鼻の黒ずみがひどくてイチゴ鼻になっている人は、同時に肌の脂・テカリに悩まされている人がよくいます。
皮脂が鼻の毛穴に詰まって角栓となり、それが原因で黒ずみとなってニキビにまで悪化してしまいます。
色々な洗顔料を試して鼻をゴシゴシ洗っても、根本の原因がわかっていないと間違った対処をしていることになります。
そこで今回は、鼻の黒ずみと脂・テカリの関係を理解して、改善するためのスキンキアをご紹介します。

●今ある黒ずみを落とす方法●

鼻の黒ずみを気にする女性鼻にできる黒ずみの原因の根本には、ターンオーバーの乱れという一つの大きな問題があります。
通常、肌の細胞は一定の周期で生まれ変わるようになっていますが、生活習慣の乱れによってターンオーバーが正常に行われなくなると、剥がれおちるはずの古い表皮細胞や鼻の皮脂がそのまま残ってしまいます。
すると、当然くぼみになっている毛穴部分には脂や汚れが多く溜まり、毛穴も開きがちになってしまいます。
ニキビなどのトラブルにこそ発展していませんが、この段階ですでに鼻の毛穴は黒っぽく見えるようになっています。

黒っぽく見えるのは古い皮脂が溜まっているためなので、一番効果的な改善方法は洗顔になります。
洗顔はたくさんの泡で優しくなでるように洗うのが基本ですが、余分な皮脂を落とさなければならないため、手のひらではなく柔らかい手ぬぐいを使って軽く鼻をマッサージをするように洗うのがおすすめです。
肌にざらつきが残るようならスクラブを加えると、滑らかな手触りを取り戻せます。

●脂・テカリの落とし過ぎに注意!●

脂・テカリを落とそうと洗顔する人しかし、洗顔のし過ぎは逆効果です。
肌には適度に脂を残しておかなければなりません。
鼻の黒ずみを徹底的に落としたいからといって、肌の表面を覆う脂をすべて洗い流してしまう行為は余計に黒ずみを作る原因になってしまいます。
脂を落とし過ぎると、肌が「脂が足りていない」とさらに脂を分泌してテカリの元を作り出すだけでなく、大量に分泌された皮脂がまた鼻の毛穴に詰まり角栓となって黒ずみが増えていくのです。

●黒ずみができるのを防ぐ方法●

肌の黒ずみを防いで綺麗な女性
表面が滑らかになり、脂の分泌が正常な状態になった肌も、再びターンオーバーが乱れることで肌トラブルを再発させてしまいます。
そのため、最も欠かすことのできないプロセスはトラブルを改善してからの予防と言えます。
生活習慣レベルでは暴飲暴食をしない、睡眠時間を確保するなど、健康の基本となるポイントを守るだけでも効果が実感できます。
スキンケアも、何か特別な効果をうたったアイテムや高価なスキンケア用品は必要ありません。
使用するのは基本的な化粧水と乳液のみでも問題なく、重要なのは自分の肌に合っていること、たっぷりの量を使用することです。
たっぷりの乳液
化粧水と乳液は、それぞれに記載された適量を下回らないよう、多めに手に取ることを心がけます。
肌に刺激を与えるのはトラブルの原因になるので、パッティングではなく手のひらで抑えるようにして、ゆっくりとなじませます。
化粧水と乳液を使っても乾燥の気になる部分がある場合は、その部分に保湿用の美容液やクリームを加えます。
これを朝と夜に洗顔した後必ず行ってください。
すると、潤いで満たされている肌は余計な脂を分泌して潤す必要がなくなるため脂・テカリのない肌に生まれ変わっていきます。
そうすれば、鼻の黒ずみの原因になっていた脂・テカリがなくなるため鼻のボツボツは改善されていきますよ。