毛穴に皮脂つまりを起こしてしまっている状態で、ニキビの原因にもなるといわれている角栓。
そのまま放置しておくと、つまりの先端が黒く酸化し、どんどん硬くなってしまいます。

角栓を綺麗に取りたい!

黒ずみ改善して肌が綺麗な女性

見た目にも黒いポツポツが目立つので、肌は汚らしく見え、時間が経過し硬くなってしまうと、つまりを取っても毛穴が開いたままになってしまうので、できるだけ早い段階で綺麗に取り除いておきたいものです。

しかし、つまってすぐの先端がまだ白っぽいときでも、指などで無理やり押し出すのは、肌にダメージを与えてしまうので、絶対にしてはいけません

傷をつけてしまったり、肌の奥で内出血すると赤みなどの色素沈着が起き、場合によってはそのまま黒ずみに進行してしまうこともあります。

専用器具で取る!

黒ずみ専用器具

周辺の皮膚を傷付けずに角栓を綺麗に取りだすには、毛穴の周りに均一に圧力をかけることが大切なので、専用の器具を使って取りだすのがベストです。

この器具はアクネプッシャーという商品名で、ドラッグストアやボディショップで販売されているので、一本あればニキビの初期段階でつまりを改善できるのでとても便利です。

お風呂上りが効果的!

お風呂で黒ずみ対策

また、このアクネプッシャーを使う時は、できるだけ肌が柔らかく、毛穴が開いている時が良いので、風呂上がりに行うのがベストです。

湯船にお湯を張って、顔に湯気を当てるような感じで、ゆっくりと浸かり、しっかりと毛穴を開かせておきましょう。

風呂上がりにできない場合は、蒸しタオルでしばらく温熱パックをしておくと、同様の効果が得られるので、力を入れなくてもつまりを出せるようにするためには、事前に肌をベストな状態に整えてから行うことをお勧めします。

ピンセットを使おう!

アクネプッシャーを使っても、先端が黒く酸化してしまった黒ニキビの状態では、かなり力を入れないと、角栓が飛びださないことも多く、アクネプッシャーを肌に当てる角度が少しでもずれてしまうと、肌には内出血の跡が残りやすくなってしまいます。

この場合は、先端が少しでも毛穴から浮きあがってきたら、ピンセットなどがあればそれでつまみだしてやると、それ以上肌を圧迫しなくても、角栓すべてがするっと抜きだせることがあります。

アクネプッシャーとともに先端に力がいれやすいピンセットも用意しておけば、とても重宝します。

処置後のケアが大事!

黒ずみには保湿が大事

そして何より大切なのが、角栓を取り除いた後の引き締めケアで、毛穴が開いた状態のまま放置しておくと、そこからばい菌が入ってしまうこともあるので、必ず処置後のケアは忘れないようにしておきましょう。

あらかじめコットンに、手持ちの化粧水をしみ込ませたものを冷蔵庫で冷やしておき、開いた毛穴に乗せて、しっかりと引き締めます。

その後はさらに引き締め効果のある、ビタミンC誘導体などの美容液があればたっぷりと塗布しておきましょう。

その後は極力指先などで触らないように気をつけ、就寝時間を通して肌を休ませてあげましょう。

毛穴は自然と、つまりがなくなれば締まる力はあるので、朝になればきれいな肌に戻っています。