〜ここで学べること〜

・肌が黒ずんでしまう原因はなんなのか
・黒ずみの塗り薬と飲み薬の効果はどれだけ期待できるのか
・塗り薬と飲み薬を併用することで効果はあるのか

肌が黒ずんでしまう原因は

そもそも肌が黒ずんでしまう理由として、皮膚の中にあるメラノサイトという物質が刺激を受けることによってメラニン色素を生み出してしまい、この成分が沈着して黒くなってしまうのです。

 

ただし通常の肌ですとターンオーバーと呼ばれる肌の再生化によって、古い角質が落ちていく時に垢などと一緒にメラニン色素も落ちてくれるのです。

しかしながら刺激が強く続いてメラノサイトの動きが激しくなってしまうと、ターンオーバーが間に合わなくなってメラニン色素が定着してしまうのです。

 

これが黒ずみの原因であって、刺激とは主に紫外線を浴びたり、睡眠不足やストレスといったもの、ホルモンの乱れ、加齢によるものなどがあげられます。

他にも皮膚が服によって擦れたり、急激に太ったり痩せたりして皮が縮んだことによって起こったりなど様々ですので、自分がどうしてそうなったのかを知る必要があって、分かってそれの対する方法をとるのがいいのです。

黒ずみの塗り薬について

黒ずみの塗り薬で、皮膚科などで処方してもらえる、ハイドロキノンのクリームもあります。黒っぽくなった部分は気になりますが、無理にゴシゴシ洗って汚れを落とそうとしても、色素が皮膚についていますから、洗うだけでは落ちません。

 

普通の市販されている、美白クリームを塗布して、時間をかけて白さを楽しみに待つこともできます。市販の泊クリームは、医薬品ではありませんから、ホワイトニング効果も本当にゆっくりです。

 

効率化なども考えるなら、皮膚科や美容系クリニックで取り扱う、専用の塗薬を使用して、肌に塗りながら解消していくのが良い方法です。そんな黒ずんだ肌にも役立つのが、ハイドロキノンのクリームであり、ホームケアで使用をすることができます。

 

コーヒーとかいちご、ブルーベリーなどの天然食材にも含まれている成分です。そう聞くと、使用するにも、心なし安心感が出てくるでしょう。

 

医療機関で処方される薬は、効果も高いけれど、内容が心配という人もいます。

 

ですが、ベリー系などの食材にも含まれる成分と聞けば、使用しても大丈夫な印象が出てきます。メラニン色素を作っている酵素の活性化や、合成といった活躍を、ハイドロキノンの成分によって抑える作用が働きます。

 

アメリカの国においては、医薬品や化粧品としても、すでに20年程の取り扱いの歴史を持っているホワイトニング成分でもあります。

 

ですから古くから、多くの人に知られる美白剤としてもちいられてきたものです。

80年代にも入ってくると、今度はシミ取りのための処方としても用い垂れるようになりました。日本国内においても、成分は化粧品に含まれていることがありますが、その量はごくわずかです。

 

皮膚科などの医療機関の場合は、濃度は5%から10%くらいのもので、シミや黒ずみ治療にも用いられています。手軽に使用できる塗り薬ではありますが、日焼けには気をつけましょう。

 

表皮のもっとも深い層で誕生細胞は、成分の作用で皮膚の表面に、どんどん押し上げられます。それは角質となって、最終的にはそれらが垢となって、自然に皮膚からはがれ落ちることとなります。皮膚細胞のサイクルであり、これは肌のターンオーバーです。

 

健康な肌であれば、その周期は約28日で順調に繰り返します。ターンオーバーの周期が、徐々にスローになってくると、角質がたまりマスカラ、皮膚には黒ずみが出てきます。

 

色素沈着というのは、表皮のもっとも深いゾーンに、メラニン色素として静かに沈着しています。シミのもとになるメラニンを作っている、メラノサイトの細胞があります。

 

ハイドロキノンの成分は、そんなメラノサイトの活動を、成分の力により弱めます。 強い漂白作用をもつハイドロキノンにより、メラノサイトに新たなメラニンを作らせないよう作用します。黒ずみは次第に除去されていき、肌に色素沈着していた表皮は、ゆっくりとメラニンも少ない、新しい肌に生まれ変わります。

黒ずみと飲み薬について

“黒ずみを皮膚科などで相談すると、飲み薬を処方してくれることもあります。市販のサプリメントとは違い、医薬品になりますから、似たようなタイプであっても、クリニックなどで処方をする医薬品の方が、飲んでも効果は格段に上です。

 

皮膚科などではさまざまな医薬品がありますが、黒ずみ対策にというのであれば、ビタミンCの飲み薬は、ほとんどの皮膚科や美容系クリニックでも、改善アイテムの服用薬として処方します。

 

ビタミンCといえば、美容には外せないレベルの高い栄養素であり、美白効果もあるとして知られています。 美肌効果を上げてみても、コラーゲンの生成を助けてくれますし、抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果も期待ができます。

 

ビタミンCは体内において、免疫力を高める為にも活躍します。肌の毛穴が黒っぽくなるのは、過剰な皮脂の分泌も、皮膚の黒っぽい状態を加速させます。

 

そんな多すぎる皮脂の分泌も、ビタミンCの栄養成分は抑制しますから、皮膚の毛穴を目立たなくさせることにもなります。

 

世の中の女子必見の美白作用は、もうはや説明もいらないかもしれません。それにビタミンCは、今のストレス社会にには救世主的なことに、抗ストレス作用も持っている、何かと素晴らしい栄養成分でもあります。黒ずんだ皮膚を改善していくにとどまることなく、美肌治療としても必要なビタミン成分です。

 

ビタミンCは一度に大量を飲んでも、使わない分は排出されます。従って、病院などで指導を受けますが、わけて適用料を内服するのが宵の味方です。

ジュースやコーヒーなどと一緒ではなく、ピュアな水で飲むといいです。

 

トラネキサム酸の内服薬も、皮膚の黒ずんだ状態を解消していくために、医療機関で処方される薬です。アミノ酸の一種であり、これは抗炎症とか、と消す効果を持つために、今まで長く医療現場で使われていました。

 

それが、あるとき肝斑治療にも効果があるとわかり、いまではホワイトニング治療にも処方されるようになっています。プラスミン作用を持っているのも、トラネキサム酸の特徴です。

 

プラスミンは、タンパク質分解酵素のことです。メラノサイトでたくさんのメラニンが作られていますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用によって、その活性化はブロックされます。プラセンタの内服薬を処方してくれるクリニックもあります。

 

プラセンタは美容化粧品にも含まれていますし、美容ドリンクにも入っていたり、シートパックにも成分が含まれていたりもします。

 

美容クリニックなどでは、プラセンタ注射とか、プラセンタを含む点滴もあります。注射や点滴の場合は、プラセンタの美容成分も、ダイレクトに体の内側に取り入れることができます。ですが、そうそうクリニックには通えない人も多いですから、内服薬での対処が可能です。

 

医療機関で処方してくれるの飲み薬は、時間をかけて黒ずみの改善にも役立つものです。お医者さんでよく医薬品の説明を聞いて、正しい服用で改善に役立てることです。

 

塗り薬と飲み薬を併用すること

原因が分かったら次は肌の黒ずみを薄くする、消していくことが必要となってきて、理由に生活習慣が関わっているのならまずは改めなければいけないのです。なるべく健康な生活を送ること、簡単そうで難しいものですが、何よりもここが基本になってくるのです。

 

そして次に市販薬を使えばいいのですが、飲み薬と塗り薬の二種類があるのですが、出来た原因によって使い分けることもあれば、併用することもできますので、説明書きをしっかりと読んで使用してください。

 

またメラニン色素にはビタミンCが効果的で、果物や野菜を食べること、特に生ですと酵素の働きによって新陳代謝が良くなるので、鈍っていたターンオーバーの働きも活発となってくれるのです。

 

他にもマッサージをすることによって肌が柔らかくなり、薄くなることがあります。ただしどれもそうですが、一朝一夕で改善はされませんので、長く続けていくことが必要となってくるのです。

 

理想は清潔保持&専門ケアの2面からアプローチ

黒ずみが病気レベルになってしまったらもちろん皮膚科やクリニックに行き、飲み薬や塗り薬を処方してもらうべきです。
しかし、そこまでいかず、単純に皮膚の黒ずみが気になるということでしたら、逆に美容的アプローチをしたほうが黒ずみの改善スピードが速いです。

 

清潔保持のアプローチは石鹸とクリームで

○黒ずみ対策石鹸
ジャムウ 黒ずみ&臭いに特化した石鹸です。
黒ずみはもうあきらめるしかないのかな?と思っていた方々が黒ずみがすっきり取れたと多くの声が寄せられている人気の石鹸です。
自然派成分を使用している敏感肌の方にも優しく、日本人の肌に合う成分を含んでいます。
全身どこでも使用できるので、黒ずみが気になる箇所も洗うときれいに黒ずみが取れます。

LCラブコスメティックの詳細はこちら

 

○黒ずみ対策クリーム
Peach Rose 体の内側と外側の両方からケアをしていくことによって、悩みの原因である股の黒ずみが薄くなってくれますので、気になる方は生活習慣を振り返りまずいところは改めて、ケアを続けていくのがいいのです。

黒ずみに悩んでいる方で効果が一番高いと言われているのが、ピーチローズというクリームです。

基本的にはお尻の黒ずみやシミ対策なのですが、お腹にも使用でき、効果は高いです。
実際に、モンドセレクションで金賞に輝いている商品で、無添加で日本製なので安心して使用できます。
一度試してみるのがいいかと思います。

ピーチローズの詳細はこちら

専門ケアのアプローチはプラセンタで



プラセンタは皮膚のターンオーバーを促進し、細胞を活性化させ、新しい皮膚組織を作ってくれる効果があります。
その効果で黒ずみを解消することができます。

 

その中で圧倒的な人気と効果を誇っているのがWHITE’stプラセンタエキス原液です。
芸能人も愛用しており、@COSMEでも1位を獲得しています。プラセンタをはじめとする美容成分で「ハリ」「ツヤ」「うるおい」を取り戻し、黒ずみも解消させます。

 

WHITE’stプラセンタエキス原液は多くの世代から高い口コミ評価を受けており、初めてで心配という方も無香料・無着色でパラベンフリー、界面活性剤・鉱物油不使用なので、一度試してみてください♪

 

WHITE’stプラセンタエキス原液の詳細へ