黒ずみを解消していくために、美白化粧水でのお手入れも良い方法です。

女性にとって大切な肌へのスキンケアは、毎日する日課でもあります。いつも何気なく使用している化粧水も、それぞれに配合成分は異なります。

肌の気になる部分を明るく透明感ある肌の色にするなら、ホワイトニング効果のある化粧水を選ぶことです。
くすみとか、黒っぽい肌を改善していくときには、化粧師の配合成分をチェックして、毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

美白化粧水やクリームと黒ずみの関係

黒ずみ対策美白美容液

黒ずみを改善していくためには、美白クリームでのお手入れをしていく方法もあります。

美白化粧水に含まれる成分は、ブランドや商品によっても違いはあります。

素肌への透明感を出す成分を、キチンと配合しているかを確かめて、クリームも選ぶことです。

ホワイトニング効果のある成分を配合したクリームを使うことで、その人のもとの肌の色より、もっと白くすることはできないですが、黒ずみができた肌は解消をしていくことは無理ではありません。
肌に塗ったら、すぐに白くすることもできませんが、意識して毎日のように肌に塗ることにより、ゆっくりの肌のトーンは明るさをもたらすようになっていきます。

保湿も合わせて、十分にしていくと良いです。

ハイドロキノン

美白化粧水で黒ずみ対策する女性

肌を透き通るような白さへ導く、主なホワイトニング成分としては、ハイドロキノンもそのひとつです。

酵素のチロシナーゼはメラニンを作りますが、ハイドロキノンの成分に余栄その働きは抑えることになります。

肌に使用する漂白剤という認識がある成分でもあります。
ホワイトニングが期待できる化粧品に配合されているのは、低濃度ではありますが、市販されていますから気軽に入手が可能です。
高濃度のハイドロキノンになると、皮膚科などの医療機関での相談になります。

化粧品に含まれるのは低濃度ではありますが、元々が強力で刺激も感じやすいため、化粧品でも最初はパッチテストをして使い始めるといいでしょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

黒ずみを解消していくための、ホワイトニング化粧水として、ビタミンC誘導体配合の化粧水は人気が高まっています。

美肌のためにも美白にも、ビタミンCの栄養成分は、昔から良いとされてきました。

ビタミンC誘導体というのは、そんなビタミンCの成分を、より肌に浸透が良くなるように安定させたものです。

化粧水などに配合されたものを肌に塗布し、吸収されたあとに酵素反応が起こって、ビタミンCへと変わります。

ビタミンC誘導体の働きによりメラニンの生成は抑制されます。そして、色素沈着の予防効果も発揮します。

これにより気になる肌の黒ずみも、少しずつ薄くしていく効果が期待できることにつながります。

ビタミンCは美白効果の高さでも知られていますが、人によっては刺激を強く感じるケースもあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用して、少し乾燥を感じやすくなることもあるので、高濃度の保湿成分を配合したタイプを選びましょう。

化粧水に配合されているものであれば、保湿効果もプラスのタイプが多いですが、化粧水でお手入れをしたあとには、保湿効果の高い美容クリームを肌に塗布するなどすると安心です。

プラセンタ

プラセンタエキス配合のクリームも、美白効果が期待できます。

哺乳動物の胎盤がプラセンタであり、豊富な栄養成分の宝庫でもあります。その高い栄養素を抽出しているのが、プラセンタエキスであり、血液循環を良くします

毛細血管の血液の廻りがスムーズになれば、皮膚の新陳代謝はよくなりますから、古いメラニンを含み角質も剥がれ落ちやすくなります。

これによって、黒ずんだ肌も明るさをもたらすようになります。

その他の黒ずみ効果がある成分

アルブチンを配合のクリームも、ホワイトニング効果を期待できるものです。
サンタベリーやウワウルシ、コケモモやリンゴベリーにも含まれている成分です。
アルブチンというのは、成分的に2つに分かれますが、どちらにも美白成分の働きがあります。

また、あまり耳馴染みはないかもしれませんが、マグノリグナンもホワイトニング効果が期待できます。
マグノリグナンの成分によって、メラニン色素生成を抑制させる作用が働きます。

 

黒ずみにおすすめな美白化粧水・クリームはこちら→



美白化粧水やクリームの使用方法

洗顔をしてから美白化粧水を塗る女性

ホワイトニング効果がある化粧水を使用する前に、肌は清潔に洗うことを忘れないようにしましょう。

せっかくの良い成分も、肌に皮脂や油分などの汚れがたまったままでは、毛穴から奥まで吸収はしにくくなります。

黒ずみ対策として、毛穴の汚れはしっかりと落としてから、ホワイトニング効果のある化粧水やクリームでのお手入れをするのが大事です。

気になる黒ずみパーツには、美白化粧水をコットンに付けて、パックをするのもいいでしょう。