女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理が欠かせません

特に脇の処理は、どんなに体毛が薄い人でもしなければならないもので、早い人で中学生くらいから始めるのが普通だといわれています。

脇の処理間違っていませんか?

脇の自己処理方法として、最もポピュラーだといわれているのが、カミソリ毛抜き使った方法で、コストもほとんどかかりません。

そして、いつでも気がついたときにさっとできるという便利さはありますよね。
しかし、こういったお手入れを繰り返してしまうと、脇の皮膚は黒ずみや毛穴のぶつぶつボツボツが目立つようになってしまいがちです。

ムダ毛の自己処理法

カミソリ

脇の黒ずみぶつぶつの原因カミソリカミソリは、広い範囲を一気に処理できるという便利さはありますが、目には見えていなくても、皮膚を薄く削ぎ落としてしまっていることもあり、処理後のお肌はすこぶる乾燥し、カサカサになってしまいます。

保湿ケアもせずに放っておくと、やがてかさつきがひどくなり、お肌は黒ずみへと進行してしまいます。カミソリを使って処理をする場合は、処理前後の肌の保護ケアが必須です。

また、たっぷりとクリームなどでお肌を保護してから剃り、その後はローションやクリームで、お顔と同様にしっかりとお肌の保湿ケアを徹底してあげることが必要です。

そして使用するカミソリは、清潔で、刃先が新しく切れ味の良いものを使うこと、お手入れの間隔はしっかりと空お肌を休めることを守りましょう。

脇の黒ずみぶつぶつを防ぐための保湿

毛抜き

脇の黒ずみぶつぶつの原因の毛抜きまた毛抜きを使った処理は、柔らかい脇の皮膚を無理やり引っ張ることになるので、何度も繰り返していくと、次第に毛穴はぶつぶつ盛り上がり、鳥肌のようになってしまいます。

次に生えて来る毛が、毛穴の中で丸まってしまったり毛穴にばい菌が入って炎症してしまったり、皮膚へはかなりのダメージを与えてしまうことになるので、ピンポイントで気になる毛を処理できるというメリットはありますが、毛抜きを使っての脇処理はあまりお勧め出来ません。

家庭脱毛器を使ってみよう

自宅での自己処理方法として最も良いといわれているのが、家庭用脱毛器を使ったお手入れです。
脇の黒ずみブツブツが無くなった女性

特に最近人気となっている光脱毛器は、お肌のくすみを無くす効果が高いので、黒ずみなどの色素沈着を薄くしてくれます。

光脱毛器を使ってケアをすると、体毛の質が産毛のように細く変化していき、と同時に、ザラツキやかさつきのない、ハリのある若々しい肌に近づき、毛穴の引き締め効果も高まります。

光ケアは、非常に美肌効果が高い美容ケアだと評されることも多く、年齢肌トラブルに悩む大人の女性が、アンチエイジング対策として行うフォトフェイシャルと同じ効果が期待できるものなので、見せられる美しい脇に仕上げたいのであれば、最適なケア方法ではないでしょうか。

家庭用脱毛器は、それなりの初期投資は必要となってしまいますが、女性に取ってムダ毛処理はずっとしなければならないものであり、またいろいろな部位を短時間で処理出来るというメリットもあり、美肌ケアも同時に行える美容機器ということを考えれば、一台あればお手入れがとても便利になることは間違いありません。