匂う 女性

あなたはデリケートゾーンのニオイを気にしたことがありますか?
密かに陰部の臭いを気にしている女性って、実は意外と多いのです。

 

女性の陰部はとても複雑な構造をしているため、ケアが難しいのです。

それに加えて、排泄物や月経時の経血、おりものの分泌などたくさんの排出物で汚れやすく、更に下着やパンストのおかげで蒸れる蒸れる!

これで「臭わない」という方が無理な気がしませんか?

 

しかも、さすがデリケートと名がつくだけに、どんなに親しい関係であっても気軽に「私のアソコって臭う?」なんて気軽に聞いたりすることなんてできませんよね。

陰部の臭いは、女性にとっては実にアンタッチャブルな話題なのです。

臭いが気になって性関係も困るポイントに

また、女性のデリケートゾーンのニオイが原因で性に積極的になれない人も多いのも事実。

 

例えば、大好きな彼とベッドでイチャイチャ…とても幸せな時間です。
もし予め予想ができていれば、デリケートゾーンのケアに気を取られることなく、余裕を持って彼と過ごす時間を楽しむことができるでしょう。

 

でも、突然求められたら??

積極的に過ごせる女性はそういないのではないのでしょうか。

 

デリケートゾーンのニオイを気にするあまり、彼との関係がぎくしゃくしてしまったら…とても残念なことですよね。

性関係だけでなく、臭いがすることはあまりいいことではありません。
この記事で徹底的に原因と改善方法を紹介していますので参考してください。

デリケートゾーンはそもそもどんな臭い?

チーズのような臭い

デリケートゾーンが臭うのは、ある意味で自然現象とも言えるので個人差がある…と言ってしまえばそれまでですが、初潮を迎えたかどうか、年齢、人種、食べ物によって異なると言われています。

 

そのため、どの臭いが普通であるといった基準もありません。

しかし、いつもより臭いが強いおりものや恥垢の臭いや色、状態などによっては何らかの病気のサインであることも考えられます。

普段の自分の状態を知っておくことが大切です。

生臭い?イカ臭い?チーズ臭?

女性のデリケートゾーンの臭いは、チーズの臭いに例えられることが多くあるようです。しかし普通にお手入れをしていれば、余程強い臭いがしない限り基本的には他人に気づかれることはありません。

 

ただ、女性器からの分泌物である、おりもの。
または小陰唇と大陰唇との間に恥垢と言われる垢が溜まっている時など、上記のようにチーズに形容されるような臭いがすることがあります。

 

また、下着やパンストの締め付けで蒸れるなどして、脇と同じく「アポクリン腺」から臭いがすることもあり、その状態は俗に「裾腋臭(すそワキガ)」と呼ばれています。

改めて見ていきましょう。

臭いの原因は何?

なんで?

原因1:排泄をした際に、きちんと拭けておらず臭いが残っている

女性の陰部には小陰唇と大陰唇と呼ばれるひだがあるため、排泄後は丁寧に拭き取り、清潔を保つ必要があります

年齢が幼いと丁寧に拭くことができないために、排泄物が下着につくことがあり、それが臭いの原因になっていることもよくあるようです。

原因2:垢

ちゃんと洗っているつもりでも、女性の陰部は複雑なつくりをしています。

指の股まで洗うように、爪の間までキレイにするように、陰部も細部まで洗えていますか?

 

シャワーで流すだけだと陰部の垢「恥垢」は落ちていないかも知れません。

 

「恥垢」とは、尿やおりものなどの分泌物、汗などが固まってできる陰部の垢のこと。

 

そんな汚れを放っておいたら、におう原因になることは想像にかたくありませんよね…。

においがするだけならまだしも、病気になってしまうこともあるのです。

原因3:デリケートゾーンが蒸れる

陰部はとても汗をかきやすいのですが、それが常に下着で覆われているため、非常に蒸れやすく雑菌が発生しやすいと言われています。

 

この雑菌が臭いの原因となっているのです。

下着に加えてパンストを履く機会の多い方はますます蒸れやすくなり、臭いを自覚している方も少なくないでしょう。

 

後ほどデリケートゾーンの蒸れ対策についてもご紹介していきます。

原因4:体質

上で話した「アポクリン汗腺」は、生まれたときから数が決まっています。

多い人もいれば、少ない人もいるのです。

「ワキガ体質」の人は、アポクリン汗腺が多い人。

 

この体質は遺伝することもあります。

もし家族にワキガ体質の人がいたとしたら、要注意です。

 

原因5:月経時の経血やおりものなど分泌物

おりものは女性にとって不快でしかないですね。

下着が汚れて気持ち悪いし、においが強い時もあります。

これって異常なのかな、、と心配になってしまいます。

おりものが正常な場合と異常な場合

ですが、生理前のおりもののにおいが酸っぱいのは、普通のことです。

そもそもおりものとは、膣内あるいは子宮内から分泌されるものと、汗や皮脂が混ざりあったもの。

 

決して汚いものではなく、むしろ女性を守ってくれている大事なものです。

生理前は特に雑菌や細菌が入り込まないよう酸性が強くなるため、おりもののにおいも酸っぱくなってしまうのです。

 

おりものが多いから汚いと思って陰部を洗い流しすぎると、守る力も弱くなりにおいの元になりかねません。

ただし、おりものが生臭い、腐ったような鼻につくにおいが強くなった場合、病気が疑われます。

においの種類についても少し意識してみる必要がありそうです。

 

経血は独特の生臭い臭いを発します。
しかし、それはある意味仕方のないこと。ここで重要なのは、おりものの臭いです。

 

おりものは基本的には無臭であることが多いと言われています。

それが臭いを発しているとなると、ホルモンバランスの乱れや性病の感染などが心配されます。冒頭でも述べたように、普段のおりものの状態を観察しておくことは非常に大切なことです。

原因6:免疫力の低下

免疫力が低下したら風邪をひく、、だけではないんです。

 

陰部のにおいにも関係が!

おりものには雑菌が繁殖しないようにする自浄作用という役割がありますが、体調が悪かったりストレスが溜まっていたりするとその力が弱まってしまいます。

 

するとにおいやすくなったり、細菌が膣内に侵入して病気を引き起こしたり。

陰部のにおいは「無理しすぎないで!」と、自分の体からの警鐘とも言えるんですね。

原因7:食べ物

動物性脂肪や動物性たんぱく質を多くとる人はにおいがきつくなる傾向があります。

それらの食べ物が、陰部にある「アポクリン汗腺」を活発にするためです。

アポクリン汗腺はわきの下や胸、陰部や肛門などにあります。

 

本来アポクリン汗腺から出るにおいはフェロモンで、性的な意味がありました。

でもそのにおいが強くなるいわゆる「ワキガ」は「くさい…」と評価されてしまいますよね。。

 

陰部にもあるアポクリン汗腺から出る汗がにおう原因になるのが、動物性脂肪、動物性たんぱく質、油っぽい食事、インスタントラーメンなどの偏った食生活。

 

脂肪分やたんぱく質を含むアポクリン汗腺の汗が酸化してにおいを発し、またそれを餌に雑菌が繁殖して多くの女性を悩ませることとなります。

 

原因8:ストレス

ストレスにより膣の自浄作用が下がると、清潔な状態を保ちづらくなってきて結果、臭いが出やすくなります。

 

原因8:病気

においが強くなる病気とは、どんな病気が考えられるでしょう。

○トリコモナス膣炎
男性が持っているトリコモナス原虫という微生物が膣に侵入して起こる病気です。

男性にはほとんど症状は出ないのですが、女性に侵入した時に痛み、かゆみ、強烈なにおいが発生します。

 

この時のおりものが、黄色っぽく泡状で、魚の腐ったような生臭いにおいがします。

 

○細菌性膣症
免疫力の低下や、ホルモンバランスの乱れ、洗いすぎによる自浄作用の低下で起こります。

大腸菌やブドウ球菌などの菌が膣に入り込んで起こる炎症で、おりものは白から黄色の膿のような色で水っぽく、これも魚のような生臭いにおいがします。

 

○子宮頸がん
膣から子宮に続く子宮頚部にできるがんで、膿として色のついたおりものが出てくることがあります。

血が混じったような褐色あるいは緑がかったおりもので、魚の腐ったようなにおいがします。

いずれの場合も、自己判断は危険ですのでおりものの色、においに異常を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。

陰部の臭い対策は?

まずはちゃんと洗う。コレ基本です

女性の陰部は複雑な構造をしているため、毎日のお風呂で丁寧に洗うことが大切です。

ただ、普通の石鹸での洗い過ぎには注意する必要があるのです。

 

実は、健康な状態の膣内は強い酸性に保たれおり、細菌などの侵入や感染から体を守ってくれています。これを自浄作用といいます。自分で自分を守っているんですね。

 

ところが、石鹼やボディーソープなどでデリケートゾーンや膣を洗い過ぎてしまうと、強酸性に保たれていた膣内のバランスが崩れ、自浄作用が弱まってしまうのです。

 

そのような状態になると、デリケートゾーンから細菌の侵入し、感染症にかかってしまうことになる場合があります。感染症にかかってしまった陰部は、おりものや恥垢から強い臭いを発します。

 

ベストはデリケートゾーンの専用石鹸を使ってキレイに洗うこと。
それだけで臭いは驚くほど解決します。

 

実はこれで
「今までの悩みがウソみたい」

という人が多くいます。

 

病気などを疑う前に、まずは専用ソープで洗ってみましょう。

月経時の経血やおりものにはビデが有効

ウォシュレット
最近のトイレはウォシュレット機能がついているものが多いですよね。

月経時の経血はとても気持ちの悪いものです。特に会議が長引いたりしてこまめにナプキンを替えることができないなんて時は最悪。

 

でも、そんな時心強い味方になってくれるのがウォシュレットのビデ機能なのです。じめじめ湿った陰部をすっきり洗い流してリセットしましょう。

 

しかし、中には公共のトイレのウォシュレットを使うことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。そんなときは携帯用のビデがおすすめです。

ドラッグストアなどで安価で購入することができるので、上手に取り入れてみてください。

 

ただし、洗い過ぎには注意しなければいけません。次の項目で詳しくご紹介していきます。

下着選びにこだわってみよう!

下着選び
デリケートゾーンの臭いの主な原因は「蒸れ」にあり!と上記しました。

 

蒸れの改善に大いに力を発揮する工夫があります。
それは、ずばり「通気性の良いショーツを選ぶ」ということです。大手のランジェリーメーカーが出しているお高いものから、お財布に優しいプチプラなものまで。

 

豊富な種類の下着が店頭に並んでいますが、ついついデザイン重視で下着を選んでいませんか?デザインも勿論大切です。でも、ここはまずお財布と相談しながら、素材を重視して下着選びをしてみましょう。

 

さて、通気性が良い素材というと綿やコットンなどが思いつく方が多いのではないでしょうか?

 

確かに綿やコットンは通気性も良く吸湿性が高いのでデリケートゾーンを快適に包んでくれます。
デザインも可愛らしいイメージですし、値段もお手頃なものが多いので、女性にとって強い味方になってくれそうですよね!

 

ただ、少し欲を言うとセクシーさに欠けるというか…。ここでご紹介したいのが、シルク素材のショーツです。天然素材であるシルクは通気性、吸湿性に優れているのは勿論、夏は涼しく冬は暖かくといったように、腹部も守ってくれるなど機能性が抜群です。

 

そして、シルクの下着というと独特の光沢感からも高級感が感じられて、シンプルなデザインでも、身に着ける女性を魅力的に演出してくれるような気がします。

 

また、パンストも通気性を重視した商品が多く出ています。こちらもまた蒸れ対策の強い味方になってくれそうです。そして、通気性にはパンツスタイルよりスカートの方がより効果があります。ご自身に合った下着やパンストの素材を見つけて、蒸れの改善を工夫してみてくださいね。

陰部のにおい対策1.洗い方

体洗う
自分ではちょっと気づきにくいにおい。

女性のエチケットとしてにおい対策、実践していきましょう。

 

まずは洗い方から。

洗う時にはいくつかポイントがあります。

○指の腹で優しく
皮膚が薄く粘膜が多い陰部を洗う時は爪を立てたり力強く擦ったり、またナイロンタオルなどを使ってはいけません。

指で皮の間をなぞるようにして、垢のたまりがちな隙間を丁寧に洗いましょう。

 

○泡で洗う
石鹸は十分に泡立てて、泡を使って洗うこと。

直接指で擦らないためにも泡立てネットを使いましょう。

 

○前から後ろへ
肛門付近には大腸菌などの細菌がいます。

それらが膣に侵入することのないよう、前から後ろの方へ洗うようにしましょう。

 

○毛もよく洗うこと
意外と見落としがちなのがアンダーヘア。

おりものや、皮脂や汗がついてそこで雑菌が繁殖しているということもあります。

泡立てた専用石鹸でアンダーヘアもしっかり洗うようにしましょう。

 

陰部のにおい対策2.清潔を保つ

雑菌が繁殖しないよう、清潔にするのが一番大事!

とは言え、何度も洗うのは良くないということもわかりました。

 

ではどうしたらいいのかと言うと…

○ナプキンを利用しよう
生理中はもちろんナプキンをこまめに替えること。

おりものが多い日には、おりものシートを利用してこまめに替えるようにしましょう。

 

○通気性のいい下着をつける
蒸れて汗や皮脂が出やすくなっているとにおいが発生しやすいので、においが気になる季節は通気性のいい綿などの素材に変えてみてください。

 

○締めつけすぎない服を選ぼう
生理中、おりものが多い日などはタイトなボトムスを避けるのが無難。

運動をする時など汗をかくことが予想される日には通気性を優先させましょう。

 

陰部のにおい対策3.生活を見直そう

体臭は食べ物と大きく関わっています。

動物性脂肪などにおいが強くなる食べ物を減らして、抗酸化作用のある緑黄色野菜や果物をとること。

 

淡色野菜や海藻類から食物繊維を多くとって腸を整えること。

梅干しや黒酢などのクエン酸は消臭効果があり、体臭にも効果があります。

また、純ココアに含まれるリグニンという成分もにおいを消すのに一役買ってくれます。

 

アポクリン汗腺が多い体質の人も、食生活を見直してみることでにおいを抑えることができます。

免疫力を高める生活習慣も大事です。

 

・毎日のサイクルを整えること。

・よく寝ること。

・ストレスを溜めすぎないこと。

 

これらを心がけることで、陰部を雑菌や細菌から守る力を高めることもできるのです。

デリケートゾーン 臭い 対策ランキング

ただいま選定中です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?どんなに親しい間柄でもなかなか相談しづらいデリケートソーンの悩み。自分自身の性器をじっくり見たことがないという女性も少なくないと思います。

 

日本では、性に対してまだまだタブー視されているところが多く、陰部に興味を持つことイコールいやらしいことだと誤解されるようなこともあるのではないでしょうか?

 

でも、自分自身の身体の一部です。知っておいて損はない!

というより、知っていて当たり前。普段から自分の性器の状態や分泌物の色や形状、そして今回のテーマであったニオイを知っておくことは、ホルモンバランスの乱れや性感染症の早期発見など、自分自身を守ることにも繋ることでしょう。