毛穴に詰まった頑固な角栓は、酸化すると表面が黒く変色して黒いブツブツとなってしまいます。

特に、鼻にできる黒いブツブツができると、鼻がいちごのように見えることから「イチゴ鼻」とも呼ばれています。

ちょっとかわいらしいネーミングでもありますが、イチゴ鼻になってしまうとやはり不潔な印象を周囲に与えてしまいますし、なんとかして解消したいものです。

角栓には超音波機器がおすすめ!

間違って黒ずみ対策をしていて驚く女性

角栓は毛穴に皮脂と皮膚表面から剥がれ落ちる角質が混ざり合って固まったものなので、普通の洗顔では簡単には落とせない厄介な代物です。

何故おすすめなのか?

現在では、毛穴パックやピーリング洗顔料などの毛穴の皮脂や汚れを根こそぎ取り除く毛穴対策グッズも増えていますが、これらの方法は皮膚への刺激が強いものなので、頻繁に行なうことができません。

特に、敏感肌の方の場合は刺激が強すぎてかえって肌トラブルを誘発するおそれもあるので、肌の弱い方はできるだけ肌に負担をかけない方法で対策をするべきでしょう。

現在では、こうした敏感肌で毛穴パックやピーリング洗顔料が使いにくいという方でも安心して利用できる毛穴ケア用の超音波機器(美顔器)が販売されています。
こうした製品を購入して使って対策をするのがお勧めです。

超音波機器ってどういうもの?

黒ずみ部分の超音波機器を試す女性

毛穴に詰まった角栓は脂肪とたんぱく質が混ざって凝固したものなので簡単には取り除くことはできません。

このため、ピンセットや毛抜き、毛穴パックなど使用して毛穴から強引に引っ張り出す方法で解決しようとしがちです。

しかしこういった方法では毛穴に強い摩擦が加わるので、毛穴が傷ついて炎症が起こり、ニキビのように赤くなってしまうことも少なくありません。

これに対し、超音波機器ではキレイにしたい毛穴のところにヘッドを当ててスイッチを押し、毎分1万回以上という微小な高速振動を毛穴の周囲の皮膚に加えます
そうすることにより、毛穴にガッチリと詰まって簡単には取れなくなった角栓を毛穴に余計な摩擦を生じさせずに自然に浮かせて取り除くことができるので、毛穴を傷つけずにキレイな毛穴を取り戻すことができるというわけです。

超音波機器の正しい選び方

黒ずみ対策中に隣にある花

こうした毛穴ケア用の超音波機器は、現在ではいくつかのメーカーから市販されています。

購入するときには長期間使用しても壊れない大手の電機メーカーが製造・販売する製品を選ぶのがポイントです。

大手メーカーの製品はやや高価ですが、毛穴ケアの機器は手が出ないほど高価ではなく、その分長期間使用できるので、他の角栓対策よりもランニングコストは低く抑えられるといういメリットがあります。

超音波機器の使い方

黒ずみ対策はお風呂でする女性

毛穴ケア用の超音波機器を使用するときには、まず洗顔をして皮膚表面の余分な皮脂や汚れをキレイに落とします。

その後に顔を温めて血行を良くして毛穴を開かせることで、よりスムーズに角栓を取り除くことができます。

スチーマータイプの美顔器を使用して顔を温めるのが理想です。
しかしこうした美顔器は高価なので、持っていないときには蒸しタオルを顔全体を覆うようにしてのせて3~5分程度温めるだけでも十分な効果が期待できます。

蒸しタオルは濡らして軽く絞ったタオルを500Wの電子レンジで30秒~1分程度を目安に温めれば簡単につくることができます。

なお、最近はお風呂でも使用できる防水機能がついた製品もあるので、こうした製品を購入して入浴時に使うのもお勧めです。