使用できる低刺激になっています。
そのため塗る際にしみたりピリピリしないのがうれしいですね。

button_002

rank1_a
ロコシャイン
ロコシャイン

point1
手軽で効果が高い!1日2回塗るだけ♪
line2

ひじやひざ、乳首の黒ずみに特化した商品です。
さっと塗るだけで黒ずみが改善していく嬉しいクリームです。
美容の7大成分と9種類の天然植物由来成分が凝縮されていいます。

point2
顧客満足度91.7%の実績♪
line2

試した人のなんと91.7%がこれからも使い続けたいと答えた、いわば伝説の黒ずみケア商品です。
モンドセレクションでも受賞しており、美容雑誌、新聞などに多数掲載されています♪

point3
返金保障制度もしっかり!
line2

こちらも60日間返金保証制度がありますので、安心して購入ができます。
返金保証を付けるということは、効果に対して自信がある証拠です。

button_002

乳頭や乳輪の黒ずみはなぜおこるのか?

乳頭や乳輪の黒ずみはなぜおこるのでしょうか?
普段、他人に見られるような所ではないので、あまり気にならないなんていう方多いのではないでしょうか。でも、女性として綺麗にしておくことにこしたことはないと思いませんか?この黒ずみは、紫外線や洋服とのまさつなどの刺激から皮膚を守るためメラニンが色素沈着を起こしてしまいます。肌の弱いところほど色素沈着しやすく、黒ずみやすくなっています。特にバスとトップは皮膚が柔らかいので、余計に黒ずみやすいようです。では、メラニンはどうやって精製されていくのでしょうか。

主な原因として、
『加齢』『女性ならではの出産などによるホルモンバランスの変化』『授乳』『アトピー性皮膚炎』が考えられています。

①加齢

年々、年を老うごとに全ての代謝スピードが衰えていきます。皮膚ももちろん例外ではありません。皮膚の新陳代謝スピードが遅くなると、古い角質とメラニン色素もだんだん溜まってきて、色素沈着となります。しかし、年をとるとメラニンが逆に出来にくくなるので、黒ずみは軽減されていく傾向にあります。

②女性ならではの出産などによるホルモンバランスの変化

人によって個人差がありますが、妊娠することで、ホルモンバランスは変化します。

妊娠4週目頃から、乳が張ってきたり、乳首がいたいなど、肌が敏感になってくる方や乳首や乳輪が黒ずんでくる方がいます。これは、エストロゲンとプロゲステロンと言う女性ホルモンが急に妊娠中期頃から増加し、メラニン色素を刺激します。すると、活動が活発になり、メラニン色素がどんどん増えていき、黒ずみや色素沈着となるのです。

あと、成長ホルモンの増加により、乳首が黒ずんできます。むかしの、若かったころを思い出してみてください。小学生のころの乳首はどうでしたか?黒ずんでいましたか?あの頃はまさか、将来、黒ずんでくるなんて思ってもみなかったのですが・・・しかし、成長し、中高生の頃には乳首が黒ずんでいたと思います。
それは、残念ながら成長ホルモンが影響していると考えられています。小中高生の頃が最も成長する時期で、成長ホルモンが活発に働きます。それに伴い、いやなメラニン敷戸も沢山出来てしまい、乳首などのデリケートな部分に溜まってきます。これにより、少しずつ気が付かないうちに、乳首が黒ずんでくるのです。
これは、仕方がないことではあり、対策の施しようがありません。成長過程の一環としてそっと見守ることにしましょう。

③授乳

産まれて間もない赤ちゃんは1日に何回もおっぱいをもらうために、乳首を口に含みます。そういった外部刺激から肌を守るためにメラニン色素が分泌され、黒ずんでくると考えられています。また、産まれて間もない赤ちゃんは、実はあまり見えていません。(視力は良くない)したがって、赤ちゃんがおっぱいを飲む時に困らないように黒ずみになってくるという一説もあります。

④アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、湿疹などの痒みで肌に傷がついてしまうことで、色素沈着がいこって、黒ずみになります。かゆくてかいてしまう前に、自分に合った薬を皮膚科で処方してもらい治療しましょう。

⑤洋服やブラジャーとの摩擦

洋服や自分の体に合わないブラジャーをしていると、実は乳首の黒ずみを招いていると言われています。
乳首が洋服とすれることにより、摩擦がおこり、他の部分と同様に傷がつき、それを回復させるためにメラニンが出てきます。また、傷つくことを繰り返してしまうことで、自分で皮膚を守ろうとして皮膚が厚くなってきて、更にメラニンが溜まり易い状況を作り出しています。
わかりやすい実例を挙げると、マラソンランナーなど、長時間走ったりする人は乳首が洋服とこすれる回数が多いため、黒ずんでいる方が多いそうです。

乳頭、乳輪の黒ずみケアの方法

bra

自宅で簡単にケアする方法として、クリームを使う方法です。美白成分が配合されたジェルやクリームをしようすると、メラニンを作らないで、さらに既に出来てしまっているメラニンを薄くする効果があり、一石二鳥です。このようなクリームを使い続けることで、黒ずみは軽減されていくでしょう。より早く、綺麗にしたい方は、黒ずみ改善クリームやピーリング剤も販売されていますが、乳首や乳輪は肌がデリケートな部分でもありますので、無理に使用することもないと思います。効果のある成分としては、『ビタミンC誘導体』などが有名ですが、他にも様々な成分がありますので、一度インターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか。美容クリームなどを選ぶときの参考になるかもしれません。

今からケアをして、綺麗な乳首にと思っても、これ以上黒くならないようには出来ますが、残念ながら白くすることは出来ません。
これ以上酷くならないためにも、自分にあった下着を選んでつけるだけでも摩擦は減らせるのです。

自宅ケアで簡単に乳首を元のピンクに戻す方法

簡単に自宅でケアするためにはどのような方法があるでしょう。大きくわけると2つの方法があります。それは、『生活習慣の見直し』『クリームなどの使用』です。どちらのアイテムも、使っていくことで、昔のようなピンク色の乳首にすることが出来ると思われます。

まずは、生活改善について考えてみましょう。
いくら、ケア用品を使っても、根本的な生活を改めないと、元に戻ってしまいます。

① ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れる主な原因は、実はストレスや睡眠不足です。睡眠不足は、まだ心がけ次第で簡単に解決しそうですが、ストレスはなかなか難しいのではないでしょうか。
自分なりにたまったストレスを解消し、ストレスをためない方法を検討してみてはいかがでしょう。
家事や仕事が忙しくて、なかなか睡眠時間が取れないなんて方もいると思います。そんな方は、短時間で効率よい睡眠がとれるように心がけてみてはいかがでしょう。
眠りはじめて3時間ほどを≪エンジェルタイム≫といい、成長ホルモンが最も活発に分泌される時間だそうです。この時間の睡眠の質をアップさせることで肌や体全体の調子を整えてみてはいかがでしょうか。睡眠の質をアップさせるために、寝室の室内環境(部屋の明るさや騒音、部屋の温度など)を整えておくことが大切です。

② 食生活の改善

乳首の黒ずみを無くすためには、食生活から見直してみましょう。メラニンを作らず、コラーゲンを作るビタミンCや、新陳代謝を高める効果のあるビタミンEを積極的に摂取する食生活を送ることで、肌の新陳代謝もアップしてきます。しっかり3食、バランスの良い食事を取りましょう。

普段の生活では、肌との摩擦を出来るだけ無くすようにしましょう。
皮膚は、衣服や床、じゅうたんなどに擦れることで摩擦が起こり、それが何度も繰り返されることで黒ずみが生じてきます。したがって、その摩擦を減らせるよう、心がけるだけで黒ずみは軽減されるのです。洋服との摩擦だけでなく、毎日の入浴時に体を洗う際も、タオルなどでゴシゴシ洗うのではなく、たっぷりの泡で包むようにして洗ってあげると摩擦は軽減されるのです。また、自分の体に合ったインナーを選びましょう。意外に、体形に合っていない下着を着用している方が多く、下着が擦れることで黒ずみになってしまっている方もいますので、注意が必要です。

今までの点を注意した上で、クリームなどのケア用品を使ってみましょう。
日々のケアとしては、美白成分配合したものやピーリング剤が配合されたものなどがあります。また、乳首の黒ずみケア専門の商品もああります。自分に合った商品を探してみましょう。美白効果のある成分は、『ビタミン誘導体』『トレチノイン酸』などがありますので、購入の際に商品の裏に書かれている成分と照らし合わせて、みてください。

目指せ!ピンク乳首(^^

女性の憧れのピンク乳首、特に出産された女性は、授乳などでますます黒ずみが酷くなり・・・どうしようもないのではないか?とお悩みではないでしょうか?あきらめるのは早いですよ。では、具体的にどのようなことをすればよいのでしょう。

実は、本当に簡単なことなのです。それは、『乳首に刺激などを与えないように心がける』だけなのです。その、ちょっとした刺激が、乳首を黒ずみへと導いている原因なのです。なんとか、刺激を受けないように保護してあげてください。

でも保護ってどうやってするの?まさか、洋服を着ないなんてことは出来ませんので、普通に生活をしているだけで、摩擦は受けてしまう状況にあるのです。そう、毎日、当たり前の様に使用しているブラジャーが最も乳首に摩擦を与えていることに気づいているでしょうか?

そのブラジャーですが、購入時どのようにして購入していますか?なんとなく、前からこのサイズだし・・・と言った感じで購入していませんか?それは大きな間違いです。

体形はどうしても年と共に変化していきますので、もちろんブラジャーのサイズも変わってきます。したがって、自分では自分に合った下着を使用しているつもりかもしれませんが、実は『紐がずれてくる』『アンダーバストが少しきついかな?』など、少し不満に思って居る方が大半なのです。

体に合っていないブラジャー=バストに合っていないブラジャーということになりますので、自然と乳首に摩擦が起こり、黒ずみへ進行していくのです。
ブラジャーは基本的に毎日装着するものですので、毎日の積み重ねだと思うと・・・おそろしいですね。
したがって、綺麗な理想的な乳首にするには、ブラジャーのサイズを見直し、正しいサイズのブラジャーを使うことから始めましょう。お店へ行くと、店員の方がきっちりサイズを測ってくれて、正しいサイズを教えてくれます。面倒がらずに、ブラジャーを購入する際は、毎回測定してもらうようにしましょう。
また、出来るだけ摩擦を避けるためにも、ブラジャーの素材にも気を配ることができるとよりベストです。

 

ピンク乳首に1歩でも近づくために・・・

理想のピンク乳首に少しでも近づくために、どのようなことを心がけると良いでしょうか。
確かに、乳首に刺激を与えることで、摩擦が起こり黒ずみへ発展していくので、それを避けるのが良いでしょう。その他に、ケア製品を使用して乳首そのもののケアをしてみてはどうでしょう。

『ケア』といっても顔を洗った後に、化粧水や乳液を塗りますよね?そのような感覚で、ケアをするだけですので、簡単なことなのです。

乳首の黒ずみは、その部分にメラニン色素が溜まってくることが原因です。顔や腕が日焼けしてしまい黒くなってしまうのと同じ現象なのです。顔など、日焼けしてしまったら美白用の化粧品を使ってケアをしますよね。それと同様、美白ケア商品を使って、乳首をケアしてあげるだけなのです。
美白ケアといえば、美白成分の配合されているクリームですよね。このクリームは肌を保護して傷が付きにくくなるという作用もあるそうですので、最もお手軽なケアとなります。とはいっても、顔と比較して乳首は、普段、下着や洋服により保護されている部分ですので、デリケートです。顔などに使うような美白ケア商品を使うと刺激が強く、ダメージを与えてしまう可能性があります。

実は、あまり知られていませんが、乳首専用の美白クリームが販売されています。一度調べてみて、自分に合ったケア商品を見つけて使うのが最も良い方法でしょう。このケア商品は、肌を保護するという働きもありますので、下着との摩擦も軽減できると考えられます。

あと、入浴時に体を洗う石鹸などにも気を配れるとベストでしょう。ケア用品だけでなく、意外に石鹸も刺激があります。肌に優しい、デリケートゾーン専用の石鹸を選び、沢山の泡で優しく包みこむように洗うと摩擦も軽減されて、より良いでしょう。
少しの心がけで、ピンク乳首への道は近づきます。

関連記事リンク

乳首をきれいなピンク色にする方法【保存版】