陰部のかゆみは、多くの女性が体験したことのあるつらい症状です。その原因はムレやかぶれによるもの、細菌の繁殖によるもの、感染症によるものなど様々です。今回は、陰部のかゆみにはどのような原因があるのか、そしてそれらを予防し改善する方法についてご紹介します。

はじめに

陰部のかゆみは、なかなか人に相談できないデリケートな問題です。原因も良く分からず、病院にも行かずに自分で判断して処理し続けていると、症状が悪化し、掻くことで皮膚がボロボロになり痛みを伴う可能性も出てきます。

 

女性のデリケートゾーンの悩みとして、ダントツ1位は「かゆみ」です。女性の2人に1人が陰部のかゆみに悩まされているのです。デリケートゾーンは、角質層が薄く、刺激に弱い部位です。今回は、陰部のかゆみの原因となるもの、そしてその予防や対策、改善方法についてご紹介します。

 

1.陰部のかゆみの原因とは?

陰部のかゆみを感じるタイミングとして、「生理期間中のナプキンのムレ」が一番多いようです。しかし、それだけではありません。

陰部のかゆみの原因となるものをご紹介します。

 

生理時のナプキン着用によるムレ

ナプキン

ほとんどの女性は、ナプキンによるムレでかゆみを感じたことがあるのではないでしょうか。

 

陰部は、下着やストッキングなどで締めつけられており、普段から通気性の悪い状態になっています。それに加えて、肌に密着させるようなナプキンを使えばムレの状態がいつもよりさらに悪くなることは容易に想像できるでしょう。

 

吸収性のすぐれたナプキンが市場に多く出回っており、生理の始まり時や終わりかけの時に、ほとんど経血(けいけつ)の汚れがないから、といって取り換えをせずに使用している方は意外にも多いのではないでしょうか?

 

見た目に汚れは目立たなくても、湿り気によりナプキンの雑菌が繁殖している可能性は十分に考えられます。

ナプキンによるムレだけでなく、取り換え不足もかゆみの原因となるのです。

通気性の悪い下着の着用

これは、ナプキンのムレと同じような状況のことですが、通気性の悪い素材のショーツやストッキングの使用は、細菌やカビの繁殖の原因となります。ムレやすい、ということは汗をかいているということにもなります。汗をかいたままで通気性の悪い素材の下着を着用し続ければ細菌やカビは繁殖し続け、陰部の清潔が損なわれ、毛嚢炎(もうのうえん)を発症しかゆみを引き起こします。

 

毛嚢炎になると、陰部にニキビと似たようなポツポツとした吹き出物が出てきます。重症化すると、化膿することもあります。

 

カンジダ症

カンジダ菌は、女性は普段から体内に保持している常在菌です。陰部からの細菌から身を守ったり、戦ったりしてくれる女性の体に必要な菌なのです。

 

しかし、風邪や疲労、ストレスなどによりホルモンバランスが崩れ、常在菌は異常に増えてしまいます。陰部のかゆみは、異常に増えたカンジダ菌が原因となります。この症状は、カンジダ症と呼ばれています。

陰部の表面側のかゆみではなく、膣の奥の方がかゆい!という方はカンジダ症が原因かもしれません。カンジダ症によるかゆみなのか、ムレなどの肌トラブルなのかを判断するのは医師です。

 

以下の条件に多く当てはまる方はカンジダ症の疑いがあります。

【カンジダ症check point】

チェックリスト

・おりものの量がいつもより多い

・カッテージチーズ状、ヨーグルト状、酒粕状の白濁したおりものが出る

・性交時に痛みを感じる

・最近、風邪などで抗生物質を服用した

・妊娠中である

 

いつもと違うかゆみだと感じたら、自己処理せずに婦人科へ足を運びしっかりと医師に治してもらいましょう。

 

性感染症

トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスなど、性行為による感染症が原因でかゆみを引き起こすことがあります。カンジダ症と同じく、いつもと違うかゆみを感じた場合には、なるべく早く婦人科で受診しましょう。

 

恥垢(ちこう)

恥垢とは、文字の通り垢が溜まることで、雑菌となり細菌やカビが繁殖し、かゆみが発生します。特に女性の陰部は構造が複雑になっており、丁寧に洗い流していないと垢が性器周辺に垢が溜まり、カンジダ症などの合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

2.陰部のかゆみを予防・対策する方法

陰部のかゆみは、普段のセルフケアにより予防・対策することができます。性感染症の場合は、性交渉の際にコンドームを着用するなどして感染を防ぐしか方法はありませんが、これからご紹介するケア方法は、カンジダ症の予防にもなりますのでぜひチェックしてください。

 

洗いすぎない

陰部の臭いや汚れを気にして、ゴシゴシとボディソープを使って洗っている方はいませんか?洗浄力の高いソープを使用すると、敏感肌である陰部には刺激が強すぎてトラブルを起こす可能性があります。膣に存在する、善玉菌まで殺菌してしまうこともあります。

 

まったく洗わないと不衛生ですし、恥垢(ちこう)になる原因にもなるので、やさしく丁寧にお湯で洗い流す程度で問題ありません。

 

 

3.陰部のかゆみや炎症はどう解消したらよいのか

shutterstock_520143940

予防ケアをしておく、ということはとても重要ですが「今感じているかゆみ」をどう解消したら良いのかをご紹介します。

 

かゆみ止めクリームを使用する

市販薬で有名な「フェミニーナ軟膏」は、生理ナプキンや下着によるムレによるかゆみを抑制する作用があります。かゆみの抑制成分がよく効きます。しかし、殺菌成分は多く含まれていないので細菌やカビの繁殖によるかゆみやカンジダ症などには効果は得られません。

 

かゆみがひどい場合には、皮膚科や婦人科で受診して、医師の指示のもと、軟膏を塗布の塗布や薬の服用などしてかゆみを解消しましょう。

 

かゆみなど炎症を抑えるソープを使う

デリケートゾーン専用のソープには、かゆみを予防する働きがありますが、かゆみを抑える働きがあるものもあります。いくつかの商品を口コミと一緒にご紹介します。

参考:デリケートゾーン専用ソープの口コミ人気ランキング[最新版]

LCジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウハーバルソープ

天然成分、そして弱酸性成分で構成されているのはもちろん、かゆみを抑制する成分も配合されています。また、臭いや黒ずみにも効果があるようです。

 

「おりものによるムレなどで不快感を感じていて、臭いも気になっていました。使い始めて数週間がた経つとにおいの元などがスッキリ洗い流されて、気にならなくなりました♪」

http://www.lovecosmetic.net/html/ad2/jamu_04/index.html?_bdafid=A8_jamu

 

「匂い・ムレによる痒みに悩んでいる方は1度使ってみてほしいです」

http://www.cosme.net/product/product_id/349089/review/504572144

 

デリケートゾーンの臭いや黒ずみのケアとして、使い始める方が多いようです。香りがほとんどついていないソープなので、匂い付きソープが苦手な方にはおすすめです。

LCジャムウ・ハーバルソープ公式ホームページはコチラ→

 

ロンタル ハーバル ジェルソープ

スクリーンショット 2017-02-07 16.24.29
こちらも、LCジャムウ・ハーバルソープ同様、天然成分・弱酸性成分で作られています。泡立ちが良く、さっぱりとした洗い上がりが好評です。また、黒ずみや臭い、かゆみに効果的な天然ハーブが13種類配合されている、オーガニックソープです。

 

「最初はとくに変化はみられなかったのですが、まずデリケートゾーンのかゆみがなくなりました。」

https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/126

 

「臭いだけではなく、肌へとても優しい感じで、デリケート部分のかゆみなどもだいぶ抑えられています」

https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/126

 

「このソープは泡立ちがすごくよいので、ごくごく低刺激、そしてあまりこすらなくても汚れやかゆみがしっかりとれて良いです。」

https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/126

 

「以前は肌の乾燥がひどくて、体を洗ったあとはボディクリームなしではいられなかったのに、いまは体を洗っただけでも肌がしっとりしています。」

https://www.kuchicommunity.net/kuchikomi/126

 

臭いを気にして使い始める方が多いようですが、かゆみにも効果があるようです。洗い上がりがさっぱりとしているというコメントが多いですが、保湿効果もあるようですね。

ロンタル ハーバル ジェルソープ公式ホームページはコチラ→

4.まとめ

陰部のかゆみとなる原因は、他の体の部位に比べて多いと感じたのではないでしょうか?それは、通気性の悪さや性交渉といった他の体の部位とは、使い方や位置が特異な部位であるからではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの悩みは、恥ずかしくて人に相談できずに一人で苦しい思いをしている方も多いでしょう。特に「かゆみ」となると、性感染症を疑われたり噂されたらどうしよう、と思ってしまいますよね。もちろん、性感染症であっても現在の医療では早期発見・早期治療をすれば、完治するものもあります。

 

陰部のかゆみは我慢せずに病院で受診すること、そして陰部の洗い方やソープの種類について見直して毎日の不愉快でつらいかゆみから解放されましょう!