毛穴に詰まった角栓が原因の黒ずみ。
正しくスキンケアしないと皮脂がたまり、ニキビになったりイチゴ鼻になってしまいます。
水洗顔だけで済ませてしまっていませんか?
それでは黒ずみは解消できません。
ここでは、効果のある洗顔料やパックといった改善方法をお伝えします。

●黒ずみ対策のための正しい洗顔●

洗顔に使う石鹸とネット

毎日のスキンケア・洗顔を正しい方法で行うことで、黒ずみを解消することが出来ます。
例えば、洗顔一つとっても黒ずみに効果的な、意外と知らないポイントや工夫があります。
朝と夜の一日二回は必ず洗顔して、黒ずみの原因となる汚れや角質の酸化を予防するようにします。
黒ずみ対策には、正しい洗顔を日々心がけることも大切です。

まず洗顔を行うときには、できるだけ毛穴を自然に広げてから行いましょう。
スチームを使用しても良いですし、ホットタオルをつくっても良いでしょう。
温かい蒸気により毛穴が開いて、角質などの汚れが自ら浮き出てきます。
洗顔で使うメイクオフのクレンジング剤は、刺激の強いオイルタイプは避けたほうがよいでしょう。
洗顔ではマイルドなクリームかジェルタイプが肌にやさしいです。
石鹸の洗浄力も、強力なものよりもソフトなタイプを選ぶことです。

洗顔するときには、温度にも気をつけましょう。
ぬるま湯の温度は32度くらい、水での引き締めも良いです。
ぬるま湯で洗顔洗顔料は、手のひらを逆さにしても落ちないレベルにしっかり泡立てるのがコツです。
そしたら泡の弾力で洗いましょう。
洗顔したら、気になる部分には、氷でマッサージします。
その後は、柔らかい清潔なタオルで拭いて、化粧水や美容液などを浸透させましょう。
洗顔後に美白化粧品を使用するのも良いですよ。汚れや角質を取り除こうとスクラブ入りの洗顔を使ってしまうと肌に強い刺激を与えてしまうので、たっぷりの泡を作って優しく洗うことが大切です。

●洗顔前の黒ずみケア●

また洗顔の前に汚れや角質を柔らかくして、汚れを浮き上がりやすい状態にします。
まず黒ずみがある部分にたっぷりの乳液を塗って、蒸しタオルを乗せます。
自然に毛穴が広がるので、汚れや角質が柔らかくなります。そのままの状態kansoで洗顔料をしっかり泡立てて、マッサージするように優しく洗います。
泡で汚れや角質を取り除いて、吸着させるイメージで洗顔します。
ぬるま湯でしっかりすすいだら、最後に冷たい水で毛穴を引き締めます。
洗顔後は油分が多いクリームや美容液は避けて、たっぷりの化粧水と乳液で保湿をします。
潤い不足は皮膚のトラブルを起こしやすくなるので、洗顔したら化粧水はたくさんつけるようにします。

●重曹の黒ずみ洗顔●

重曹のボトル

重層での黒ずみケアについて紹介します。
原因はさまざまですが、まずは黒いのを何とかするために洗顔での対処をしていきましょう。
洗顔に使用するのは、何かと万能な重曹です。
顔の色もくすんで見えたり、膝やひじも黒っぽくなったりと何もしないと皮膚は疲れたカラーに変わっていきます。
そんな体樹に積もり積もった黒ずみは、低価格で入手可能な重曹スキンケアが効果を発揮してくれます。

重曹は、お掃除アイテムとしても有名で、こげた鍋をキレイにしたりレンジ汚れもキレイに落としたりと、エコで活用できるお掃除アイテムでの認識も高いものです。
重曹はアルカリ性なので、洗顔すれば酸性の油である汚れと中和して汚れ除去パワーを発揮してくれます。
重曹スクラブで洗顔重曹スクラブを作って、気になる部分に塗布し、10分して洗い流すことでスッキリ感を感じることができます。
水に溶いた重層を、ペースト状にして洗顔で使用します。
洗顔フォームに混ぜて使用すれば、重曹洗顔でのケアができます。

重曹には強い汚れを落とす力があり、汚れの原因となる酸性の油分をアルカリ性の特性で改善してくれます。
皮膚に溜まっている汚れや角質を取り除くことができ、黒くなっている部分を白くしてくれる効果もあります。
重曹を使って洗顔する場合には洗顔料を泡立ててから、重曹を一つまみ混ぜます。
そのまま優しく洗顔して、しっかりすすぐだけです。
スクラブや洗浄効果があり、皮膚の汚れをしっかり落とすことが出来ます。
気になる部分は重点的に洗顔して、しっかり汚れを落とします。

●洗顔後は重曹パック●

重曹パック

重曹を使ったパックでは重曹を水に混ぜて、顔に塗って垂れないくらいの固さのペーストを作ります。
毛穴の汚れや黒くなっている部分に塗って、数分そのままにします。
汚れと角質が取れるので、黒い部分だけでなくザラザラ感をなくしてくれます。

顔だけでなく膝や肘の黒くなった部分に効果があり、ザラつきを改善してくれます。
肌質によっては強い刺激になることがあるので、少量から始めることがポイントです。
部位ごとに洗顔の仕方が異なったり、それぞれ黒ずみのためのケア方法があるので、是非当サイト「黒ずみバイバイ」を参考にしてください。

おすすめ黒ずみ専用石鹸についてはこちら→