「お腹の黒ずみが消えない」と感じたらすぐに対処することをおすすめします。
特に産後ママに多く見られがちなのが、妊娠線や正中線にできる黒ずみです。
基本的に放置して数か月で消えることもありますが、出産後メラニン色素がお腹にそのまま残りシミとなってしまうケースも多々あります。
女性なら多くが通る出産だからといって、肌の美しさを手放したくないのが本音ですよね。
そこで、ここでは原因を知るとともにあなたの皮膚に合ったクリームやお腹のケア方法をご紹介します。

お腹の黒ずみの原因

黒ずみができるお腹

女性を悩ませるお腹の黒ずみ、ではこれはどうして起こってしまうのでしょうか。
発症の原因は肌が刺激を受けることによって皮膚の中にあるメラノサイトが反応してしまい、メラニン色素を作り出してしまうのです。
これがいわゆるシミになるもので、お腹が黒ずんでしまう理由もこれにあるのです。
ただし普通は作り出されたメラニン色素は肌のターンオーバー、再生化することによって古い角質や垢などと一緒に落ちて行ってくれるのですが、強い刺激を絶えず受けてメラノサイトの働きが激しくなるとターンオーバーが間に合わずに皮膚に沈着してしまい、お腹が黒ずんだりシミになったりしてしまうのです。

紫外線また刺激とは日光に含まれている紫外線、ストレスや睡眠障害、食生活の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、さらには加齢なども加わってきて、不健全な生活を送っている人ほど激しくなってきてしまうので、解決法としては生活を健康なものに改めることになるのです。
さらにお腹が黒ずんでしまう場合は他にも原因があって、太っている人が過激なダイエットをして皮が余ってしまった時に、その縮みによって刺激を受けてしまい黒ずんでしまうのです。
他にもガードルやスリム系のジーンズやパンツなどを履いていると、お腹が圧迫されてそれが刺激となってしまうのです。

妊娠によるお腹の黒ずみ

黒ずみやすい妊婦さんのお腹

よくお腹の黒ずみに悩まされている女性の話を聞くと、妊娠から妊娠後にかけてお腹の黒ずみが目立つようになったと聞きます。
厄介なことに、きちんとケアをしていないとずっと跡が残ってしまいます。
また、お腹の正中線の跡と妊娠線の後の2種類の黒ずみが目立つようになり、どちらもキレイでいたい女性には頭の痛い症状です。
そもそも何で妊娠でお腹の黒ずみができるかというと、妊娠中に「プロゲステロン」という女性ホルモンが盛んに分泌されて黒ずみを作り出していたのです。
しかし「プロゲステロン」は赤ちゃんを産むために重要な女性ホルモンで、出産をするために子宮内の準備を整える役割があります。
ですので、女性のお腹が黒ずむことはごく自然なことなのです。
妊娠後に、女性ホルモンの鎮静化によって放っておいても消えていくケースがありますが、お腹のケアした方が断然治りが早く跡も残りませんよ。

お腹の黒ずみを消すには?

お腹の黒ずみは日々の心がけと対策を適切に行えば消すことができます。

○ゆったりとしたものを着る
お腹を圧迫するのはやはりよくありません。もしきつめの服などを着ているのであれば、ゆったりめの服にして、肌に無駄な刺激を与えないようにします。

○ビタミン不足の可能性も
グリーンベリースムージー
できてしまったお腹の黒ずみを薄くするためにはビタミンCを摂取することがよく、果物や野菜を生で食べるのがおすすめで、一緒に酵素もとれますので新陳代謝が促されてターンオーバーが活発になってくれるのです。
なかなか時間がなくてビタミンや野菜、果物が取れない場合はこちらのグリーンスムージーを飲む方が多いです。
楽天でも総合1位を獲得している商品で野菜不足、ビタミン不足であれば補給するのもありです。

商品の詳細はこちら

 

○黒ずみ対策クリームを塗る
Peach Rose
また市販の塗り薬なども効果的で、体の内側と外側の両方からケアをしていくことによって、悩みの原因である黒ずみが薄くなってくれますので、気になる方は生活習慣を振り返りまずいところは改めて、ケアを続けていくのがいいのです。

お腹や脇腹の黒ずみに悩んでいる方で効果が一番高いと言われているのが、ピーチローズというクリームです。

基本的にはお尻の黒ずみやシミ対策なのですが、お腹にも使用でき、効果は高いです。
実際に、モンドセレクションで金賞に輝いている商品で、無添加で日本製なので安心して使用できます。
一度試してみるのがいいかと思います。

商品の詳細はこちら

※部位別の黒ずみ対策商品一覧はコチラです。