毛穴が広がって見える嫌な肌トラブルでもある角栓、何となく汚れがつまっていて汚らしいイメージを与えてしまいますよね。
そのまま放置していると、毛穴が広がって元に戻らなくなってしまったり、ニキビに進行してしまうこともあるので、できるだけ早めに綺麗に除去したいものです。

炎症を起こさないためのケア

鼻の黒ずみを鏡で気にする女性

角栓は、皮脂やたんぱく質などが毛穴につまってしまっている状態ですが、先端が白っぽく見えるときは、まだまだつまり始めの初期段階です。
角栓自体もそれほど硬くはなく、適切な処置を行えば力をそれほど加えなくても自然に取り去ることができます。
しかしさらに時間が経ち、先端部分が空気に触れて酸化してしまうと、白っぽかったものが茶色くなり、やがては黒いほくろのような状態になり、触るとボコッと感じるほど硬くなってしまっている場合があります。
このまま放置していると、どんどん毛穴は広がってしまうので、この黒ニキビの段階に進行するまでに、つまりを取り去ってしまうのが理想的です。

専用器具でケア

黒ずみケア用品が売っているドラッグストア毛穴つまりを取り去るには、専用の器具を使ったり、肌に吸着成分を貼りつけて引きはがすという方法がありますが、後者はお肌の薄い人や乾燥しがちな人にはかなりダメージが強くなってしまうので、あまりお勧め出来ません。
しかし、広範囲の毛穴つまりを取る時には一気に出来て便利なので、使用する場合には一か月に一回程度に抑えておくようにしましょう。
専用の器具は、アクネプッシャーと呼ばれているもので、ドラッグストアやボディショップで扱われています。
軽く力を入れるだけで、角栓が毛穴から押し出されるような仕組みとなっているので、一本あれば念入りな肌ケアができるので便利です。

アクネプッシャーの使用方法

黒ずみのケアポイントを話す女性

毛穴をホットタオルなどで十分に開かせ、角栓自体を柔らかくしてから、しっかりと消毒したアクネプッシャーで押し出しましょう。
最後まで一気に出切るときもありますが、長い角栓だと、途中まで飛びだす感じになるので、そんなときは毛抜きやピンセットがあればそれで引き抜く方が、肌へのダメージが抑えられます。
この時もピンセットなどは消毒したものを使うようにすることが大切で、万が一毛穴から雑菌が入ってしまえば、炎症などの皮膚トラブルを起こしてしまう危険性もあるので、十分注意をするようにしましょう。

そして毛穴つまりを出した後のケアも重要なポイントで、開いてしまっている毛穴をしっかりと閉じさせなければ、そこからばい菌が入って炎症することがあるので、すぐに冷却ケアを行い、保湿成分をたっぷりと与えてあげましょう
寝る前の黒ずみケアで快眠の女性

コットンに手持ちの化粧水をたっぷりと含ませたものを、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、処理後の毛穴にすぐに当ててあげましょう。
何度がコットンを取り変えられるように、冷却パックは多めに用意しておきましょう。
十分冷やせたら、保湿ローションを再度塗り、クリームで潤いを閉じ込めて、そのままお肌を安静に休めてあげましょう。すぐにメイクはしない方が良いので、このケアは寝る前に行うのがベストです