毛穴に皮脂などが詰まったままになってしまう角栓、そのまま放置しておくと、ニキビに進行してしまうこともあるので、できるだけ早めに除去して、毛穴を元に戻してあげなければなりません。

その毛穴の詰まり、放置しないで!

長い期間放置したままになると、アクネ菌が繁殖してニキビにならなかったとしても、黒いほくろのような状態になり、やがてかなり硬くなってしまい、そのまま毛穴が広がってしまうことにもつながりかねません。

角栓の一般的な除去方法

黒ずみ対策で使用のホットタオル

角栓は、まだ柔らかい状態であれば、毛穴を温めて広げてあげれば、少し圧迫するだけでも綺麗に取りだせるので、何か詰まりができたなと感じた段階で、除去処置を行うのもありです。

その際には、一般的にはアクネプッシャー先端が細いピンセットなどを使用して取り出す人が多いと思います。

角栓除去後の赤みも黒ずみの原因に?

しかし、角栓を無理やり除去することは非常にリスクがあります。

ミドリ
私も学生時代、自分で角栓を取ろうとして肌が荒れてしまいました・・・。
黒ずみ研究所所長
角栓を取った後、肌が赤くなってしまい、そこからばい菌が入ってしまうと肌が汚れてしまうんです。

黒ずみの原因の赤み

赤みの原因

角栓除去後に肌に赤みが残ってしまうのは、詰まりを起こしている毛穴の周辺に、均等に圧をかけれていないことが原因です。

一か所だけに圧力がかかると、皮膚の下で内出血が起こり、皮膚の表面に赤みが残ってしまい、やがては黒ずみなどの色素沈着に進行してしまうこともあるので、アクネプッシャーやピンセットなどを使えばそういった肌トラブルを起こすことを防げます。

また、爪で引っかいてかきだしたり、指先で絞りだすのも厳禁で、同じように赤みが出きてしまったり、傷口などからばい菌が入って炎症してしまう危険性も生じてしまいます。

角栓除去時の赤みの対処方法

角栓除去は一歩間違えると、余計に目立つ肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

色々といじってしまい炎症が広がってしまってきている場合は、無理をせずに皮膚科で処置を受けることをお勧めします。

角栓除去後の赤み対処方法

角栓をもし自ら除去した場合、その後のケアが本当に大事です。
黒ずみ対策で使用の氷

そしてもう一つ重要なポイントは、詰まりを出した後の処置で、開いたままの毛穴をそのまま放置するのではなく、しっかりと冷却し、保湿ケアを行ってあげることを怠らないようにしましょう。

毛穴が開きっぱなしのままであると、またそこから詰まりを起こしてしまったり、ばい菌が浸入してしまうこともあります。

毛穴を冷やす

水やぬるま湯で消毒し、すぐに冷却パックを行ってあげましょう。
冷却パックは、手持ちの化粧水などをコットンにたっぷりと含ませたものを冷蔵庫で冷やしておくと、使いやすいうえ保湿ケアも同時にできるのでお勧めです。

お肌を保湿

黒ずみ対策のため肌を保湿する女性

お肌を保湿すると、ふっくらと持ちあがるので、毛穴は小さく目立ちにくくなります。
まずはぐっと冷やしてあげると、皮膚の毛穴は自然と締まっていくので、冷却パックをした後、クリームで潤いを閉じ込めてあげましょう。

その後はすぐにメイクをすることは避け、指先などでも触れないように気を付けながら、お肌を休めてあげましょう。

お肌は自然治癒力もあるので、保湿成分を蓄えながら、毛穴を閉じるように働いて行くので、刺激を与えないように休めることも必要なのです。

正しい角栓除去方法・おすすめアイテムはコチラ>>