肌には様々なトラブルを抱えがちですが、毛穴の角栓とか、埋没毛なども悩みの種になりがちです。

どちらも見た目にも目立ちやすいですし、どちらの場合も無理に引き抜こうとする可能性があります。

ですが、ピンセットなどで、強引にほじくり出して抜いても、皮膚には傷が付きますし、毛穴も開きます。

そこから炎症が起きてしまったり、余計に炎症がひどくなることも考えられます。

肌にとって負担の少ない正しいケアをすることで、毛穴の悩みはゆっくりと解消していきます。

埋没毛の原因とケア方法

埋没毛の原因のカミソリ

肌の埋没毛は、皮膚の下に毛が埋まっている状態です。これは日々の間違えたムダ毛処理が、大きな原因となっているケースがほとんどです。

埋没毛の原因とは?

カミソリが埋没毛になり、黒ずみになる足

ムダ毛処理は手軽な、毛抜きやカミソリ処理をする人は少なくないですが、こういった処理は見えないレベルの傷を皮膚につけています

傷は自然治癒してはいきますが、その過程で毛穴はふさがります。毛穴には新しく毛がはえてきますから、蔦がされてしまっては外へは出ていけません。
そのまま皮膚の下で成長を始めてしまいます

毛抜きでのお手入れも、カミソリで剃るいしても、ムダ毛が途中で切れてしまうことがあって、それも毛が埋まる原因となります。

ムダ毛処理はしないわけにはいきませんが、ムダ毛が埋まってしまわないように、予防はしたほうがいいです。

埋没毛のケア方法

ボディクリームで黒ずみ除去

シェービングをするなら、肌の乾燥しているときは不向きです。バスタイムで肌を十分にやわらかくして、毛穴にうるおいもある状態で処理しましょう。

カミソリでのシェービングの時は、シェービングクリームを使うといいです。

洗浄成分の強いもので洗うのではなく、保湿性の高いシェービングクリームの方が、肌には潤いが与えられるので優しいです。

ムダ毛が丸まり、毛穴に残ることを避けることにもなります。

処理をしたあとには、皮膚の保湿を必ず行うようにしましょう。ローションで保湿をしてから、ボディクリームを塗布します。
クリームに関しては、尿素を含むタイプを使用するのも良いです。

埋没毛を防ぐピーリング

ピーリングで角栓除去

肌に角栓を発生させないためにも、毛穴のケアは普段からが大事です。
これは埋没毛の予防にもなりますし、角栓の予防ともなることですが、定期的なピーリングをしていくのは良い方法です。

ドラッグストアでも販売しているピーリングアイテムは、古くなって蓄積している角質も、ピーリングのパワーで取り除いてくれます。
皮膚の角質が厚くなってしまうほど、全体的に皮膚も毛穴も硬さが出てきます。

毛穴汚れは外に出にくくなりますし、新陳代謝も遅れます
それをリセットさせるためにも、ときどきはピーリングという一手間を加えてあげるのが、良い肌状態を維持するためには大切です。

気をつけたいのは、肌の洗いすぎという行為です。
洗いすぎてしまうと、皮脂は必要な分も一緒に洗い流されます。皮脂は悪者ではなく、ある程度は肌に必要なものです。

ですから洗顔は適度に控えて、保湿のケアに時間を使ってあげるといいでしょう。