鏡にうつる小鼻や頬に黒ずみがあると落ち込みます。
黒ずみの原因は、毛穴に詰まった角栓や皮脂ですが、洗顔をしても中々消えません。
実は効果的な対策として運動(有酸素運動、無酸素運動)で改善できるのです。
ここでは、黒ずみとサヨナラする運動をご紹介します。

●鼻の黒ずみと運動の関係とは?●

運動をする女性

鼻の黒ずみって、気になったことありませんか?
入浴後の毛穴が開いた状態で、毛穴パックなどをした経験ありませんか?
でも一時的にましになってもまた、皮脂がたまり黒ずみになってしまいます。
実は、その黒ずみを意外な方法で、緩和させることが出来るのです。

それは、運動です。
鼻の黒ずみと運動って、全然関係ないように思われていますが、そうではありません。
毎日、少しでも程よい運動をするように心がけるだけで体全体の新陳代謝がよくなり、毛穴などに皮脂や汚れがたまらなくなります。
今までパックなどで物理的に除去していた方も、こうすることで毛穴がきれいになり、皮脂が酸化することで出来る鼻の黒ずみも緩和されるのです。

ほとんどの方が、パックなどの物理的な方法でケアしようとしてしまい、結果的に肌の角質がはがれすぎたり傷ついたりしてしまいます。
もちろん、洗顔や化粧品を使ったケアも大切ですので怠ってはいけませんが、完全に治ることはありません。
しかし、運動をすることで体の中から改善し、鼻の黒ずみを改善できるのです。
運動で内側から燃焼するイメージ
肌は、運動することにより血行やリンパの流れが良くなり代謝もアップします。
そうすることで肌も代謝がアップし皮脂がたまりにくくなるのです。

逆に運動不足で、食生活も不規則な毎日を過ごしていると、代謝が下がることで余分な皮脂が分泌され毛穴にたまってくることで黒ずみになるのです。
運動と鼻の黒ずみは一見関係がなさそうに見えますが、実は深い関係があるのです。

しかし、ご存じのとおり、一言で運動といっても有酸素運動と無酸素運動があります。
有酸素運動とは、比較的時間がかかるウオーキングなどの運動のことを指し、無酸素運動とは短い時間で筋肉トレーニングなど活発に動く運動があります。

●有酸素運動と無酸素運動ではどちらが有効?●

運動で黒ずみを解消するジム

有酸素運動と無酸素運動の違いをご存じですか?
運動には有酸素運動、無酸素運動があり、どちらの運動も大変大切です。
有酸素運動は脂肪燃焼、無酸素運動は筋肉を作ることに効果を発揮します。

通常の運動の流れとしては、有酸素運動の後、無酸素運動をすると脂肪も燃焼しやすく効果がアップすると言われています。
別にどちらからしても問題ありません。
いくら運動は体に良い、ダイエットに適しているからといって、急に運動を始めても3日坊主では意味がありません。
また、急に激しく動くことで体を痛めてしまうこともあります。
運動は長続きさせることに意味があって、無理のない程度にこつこつと継続すると効果があります。

運動で走る女性
簡単にまとめると・・・

・有酸素運動=脂肪燃焼を促す
スイミングやウオーキングなど長時間、ゆっくりと行う運動です。脂肪が燃焼されやすく、代謝もよくなりますし、肺の動きもよくなります。・無酸素運動=筋力強化 代謝アップを促す。
腹筋や、スクワットなど、短時間もしくは一瞬で終わる運動のことです。筋力アップに効果的で、基礎代謝UPに有効です。最も効果的な運動としては有酸素運動をしたあと、無酸素運動を行う方が効果的だといわれています。有酸素運動は、脂肪が燃焼し始めるまで20分ほどかかるといわれています。

したがって、脂肪が燃焼しやすい体になってから無酸素運動をすると体内の脂肪がさらに燃焼されやすくなり、血中に「遊離脂肪酸」という形で出てきます。
そこで体全体の代謝がアップし、結果的には鼻の黒ずみにも運動は効果的となるのです。

有酸素運動でも筋力アップします。
一度、専門のトレーナーなどの指導のもと、正しいウオーキング方法などを学んでみてはいかがでしょう。
正しいウオーキングを続けていると全身をまんべんなく鍛えることが出来ます。
たかがウオーキングですが、意外に効果的ですのでランニングは少ししんどいという方、運動を始めてみたいけれど・・・と悩んでいる方は一度挑戦してみてください。

何もはじめないで、寝てばかり、テレビばかり、運動は始めてみたけれどしんどくて長続きしない・・・なんてことになるよりは、簡単なことから少しづつ長く続けられる方が良いですね。

●まとめ~黒ずみと運動の関係~●

運動で黒ずみがとれた女性

鼻の黒ずみに関してお話しますと、ケアをするためには毎日少しづつ継続することに意味がありますので、負担の少ないウオーキングなどから始めてみてはいかがでしょうか。
今、女性に人気のヨガも、無理なく代謝アップ出来、気晴らしにもなりますので効果的です。

近年、夜、眠れないで、夜中に何度も目が覚めてトイレになど何らかの悩みを持っている方がおられます。

運動をすると・・・

・ 体温が上昇し、血の流れがよくなる
・ 体温が上昇するので、冷え性などの予防になり、程よく疲れることでよく眠れる。
ターンオーバーやコラーゲンの生成を抑制される
・ 心肺を使うことで、血の流れもよくなる
・ 運動により、筋力アップとなり、基礎代謝もアップする。

有酸素運動も無酸素運度も、どちらも各々の観点から効果がありますので、どちらかだけ運動すれば万全と言うわけではありません。
しかし、皮膚はどこから栄養を吸収するのでしょうか?
ビタミンCなど、食物から取れる栄養もありますが、やはり基本は、しっかり規則正しい生活、適度な運動をすることで健康体をキープし続けるうことが最も大切なのです。