角栓の悩みは皮膚の専門である、皮膚科でドクターに相談をすることです。

表帯を診察した上で、その人の肌悩みに適した医薬品を処方してくれます。

皮膚科での処方薬について

角栓などの悩みであれば、ホームケアできるタイプの外用薬の処方は、よくあるパターンです。

黒ずみの処方薬

処方薬:レチノイン

皮膚科では、ビタミンAの一種でもある、レチノイン酸などはよく処方されるものです。

日本国内の医療機関よりも、アメリカなどの海外の医療機関の方が、皮膚治療に積極的に処方をしています。

海外においての処方ですが、肌悩み、シミとかシワ、それからニキビなどの治療のためにも、一般的に処方がされているものです。

黒ずみ病院の処方薬を飲む女性

FDAより許可を受けているものであり、皮膚のアンチエイジングのためにも役立っています。

レチノインを使うことでの、皮膚に対する作用は、時間をかけて変化をしていきます。

レチノインの働き

不要な古い角質を自然には出しやすくして、表皮に存在する細胞を活発に分裂させ、さらに増殖させます。
これにより、新しい若々しい皮膚の再生を促進させることになります。

どれくらいの期間かの目安ですが、約2週間ほどで表皮は新しく置き換えられることになります。

それから、過剰すぎる皮脂腺の働きをセーブさせる作用も働いて、必要以上に出ていた皮脂の分泌を抑えることにもなります。
さらには真皮層においてもコラーゲンの分泌をパワーアップさせてくれます。

長期的に見たときには、皮膚には若わかしい張りが出てきますし、年齢とともに気になり始める小じわなどの改善をもたらすことにもなります。

角栓対策をしみずみずしい肌の女性

表皮内に存在しているヒアルロン酸の粘液性物質が、これまでよりも多く分泌するようにもなります。

ですから、肌は良い状態を維持しやすくなりますし、皮膚はみずみずしくあることができます。

肌のコンディションがよいと、肌サイクルは順調になります。
無駄に角栓ができることもなくなってきますし、毛穴に詰まっていたものは、ターンオーバーによって消え去っていきます。

肌のターンオーバーが順調で、真皮層にもうるおい成分がたっぷりとある状態は、肌トラブルを起こしにくくもあります。

シナールを処方

黒ずみにアプローチするシナール

内服薬では、ビタミンCのシナールなどは、よく処方されます。

皮膚に関する悩み改善ですから、内側からのケアも大切なものです。

処方薬:シナール

ビタミンCの栄養成分というのは、シミとか色素沈着を防具作用もあります。

それに、皮膚には弾力やハリが必要ですが、それに必要なコラーゲンの生成を積極的に合成させる作用も働きます。

その他にもビタミンCというのは、抗ストレスホルモンを合成しますから、体内において抵抗力を高めることにもなります。

これにより、人間の体内における免疫のシステムを正常にしたりもします。

シナールを処方された場合ですが、これにはパントテン酸が配合されています。
ですからコラーゲン生成をサポートしますし、脂質や糖分、そしてたん白質の代謝にも関連してきます。

そうすることで、肌を清浄で良い状態に保つことになります。