男女問わず悩みの種となっている角栓。
鼻の黒ずみの原因となり、気にすれば気にするほど酷くなってしまったりあっという間に所謂イチゴ鼻の状態になってしまったりします。

角栓の正しい対処法

正しい黒ずみケアを推奨する女性

なかなか治らないことで独自のケア方法を編み出して失敗する前に、正しい対処方法を学んでおきましょう。

角栓は開いた毛穴から皮脂が溜まり、硬化してしまったものです。
それが酸化し黒ずんでしまったものが所謂イチゴ鼻と呼ばれるような黒いブツブツの原因となるのです。

鼻やその付近にある毛穴になりやすく、何気なく鼻をつまんだ時に毛穴からにゅっと角栓が出てきてしまったことはないでしょうか?

角栓押し出しケア

黒ずみケアは角栓押し出すことが大切

角栓のケア用品として、このように毛穴から押し出して取り除くという商品が多々あります。

たしかにそうすれば根元からしっかりと取り除くことはできますが、毛穴がぽっかりと空いてしまい、そのまま毛穴が空いたままですとまた同じように溜まってしまいます。

それだけならまだ良いのですが、押せば押すほど力が加わり毛穴の開きが徐々に大きくなっていってしまいます。
そうすると以前よりも深刻な状態となってしまうことでしょう。

そうならないためにも、押し出すようなケアをする場合にはしっかりと毛穴をしめる作業をする必要があります。

毛穴引き締めケア

黒ずみ対策は毛穴引き締めが大事

毛穴から皮脂などを綺麗に取り出した後、ドラッグストアに売っているものや専門店などに売っているものどちらでも構わないので毛穴を引き締める化粧水を塗りましょう。

この作業をしっかりとすることが治らないものを治るものにするキーポイントとなりますので、たっぷりと使ってください。

コットンがひたひたになるように化粧水を染み込ませ、鼻やその周辺に満遍なくパッティングをし、その後保冷剤などを使って更に引き締める作業をします。
この際保冷剤は直接当ててしまうと肌のダメージへと繋がるため、タオルに包んだりして肌に直接当たらないようにします。

角栓取り出しケア

黒ずみケアは角栓を取り出すことが大切

また、角栓を無理やり取り出すという点ではこの押し出す方法と、市販の毛穴パックシートは似ています。

テープタイプや、チューブに入っているクリーム状のものなどを気になる部分につけて一気に剥がし、産毛や毛穴に詰まった汚れを取り除くものなのですが、やはりこれもそのままにしておけば毛穴は開きっぱなしになってしまいます。

先ほどのようなアフターケアをしっかりとするようにしましょう。

そしてこれらのケア方法ですが、毎日やることは避けましょう。

まとめ

毛穴に汚れは毎日貯まっていきますが、毎日取り除く必要はありません。

押し出す作業や剥がす作業を毎日することによって多大なるダメージが加わり肌を傷つけてしまうこと、そして毛穴の開きもアフターケアをしても開くようになってしまうこと、そして多少の汚れでは綺麗に取り除くことができないということなどといったデメリットばかりです。

どんなに汚れていると思っていても週に1回程度にしておきましょう。

以上のことをきちんと守ってケアをすれば、治らない角栓などありません