お肌の黒ずみが起こる原因とはなんでしょう?

お肌の黒ずみが起こる原因としてまず挙げられるのは、毛穴の汚れです。
古い角質、皮脂汚れやメイク汚れなどが毛穴に詰まって、それが酸化して固まってしまうと黒く目立つようになってしまいます。

角栓が目立ってイチゴのようなポツポツ毛穴になってしまう原因にもなります。

また、過度なスキンケアが原因になることもあります。
無理やり角栓を押し出してしまうと毛穴が余計に広がり、さらに汚れやすくなってしまいます。

ニキビや炎症の原因にもなりますので、絶対に止めましょう。
汚れを落とそうと思うあまり、洗顔を頻繁に行ったり、ゴシゴシ擦ってしまうのも厳禁です。

無理に汚れを落としすぎると、お肌に必要な水分や皮脂まで取り除かれてしまうので、肌が乾燥してしまいます。

まずは毛穴の黒ずみができてしまう原因を知ろう!

化粧品で黒ずみを解決はできません。
黒ずみを治す場合は専門の商品を確認してみてくださいね。

とはいえ、黒ずみができる原因になるような化粧品は使いたくないですし、どうすればいいのでしょうか。

ざっくりと黒ずみができる原因をまずは見ていきましょう。

黒ずみができる原因

1.正常な毛穴の機能が果たせていない
よく毛穴も肌をケアする際に話題になるものですが、毛穴とはどのような機能を持っているのでしょうか。

まず毛穴は、開いたり閉じたりすることで体温調節を行っています。
汗を出したり空気を取り入れたりします。

そして体の水分を保ってくれるのが皮脂で、乾燥も防いでくれます。

毛穴は基本的にこのような機能を果たしています。
毛穴のケアを化粧品ですることは可能です。

しかし、毛穴の開閉ができなくなることによって毛穴が開きっぱなしになってしまい、皮脂が毛穴に詰まり、角栓となってしまいます。

そしてその角栓が空気によって参加して黒ずみなってしまうのです。

2.老化が原因で毛穴が広がる
そして、1で説明したことに重ねて、老化も一つの黒ずみが出きる原因です。

老化してくると肌はたるんできます。
するとそれに合わせて毛穴も引き伸ばされて行ってしまいますよね。

そうすると、毛穴が必要以上に広がるので、そこに黒ずみができやすくなります。

そのため、肌のアンチエイジングを行うことが黒ずみを防ぐ一つの方法になります。
化粧品でもアンチエイジングを意識した成分を入れているものもあります。

ではどうやって治す?

もちろん一瞬で治ったらそれはうれしいことですが、しっかりと手順を踏んで、毛穴の黒ずみを治していきましょう。

最初に、化粧ひんでは直接黒ずみを解決できないといいましたが、
言い方を変えると、毛穴のケアをすることで黒ずみを改善し予防することはできるのです。

 

お肌の黒ずみを解消する方法を紹介します。

まずは清潔第一

ホットタオルなどで十分に毛穴を広げて、その後丁寧に洗顔します。
泡立てネットなどを使って、しっかりと泡立て、ゆっくり丁寧に洗いましょう。
スクラブ入りのものも効果的ですが、頻繁に使うとお肌を傷めてしまいますので、頻度は控えめにしましょう。

丁寧に洗顔した後は、十分にすすぎます。
冷たい水や、引き締め効果の化粧品などで毛穴をしっかりと引き締めておくことも重要です。

保湿も大切なケア

特に乾燥肌の方はしっとりタイプの化粧品などを使って十分に保湿をしてあげましょう。

ビタミンC誘導体のものもお勧め

ターンオーバーを促し、古い角質が剥がれやすくなりますので、黒ずみの解消には特に効果的です。

生活スタイルを見直すことも美肌づくりには大切な要素です。
きちんと睡眠をとり、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

糖質や脂質を控えめにし、緑黄色野菜やビタミン類を多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。
大豆や海藻類もお勧めです。

もし、ニキビや肌の栄養が足りないなと思う方は、ビタミンをたっぷり配合したSKIN&LAB(スキンアンドラブ)がおすすめです。
SKIN&LAB
こちらでは、肌の悩み別に特化したケア商品があり、どれも効果が高いと好評です。

ドクターズコスメ!皮膚科専門医が開発したスキンケアの詳細へ

そうなるとお肌は乾燥を抑えようとして過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

肌質によっても違ってくるので、自分の肌に合った化粧品を使用し、正しいスキンケアを行うようにしましょう。