毛穴に皮脂などが詰まってしまい、取れないままでいると、毛穴が広がって見えるのでとても気になります。

角栓はニキビの初期段階とも言われているので、それ以上進行させないためにも、できるだけ早い段階で取ってしまうことをお勧めします。

角栓はふやかして取る!

お湯で毛穴をふやかす

角栓は時間がたてばたつほど、肌表面に出ている部分は空気に触れて酸化し、茶色や黒に変色し、硬くなってしまいます

その状態で長期間放置したままにしておくと、角栓を取り除いたところで、皮膚にはぽっかりと穴が開いたままになってしまうので、できるだけ硬くなってしまわないうちに除去しましょう。

ふやかす方法

角栓を取るケアにおいては、まず下準備が必要で、ホットタオルなどでふやかすか、湯船にじっくりと浸かって、毛穴を開かせ、皮脂つまり自体をふやかす作業を行いましょう。

固まったままのつまりを、締まった毛穴から取りだすのはかなり難しく、無理やり行えば、皮膚を傷付けてしまうことにもつながりかねません。

そうすると内出血から色素沈着を起こしてしまったり、雑菌などが入れば炎症を起こしてしまいます。

皮脂つまりよりも、格段に目立つ肌トラブルへと悪化してしまうので、そういった事態に陥いらないようにするためにも、手間を惜しまず下準備はきちんと行いましょう

黒ずみアイテムホットタオル

角栓がふやけると、強い力を入れなくても取れやすくなり、肌への負担が極力抑えられます。

綺麗に除去するコツとしては、まずはつまり自体を柔らかくするということで、これに加えて毛穴も十分に開かせておくことが鉄則です。

角栓がふやけると、先端が毛穴から少し飛びだす状態になるので、ピンセットや毛抜きがあればつまんで引きだしましょう。

ふやかしても取れない場合

ふやかしても毛穴から出ていない場合は、アクネプッシャーという専用の器具を使って、つまりを起こしている毛穴の周りを圧迫すれば、柔らかくなったつまりは自然と押し出されます。

全部出切らない場合にも、同様に、ピンセットで引き抜いてあげれば、最後まで綺麗に抜けます。

ふやかした後のケア

毛穴を冷やして黒ずみケア

この処置が終わった後は、すぐに毛穴を引き締めるケアを行うことが大切で、まずは開いた毛穴を水やぬるま湯で消毒し、清潔なタオルで水分を吸い取ったら、冷却パックを行います。

普段使っている保湿ローションをコットンに含ませ、冷蔵庫で冷やして準備をしておきましょう。

十分に毛穴を引き締めるように保湿パックを行い、潤いを閉じ込めた後は、極力指先などで触れないように心がけましょう。

指先はどれだけ清潔にしていても、雑菌だらけです。
開いた毛穴は急には閉じないので、極力刺激を与えないように扱うことが大切です。

その為、つまりを取り除いた後にメイクをするのはあまりお勧めできないので、この処置は夜寝る前に行うのがベストです。

お風呂あがりに黒ずみがなくなる女性

保湿成分を十分に与えられた毛穴は、お肌の奥からふっくらと持ちあがってくるので、自然と朝には引き締まり、つまりを起こさなくなります。

こういった処置前後のケアをしっかりと行うと、その後の肌状態も美しく蘇ります。