毎日きちんとクレンジングし、洗顔もして化粧を落としているのに角栓が出来てしまう人は多くいます。

鼻や額、頬など顔の目立つ部分にできやすいのも悩みの種ですよね。

ぶつぶつした膨らみが顔中にできていては、恥ずかしくて外出もできないと落ち込む女性も珍しくありません。

このように頬などにできてしまうぶつぶつの原因は何なのでしょうか。

頬や顔の角栓の原因と改善方法

角栓の改善方法を発見

角栓とは、簡単に言うと角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に詰まってしまったものを言います。

つまり、皮脂の分泌が体質的に多い人はこれができやすいと言えます。

汚れが詰まることと乾燥が原因

角栓は乾燥肌の人が詰まりやすい

皮脂は基本的には液状であり、それ単体では毛穴に詰まったりしません。

皮脂に古くなった角質や汚れがくっつくことで、固形物となって詰まりやすいものになってしまいます。

また、肌の水分不足もぶつぶつの原因となります。

肌が乾燥すると、皮膚は縮こまってしまいます。

手の甲など薄皮がめくれてガザガザになってしまうのは、この細胞の縮小が原因です。

このように皮膚が縮んでしまうと、当然毛穴も縮んでしまい、小さくなって詰まりやすい状態になります。

口の周りにできやすい人は、こういった原因で引き起こされている可能性が高いでしょう。

また、乾燥すると肌は潤いを保とうとしてますます皮脂を分泌します。

このような状態にならないよう、特に乾燥する冬場などはこまめに保湿するようにして下さい。

頬に角栓ができる理由としては、化粧も挙げられます。

角栓放置でニキビになった女性

例えどんなに丁寧にしっかりとクレンジングしていたとしても、毛穴に入り込んだ化粧は完全に落とすことはできません。

年齢を重ねれば重ねるほど、肌の表面には目に見えない小さなシワが増え、こういったシワの間にも化粧が残りやすくなります

そして、皮脂と混じり合い角栓へと変化してしまうのです。

頬や顔の角栓を改善

フェイシャルケアで角栓除去

このように様々な要因でできてしまうぶつぶつですが、放っておくと大変なことになります。

場合によっては、角栓をエサとして雑菌が増殖してしまい、いわゆるニキビが出来やすくなってしまいます

もしこのニキビが更に悪化すれば、化膿して毛穴だけでなく周囲の細胞まで傷つけてしまい、ニキビが治った後も肌に黒い跡を残してしまいます。

化膿が肌の深い部分にまで達すれば、肌が窪んでクレーター肌にもなってしまうのです。

また、角栓が酸化すると黒くなってしまい、毛穴の黒ずみとして更に目立つようになります。

このような厄介な状態を改善するには、直接ピンセットなどで無理やり除去するよりも、洗顔の見直しやピーリングを行って肌の新陳代謝を促進するほうがおすすめです。

無理に除去すると毛穴を傷めて色素沈着などが起こるだけではなく、過剰反応した皮膚がますます皮脂を分泌して悪循環に陥ることもあります。

もし自分の手に負えなくなったら、素直にエステサロンやクリニックなどへ行ってプロの手でケアしてもらうのも良いでしょう。

専用の機器や薬品を使い、自分では決してできないようなケアを行ってくれるのでおすすめです。”