しつこい頬の黒ずみとオサラバしたいと思う前に、自分で悪化させていませんか?
いくら頬を洗顔したり良い化粧水や洗顔料を使っても、生活習慣が乱れていたら焼け石に水です。

毛穴の角栓がたまっていき、頬の黒ずみの原因になってしまうのです。
そうならないためにも、このページで日々の生活習慣を一緒に振り返ってみましょう。
それと同時に、頬の黒ずみを取り除く提案もしています。

鏡を見てみたら頬にできている黒ずみがあって驚いた経験をしたことのある人もいるかもしれません。女性にとってはそれがワキにあってもビキニラインにあっても嫌なものですが、お顔の頬となればとても目立つ場所であるために、ボディの各所に比べてもショックを受けてしまうでしょう。

黒ずみというのは、皮膚に対する刺激への防御反応としてお肌の奥にメラニンができてしまうことで起こりますが、頬だとメイクをするときにチークをいれられる場所でもあるので、そのときに余計な摩擦を皮膚に与えている人も多いです。

 

今一度、どうやってチークを入れているのか、メイク法を振り返ってみてもしも硬いブラシでこするようにチークをつけていたら要注意ですし、練チークを使っている場合は指でつけることになりますが、これもお肌をこするようにしてつけている人も多く注意が必要です。メークアップの中でも仕上げのチークは血色をよくすることができるので、顔色を元気に見せたり大人っぽく見せたりするときには欠かせませんが、そんなメイクをするおかげで頬の黒ずみを作っているようでは、いくらメイクをしてきれいになれたとしてもすっぴんは自信が持てないものになってしまいます。

最近では、チークもブラシでつけるタイプだけではなく、ポンポンとやわらかいパフで押さえるタイプのチークも登場していて、これならお肌をこするわけではないのでとてもやさしいメーク法だといえます。

 

このタイプのチークに付随しているパフは、ファンデーションを塗るときにようなパフよりも厚みがあってマシュマロのような形状をしているので、肌あたりもよく、お肌にも余計な刺激がないのがうれしいポイントです。
黒ずみを改善するにはまずその原因をしっかりと絶つことがたいせつなので、このようなチークを選んでこすらない習慣をつくるのが大切です。

しかしできてしまった黒ずみに対しては、こすらないだけでは色を薄くすることはできないので、美白のできるスキンケア化粧品に頼るとよいでしょう。こちらもメラニンをつくらせないという予防効果のみのスキンケア化粧品では色をうすくしていくことができないので、シミの還元作用のあるビタミンC誘導体の成分の入っているタイプのものがおすすめで、よく効くスキンケア化粧品を選ぶために医薬部外品と書いてあるものをチョイスするのがおすすめです。

 

さらに、分厚くなってしまっている角質をやわらかくしてターンオーバーを促すためにもピーリング化粧品を使って皮膚をはがれやすくし、古い角質とともにメラニンも排出しやすくしてあげることも有効です。

 

しかしこういった市販のスキンケア化粧品ではあまり効果がなく改善がみられなかったときには、美容皮膚科や皮膚科などでさらに強力なお薬を処方してもらうこともできます。ハイドロキノンという成分は高いシミ還元作用がありますし、レーザーを使った治療方法もあるので黒ずみ改善にも役立ちます。

頬の黒ずみの原因は?

頬の黒ずみの正体とは?
頬の黒ずみとは、「角栓」です。
角栓とは何かといいますと、毛穴に詰まる汚れのことです。
この頬の毛穴に詰まった汚れが空気に触れると酸化します。
この角栓を放っておくと皮脂がまとわりついていき、さらに頬の角栓が大きくなり取れにくくなります。
取れにくくなるとさらに奥深く角栓が入り込んでしまい、悪化していきます。
皮脂が増える原因は大きく6つあります。

1.肌の乾燥
乾燥肌のような乾いた地面皮脂が増える理由は、肌の乾燥にあります。
皮脂は、乾燥から肌を守ろうとして、過剰に分泌されてしまいます。

そのため、肌に水分が不足してくると、皮脂が過剰に分泌されてきます。そうすると、頬など顔の毛穴に汚れがたまっていき、結果、黒ずみになります。
洗顔後は頬の黒ずみ部分に化粧水やパックといった保湿を行いましょう。

2.食事
また、脂質を多く含んでいる食べ物を多く食べている場合も皮脂が多く分泌されてしまうので、頬の黒ずみの原因になります。

脂質と同様糖分も多くとりすぎると頬に黒ずみができやすくなります。
なぜかといいますと、糖分は皮脂を分解するビタミンB群をなくしてしまう機能を持っており、それが原因で肌荒れになってしまいます。

肉や油の多い食事などです。
そのため、頬の黒ずみができないようにする、改善するには、まずは日常の食事を意識することが大事です。

3.睡眠不足
睡眠不足になる深夜に出てる月睡眠不足ですと、肌の再生機能が低下してしまいます。
肌の保湿バランスが崩れるので免疫力が低下し、頬に雑菌などがついてしまいやすくなり、それが頬の黒ずみへと進化してしまいます。

そして、ターンオーバーと呼ばれる肌の再生機能が低下すると、黒ずみのある頬も中々新しい肌に生まれ変わらないために余計黒ずみが目立ってきます。

ターンオーバーを高め頬の黒ずみを解消するためには、夜22時~深夜2時の間に寝ることです。
夜22時から寝るのがベストですね。

そうすれば、肌の生まれ変わるサイクルも順調になり頬の黒ずみとサヨナラできますよ。

4.紫外線
紫外線については、浴びすぎると良くないということは多くの方がわかっているかと思います。
日焼けの原因は、紫外線によってメラニンが増えていき色素沈着を起こすことです。

ですので、頬の黒ずみも同じく紫外線を浴びることで悪化してしまうのです。
さらに油断大敵!夏や晴れの日だけ紫外線対策をしていても、頬はダメージを受けています。

冬や曇りの日もしっかり対策することで頬の黒ずみを改善することができます。
紫外線にはコラーゲンを破壊する働きがありますので、同時に頬のハリも失われます。
日傘や日焼け止めで頬を守る最低限の対策をとるのが大切です。

5.ストレス
ストレスの影響で自律神経が機能不全になり、頬の毛穴の開閉がうまくできなくなってしまいます。
その結果、頬の毛穴に皮脂が詰まります。

万病の元と言えるストレスを受けると、結構も悪くなりホルモンバランスだって崩れてしまいます。
その結果、頬の黒ずみは悪くなる一方です。

さらに、ストレスがたまっていくと体内で肌のサイクルや皮脂をコントロールしていたビタミンB2が失われていきます。
すると、ニキビや頬の黒ずみになってしまうのです。

6.タバコ
タバコはビタミンを破壊したり血管が収縮するため血液が流れにくくない、活性酸素が生成されます。
すると頬にある肌の組織を壊していき、肌を弱くしていきます。

頬の黒ずみを改善する美顔器

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

毛穴トラブルを改善するための自宅でできるフェイシャルケアとして美顔器を使った方法があります。
イオンクレンジングができる美顔器を使用すれば、マイナスイオンに帯電しているメイクの洗い残しや毛穴に詰まった皮脂汚れをプラスイオンに帯電して、落としきれなった頬の毛穴の汚れや古い角質を取り除くことができます。

なので、頬の黒ずみの改善には大きな効果が期待できるのです。

またイオン導入や超音波マッサージなどの機能を使えば、肌の生まれ変わりを促進したり毛穴の開きやたるみを引き締める効果も期待できるので、頬の毛穴トラブルだけではなく年齢と共に気になるほうれい線などシワの改善効果も期待できるのです。

もちろん毛穴トラブルを改善するためにはこういった機器を使用するだけではなく、正しい洗顔やその後の保湿ケアが重要になってきます。

また、肌細胞の生まれ変わりを促進するためにも十分な睡眠を取るようにしたり、肌トラブルを引き起こす過剰な皮脂の分泌を促す食生活や頬の肌トラブルを引き起こす生活習慣も改めなければいけません。

毛穴ケア専門サロンで頬の黒ずみ改善

毛穴サロンで黒ずみ改善する女性

黒ずみなどの毛穴トラブルに関しては、自宅で機器を使ったケアなども効果的ではありますが、やはりプロの手を借りるというのも有効です。
エステサロンで受けられるフェイシャルエステを利用されてみるのも良いかもしれません。
最近では毛穴ケアの専門サロンなども出店されるようになっていますから、頬の黒ずみなどといった毛穴トラブルでお困りの場合はこういった専門サロンを訪れるのが良いでしょう。

この毛穴ケアの専門サロンでは施術を開始する前にマイクロスコープを使って個人個人で毛穴カルテを作るので、一人一人の肌質や頬の状態に合わせた毛穴ケアが受けられます。

このサロンの施術では頬の深部に詰まった汚れを取り除くためのディープクレンジングや超音波洗浄、また汚れを取り除く吸引や発光ダイオードを使ったトリートメント、そして最後に仕上げの保湿ケアが受けられます。
実際にこの施術を受けた人の中には毛穴の違いに驚かれる方も多いようですし試してみる価値はあるでしょう。

詳しいエステサロンの詳細はコチラ→