顔の肌のくすみは、見た目を一気に老けた印象にします。
顔の肌に限らず、肌のくすみや黒ずみは、見た目にはマイナスの印象を与えるため、改善をしていくことが必要です。

くすみや肌が黒ずんで見えてしまうのは、肌のターンオーバーの乱れも関連しています。
一般的なことで言えば、年齢を重ねるごとに、人間の皮膚はくすみがちになり、黒ずんでもきます。
特に女性の場合は、体内におけるホルモンバランスの乱れも関わってくるためです。

肘の黒ずみに悩む女性

動作として肘や膝などは動かす機会も多く、皮膚の角質は固くなりやすいため、色にも明るさが消えていきます。
バストトップや、デリケートゾーンの黒ずんだ上地も、気にする人は少なくはありません。
バストやデリケートゾーンのような皮膚が薄くて繊細な場所は、衣類等とも摩擦もあり、皮膚の色は黒っぽくなりがちです。

黒ずみに効果的な成分の食べ物とは!?

人間の肌は、一定のサイクルを繰り返しています。
肌への透明感を求めるのであれば、食べ物の栄養成分にも注目してみましょう。
くすみや黒ずみを解消していくために、心強くサポートしてくれる食べ物を日常的に口にしていくことが重要です。

美白・美肌にはビタミンC

黒ずみ対策にはビタミンCを含む赤ピーマン

美白効果や美肌にも良いとして、美容に欠かせないのはビタミンCです。
この成分はくすみなど、シミができる原因となるメラニン色素が、過剰に増えてしまうのを抑える作用があります。
体内における酸化から、大事な肌を守りますのでシミやソバカスといった、肌に現れやすいトラブルの防止にもなります。
真皮層でのコラーゲン生成を促進させますから、皮膚のハリや弾力も向上させます。
食材でビタミンCといえば、やはりレモンと思い浮かべるでしょう。クエン酸を含みますから、不服なった角質も除去しますので、肌にとても良い食材です。他にもビタミンCが豊富な食材はたくさんあります。

・赤ピーマン・黄ピーマン・ゆず・パセリ・ブロッコリー・ゴーヤ・キャベツ・カリフラワー・キウイ・いちご・アセロラ・のり

 

ダイエット中はタンパク質

黒ずみ対策にはたんぱく質を含んだ卵

健やかなヒスを形成していくために、良質なたんぱく質を食べることも大事なことです。
ダイエットのときに、野菜類ばかりを食べていると、体重は落ちたとしても肌状態はイマイチです。それは、タンパク質が肌も体も、基礎的な部分を構成しているためです。必須アミノ酸を豊富に含む動物性タンパク質は、皮膚を良い状態へと導いてくれます。

・魚介類や肉類・たまごや乳製品・納豆や豆腐といった、大豆食品

 

生理中には鉄分

黒ずみ対策には鉄分を含むプルーン

鉄分が体内に足りなくなると、肌のくすみや黒ずみの原因となりやすいためです。
女性には毎月の月経があり、鉄分も失われやすいので鉄分を含む食材も、意識的にメニューに取り入れることが重要です。
1度に過剰に食べるのではなく、適量を食べることです。鉄分は酸素を体の全体に運んでくれますし、貧血防止にもなるので、食材から摂取することです。

・プルーン・ひじきや牡蠣やあさり・小松菜・レバーや赤身肉・マグロ

食事によって肌に変化が訪れるのには時間がかかりますが、内側から改善していくことはとても重要です。