一度出来てしまったシミや毛穴の黒ずみは洗顔してもケアしても中々消えません。
しかもニキビの原因にもなりデリケートゾーンにできたら目立ちます。
そこで今回は、黒ずみをキレイに改善する解決方法をご紹介します。

黒ずみとシミ

黒ずみを気にする女性

時間が経過すると、シミも黒ずみもなかなか消えません。
市場には、美白ケア対応の化粧品や紫外線から肌を守るためのアイテム、食事バランスなど本当に色々ありますが使っても思うように良くはなりません。
どうすれば効果的に治せるのでしょうか。

まず、自分の鼻をゆっくり見てみましょう。
頑固な毛穴の黒ずみは気になりませんか?
長年の皮脂がたまり酸化したことでこのような黒ずみの症状になっている場合、黒ずみを触ってみるとザラザラします。

洗顔や角栓除去パックなどでまだ綺麗になる可能性が秘められています。
しかし、それでも消えない場合は黒ずみではなくシミかもしれません。

黒ずみとシミの見分け方

黒ずみとシワを覗く少年
そうなのです。鼻の毛穴の黒ずみは毛穴に詰まる皮脂が酸化した場合とシミの2種類の可能性があるので見分け方を伝授しましょう。

最も簡単な見分け方は『触ってみる』です。
その黒ずみを実際に触ってみてください。

ザラザラ感がある場合は角栓です。 その角栓が酸化することで黒ずみになってしまっています。

ザラザラ感が無い場合は毎日ちょっとづつしていた日焼けなどにより溜まったメラニンが原因です。
メラニンはシミの原因になります。

毛穴の黒ずみは角栓が原因とは限らない

黒ずみの他の原因に驚く女性

お悩みの毛穴の黒ずみ、角栓が原因だと思っていたのではないでしょうか?
すぐに考え方を変えてケアの方法を変更してください。

角栓が原因だと思って一生懸命その角栓を取ろうとして念入りに掃除をしていると本来は必要である皮脂を取り去ってしまってたり摩擦により肌にダメージを与えてしまい余計に肌によくない状況になってしまっている可能性があります。

なぜ、黒ずみになってしまっているのか?
その原因を正しく追究し正しいケアをしないと黒ずみはきえません。

他の箇所の毛穴と比べると鼻の毛穴は日焼けもしやすい場所になりますので黒ずみになりやすい傾向にあります。
黒ずみになりやすい日差し
なぜなら、鼻は皮脂が分泌され易く日焼け止めなどで保護をしても化粧崩れがしやすいのでケアしにくい場所である上にメラニンが出来易いため紫外線の影響も受け易くなってしまいます。

したがって、いかにメラニンを作らないか?がポイントとなってきます。
通常のケアでは、メラニンを洗い流したり除去することは不可能なのです。
出来てしまったシミやそばかすをいくら洗顔しても取れないのと同じです。
したがって、『メラニンをつくらない』のが一番の近道になります。
メラニンを作らせないためにはどのようにすればよいでしょう。

紫外線対策

日傘で紫外線対策する女性

実は、外出しているときだけでなく日陰だけでなく自宅に居るときもUV対策をした方がよいのはご存知ですか?
紫外線は、家の窓ガラスなども通して家の中に入ってきますし洗濯物を干したりするときにちょっと外へなんてこともあると思います。

意外なタイミングで紫外線を浴びています。
自宅にいるからといって油断をしないでしっかり紫外線対策をしましょう。
様々な対策をすることでメラニンを作らないためにもSPF20程度の日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止めを塗って黒ずみを予防
また、今までなかった所にも新たにシミが出来る要因になります。紫外線は夏や日中だけでなく一年中雨の日でも降り注いでいます。
紫外線は、夏場より春先の方が実は紫外線量が多いのです。

天気が悪いから大丈夫だろうと判断し紫外線対策をしないで出かけると取り返しのつかないことになってしまいます。

必ず日焼け止めや日傘手袋などで直接紫外線が当たらないように対策をしましょう。
あと、日焼け止めを塗っているからと油断をせず長時間外出する場合は途中で塗りなおしをしたり日陰にいるようにするなどを心がけるとよいでしょう。

内面から綺麗になる

内側から綺麗になるイメージ

内面からのスキンケアです。
メラニンをシミに変えないためにはメラニンを作らせないようにビタミンCを含んだものを摂取ターンオーバーを活性化させれば黒ずみも目立たなくなってくるでしょう。

時間をかけて、丁寧に!
メラニンが原因となる鼻の黒ずみは肌が綺麗になる周期がおおよそ28~40日といわれているので時間が必要です。

ゆっくと、しっかり時間をかけて正しいケアをおこなっていると必ず成果が出ますので内面からの黒ずみケアだけでなく黒ずみにならないためのケアもしっかり行っていきましょう。

おすすめの美白方法

黒ずみ解消に美白する女性
黒ずみを作らない・濃くさせないために

まず、既にある黒ずみを濃くしない薄くするための方法について確認しましょう。
そもそも、黒ずみもシミも簡単には取れません。
全ての基本となる洗顔料肌に優しい無添加のものを使用しましょう。

洗浄力の高い洗顔料はたしかに綺麗になりますが、本来必要な油分もとり去ってしまい乾燥しやすくなってしまいますのでオススメできません。

肌の乾燥がすすむとカサカサになってしまうだけでなく皮膚が弱くなり、シミやくすみがでてきますので注意しましょう。

食事も重要

ほうれん草

美白には、トマトやほうれん草などの緑黄色野菜が美白に効果があると言われています。
このような食材をバランスよく摂取することにより美肌効果がアップします。

あとビタミンCが沢山含まれるレモンやキウイなどもオススメです。
しかし、ソラーゲンといわれるレモンなどの柑橘系の果物は一度に沢山食べると日光を浴びることでシミやそばかすが出来易くなるので日中は注意するようにしましょう。

生活習慣も肌には大切

肌には触らないようにしましょう。
手はどうしても汚く菌が沢山いますので出来るだけ触らないほうが良いのです。
顔を洗った後に拭いたりする時もそっと抑えるようにしましょう。

あとは、皮膚の代謝力アップする
22時から夜中2時まではしっかり眠ることをオススメします。
この時間は、体内や皮膚の代謝を促して睡眠をとるに最も良いといわれています。
代謝アップのため睡眠する女性
代謝がアップすることで既にシミなどが出来てしまっている肌も生まれ変わることで通常は消えにくい黒ずみが薄くなったり消えてなくなったりします。
シミには早めに寝るほうが効果的です。

色白のシミのない肌を目指すため意識して生活するようにしましょう。