毛穴の引き締まった状態は、肌もキレイに見せてくれます。
しかし深い角栓ができてしまうと、毛穴はとても目立ちやすくなります

お手入れを怠ると、深さのある毛穴汚れは、余計にヒートアップしていきます。

深い角栓を放置しない!

黒ずみ改善をしょうと叫ぶ女性

毛穴が開いた状態で、しかも深さもある所へは、不要なひしや汚れも、こぞって入り込みやすくなりますし、そこでとどまりやすくもなります

ですから、間違えたお手入れをしたり、そもそもケアさえしない投げやりな状態だと、深い角栓は改善することはありません。

毛穴も固くなっていますし、汚れも同じように固くなりますから、簡単には汚れが落ちにくくなってしまうのです。

開き毛穴は目立ちますし、そこには汚れがたまりやすいです。

黒ずみに美容液

顔のパーツでは頬を中心に広がりをみせますし、加齢とともにその毛穴は大きくなっていくという嬉しくはない事実もあります。

毛穴自体がそのまま開いているというよりも、毛穴を囲む周囲の皮膚が、まるですり鉢状に変形して行くために、毛穴に影ができて目立つのだとも言われます。

いずれにせよ、何もしなければ角栓は消え去ることはありません。

深い角栓の除去方法

深い角栓は根本から除去する必要があります。

深い角栓の除去方法を調べている女性

毛穴を開く

まずは毛穴を柔らかくして、不要な毛穴汚れを出しやすくすることです。

バスタイムなどはシャワーのみではなく、浴槽に浸かるようにしましょう。

暖かい蒸気が毛穴を開かせてくれますから、お手入れもしやすくなります。

実際に存在する角栓というのは、毛穴の深さと同じように、長いということもしてときましょう。

角栓鼻エクササイズ

どのパーツの角栓が気になるかにもよりますが、最も多い鼻のパーツであれば鼻エクササイズを取り入れてみるのもひとつです。

ユニークな鼻エクササイズですが、いつもはあまり動きのない鼻の皮膚をターゲットにして、指でソフトに動かすことに意味があります。

エクササイズで、角質とか皮脂がつまりにくい、良い環境をつくることになります。

1.1日の終わりにメイクを落として、洗顔も済ませます。2.バスタイムで肌を蒸気で柔らかくして、お手入れしやすい状態を作ります。3.皮膚への摩擦を少なくするために、乳液やエッセンスを気になる肌全体にのまします。これで皮膚のすべりは良くなります。4.指1本を使い、肌にあてて上下に鼻の肌をさするようにして、ほぐしていきます。5.片手でつまむようにしたり、両方の指を使ったりしながら、鼻の上を軽く左右に曲げます

6.力は肌が赤くならないように気をつけながら、右と左で5回くらいやります。

※鼻エクササイズはバスタイムに、入浴しながらでもできるので気軽なものです。

※毎日ではなく、週に2回から3回が、エクササイズの目安です。

 

お風呂で黒ずみ改善する女性

毎日の洗顔を、優しい力で正しく行うことは大事です。
定期的に肌へは、ホームピーリングのお手入れをしてあげましょう。

皮脂の分泌を促進させるのは、気温と紫外線も大きく関わります。
状態を悪化させないためにも、肌は紫外線から守ることも忘れないことです。
サンスクリーン剤を塗布するなどの、日々のスキンケアも怠らないでやりましょう。