膝の黒ずみは普段の習慣や外部からの刺激により発生してしまいます。膝の黒ずみはどのような習慣や刺激から発生するのか、その原因と黒ずんでしまった膝のケア方法についてご紹介します。

膝の黒ずみが目立つと膝上丈のスカートやショートパンツ、ワンピースなどのファッションをしたいときに気になりますよね。コンシーラーで黒ずみを目立たなくさせたり、ストッキングを履いたりして、なるべく足をきれいに見せようと努力している女性は多いはず。そもそも、その黒ずみさえなければ素足で堂々とファッションを楽しむことができます。

膝の黒ずみをそのまま放置していると、黒ずみの色が濃くなりケアをしてもなかなか改善しにくくなる可能性があります。今回は、膝の黒ずみが起こる原因と予防、黒ずみのケア方法についてご紹介します。

1.膝の黒ずみの原因とは?メラニン色素沈着のメカニズムについて

探す

膝が黒ずんで見えたり、ガサガサした肌質になるのは、肌の代謝が悪いことでターンオーバーが正常に働かず古い角質が残り分厚くなっていること、そして紫外線や摩擦等の外部からの刺激による色素沈着が原因だといわれています。

「メラニン」という単語はシミや黒ずみに影響を及ぼすものとして認知度は高まっていますが、メラニンとは一体何者なのか?ということを知らない方も多いかもしれません。そこで、まずはメラニンとは何者なのかをご紹介します。

 

メラニンは肌トラブルや病気を防ぐ役割がある

メラニン、という単語は美容に関連付けるとネガティブなイメージを持つ方が多いでしょう。しかし、メラニンは私たちの肌を守ってくれる物質でもあるのです。

 

メラニンは、メラノサイトという表皮の基底層にある成分により生成されます。メラノサイトは、紫外線や掻きむしる等の外部からの刺激を受けるとメラニンを生成し、バリアを作って肌細胞への刺激から守ります。メラニンには、紫外線による肌細胞の破壊や皮膚がんの発生を防ぐ役割があるのです。

 

「メラニン発生」=「シミ、黒ずみ」ではない、ということです。では、メラニンが生成されることによる色素沈着はどのように起こるのでしょうか?

 

過剰にメラニンが生成され続けると色素沈着の影響になる

表皮を構成する細胞には、メラノサイトだけでなくケラチノサイトという細胞があります。外部から皮膚刺激を受けることで、メラノサイトがメラニンを生成することは前述でお伝えしましたが、そのメラニンが生成されるとケラチノサイトという細胞にメラニンが蓄積されます。

 

過剰に紫外線を浴びたり、乾燥によるかゆみで皮膚を掻き続けていると、メラノサイトが活発化しメラニンを多く生成させます。軽度な刺激あればメラニンは徐々に解消されていきますが、過度な刺激が続けられるとメラニンが解消されなくなり、メラニンがケラチノサイトに過剰に蓄積され続けることになってしまいます。これが色素沈着に繋がり、シミや黒ずみの発生となるのです。

 

2.メラニン色素沈着に影響する「刺激の原因」について

外部からの過剰な刺激が続くことで、最終的に色素沈着が起こります。紫外線や掻くなどといったことが「刺激の原因」であることはお伝えしましたが、もう少し具体的に原因を探っていきましょう。

 

「刺激の原因」は主に3つに分類することができます。3つの肌への刺激について具体的にご紹介します。

 

1.摩擦

スキニー

私たちの皮膚は常に摩擦が起こっている状態にあります。洋服、寝具、体を洗う、タオルで身体を拭く、などすべてが摩擦の要因になります。特に、スキニージーンズのような素材が硬く体を締め付けるタイプのボトムスは膝の摩擦の大きな要因の一つです。ファッションの一つとして、体にフィットする素材や形などにこだわりたい時もありますが、黒ずみ対策・改善を優先させたいのであれば、ボトムスの素材や形を見直す必要があります。

 

2.乾燥

肌が乾燥状態にあると、かゆみが発生し爪で皮膚を掻いたり、タオルでゴシゴシこすったりして皮膚に大きな刺激を与えてしまいます。

 

また、膝は体の部位の中でも皮脂腺が少なく、皮脂や汗があまり出ません。水分を閉じ込める皮脂自体も少ないので、膝は潤いが少なく刺激に弱い部位ということになります。乾燥しがちな部位でありながら、足の曲げ伸ばしをする関節部分であり、膝をついたり、足を組んだりと酷使されるので黒ずみやすい状態なのです。

 

3.日焼け(紫外線)

紫外線

紫外線による刺激については前述でもご紹介しましたが、「過剰に紫外線を受け続けている」という状態のときに、メラニン色素が蓄積されて黒ずみに繋がります。紫外線対策は主に夏に注意されていますが、一年中紫外線にさらされているということを忘れてはいけません。

 

3.膝の黒ずみ予防方法について

改善方法

膝の黒ずみの予防やケアを怠ると、「毛穴が目立つ」「黒ずみが濃くなる」など、肌の状態が悪化してしまう可能性があります。普段のちょっとしたお手入れを続けるだけで、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に働き、黒ずんだ皮膚を剥がし落として生まれたての美しい肌をキープすることができるようになります。

 

膝の黒ずみの予防方法と、黒ずんでしまった膝の改善方法についてご紹介します。

 

膝の黒ずみ予防方法

まずは、黒ずみの原因となる習慣を改善すること、そして保湿剤を使ったケアを行うようにしましょう。

 

・スキニージーンズ等の硬い素材を膝に締め付けるタイプのボトムスの見直す

・入浴時に硬めのタオルで膝をゴシゴシ洗わない、お風呂上がりのタオルでゴシゴシ拭かない

・できるだけたて膝の姿勢を取らないようにする

・強い紫外線から身を守る(日傘の使用や日焼け止めクリームを塗る)

・保湿剤を使って日々膝のお手入れをする

 

上記のことに気を付けるだけでも、黒ずみの予防に効果が期待できます。

 

4.膝の黒ずみの改善方法

黒ずみができてしまった膝は、時間をかけて根気強くケアをしていきましょう。短期間に効果を得ることは困難ですが、元のきれいな肌に整えることは可能です。

 

ケアの方法として3つ挙げられます。自分自身で行うセルフケア、エステサロンでのプロの施術、そして皮膚科への通院です。具体的なケア方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

 

セルフケア方法

黒ずみの予防・対策・改善、すべてのことに共通して行われるケアは「保湿」です。すでに黒ずんでいる膝は、潤いが不足している状態です。保湿剤を塗る、という行為もケアとして間違っていませんが、その前に古い角質をきれいに剥がすことが重要です。いくら成分の良い保湿剤を使用しても、分厚い角質のせいでその成分が肌の奥まで浸透しなければ効果があまりありません。

 

保湿剤を塗り込むというケアと同時に、古い角質を剥がしていくということも同時に進めていくことをおすすめします。そして、肌のターンオーバーが正常に働くよう環境を整えていきましょう。

 

1.「洗う」「古い角質を剥がす」「保湿する」のステップ

まずは、肌に刺激が少ないように膝を洗います。ポイントとしては、キメの細かいモコモコふわふわとした泡で優しく膝を包み込むようにして洗うということです。硬めのタオル等でゴシゴシ洗わないようにしましょう。

 

洗い上がった後は、ピーリングで古い角質を剥がしていきます。ピーリング剤を使い、やさしくポロポロと角質を落としていきます。肌が傷つくようなゴシゴシとした洗い方は控えましょう。

 

そして最後に、保湿剤を塗布します。ピーリング後は古い角質が剥がれて保湿剤の成分が肌に浸透しやすい状態になっています。自身の肌に合う保湿剤を見つけて毎日のお手入れを欠かさないようにしましょう。

 

2.黒ずみ対策用の保湿剤

黒ずみ改善の保湿剤として、尿素が配合されたクリームを使うと効果的といわれています。尿素配合成分には、角質層の表面をやわらかくして古い角質を剥がす効果があります。ピーリングに抵抗がある方は、尿素配合クリームを使うことで同じ効果が得られるのでおすすめです。

 

3.重曹を使ったケア方法

重曹

重曹は、よく掃除や料理に使われる物なので手軽に手に入れやすく、また自宅に常備している方も多いかもしれませんね。重曹は様々な分野で活躍しますが、膝の黒ずみのケアにも役立つといわれています。

重曹を使った黒ずみケアの方法についてご紹介します。

準備するもの

・食用の重曹(お掃除用の重曹よりも、食用の重曹は粒子が細かく肌に刺激が少ないため)

・水

・化粧水

・保湿クリーム

・ボール(洗面器でもOK)

手順

1.重曹を大さじ1杯、水を小さじ1杯ボールに入れて混ぜ合わせます。

2.混ぜ合わせた重曹水を黒ずみの気になる箇所に塗りつけ、やさしくマッサージします。

3.適度にマッサージし、ぬるめのお湯で洗い流します。

(※熱いお湯は皮膚に刺激を与えるので控えることをおすすめします)

4.やわらかいタオルで、肌に押しつけるようにして水分を拭き取ります。

5.水分を拭き終わったら、化粧水を浸透させ、保湿クリームを塗って潤った肌にフタをします。

 

ピーリング効果が期待でき、毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り除く働きがあります。毎日に行うと、肌に負担がかかってしまうので、重曹でのセルフケアは月に1~2回が適当です。

 

また、重曹の他にも塩マッサージという方法もあります。スクラブ性は塩の方が高いので、汚れを落とすには効果がありますが、ゴシゴシマッサージすることで肌への刺激になる恐れがあります。マッサージしてみて、ヒリヒリしたりピリピリするようなら中止しましょう。

 

皮膚科での治療

皮膚科

膝の黒ずみは、一般的にはセルフケアで十分だといわれていますが、重度の黒ずみ(あざのようになっている場合)は、専門医に診てもらうことをおすすめします。皮膚科では、膝の黒ずみ原因究明や治療を医学的な視点からアプローチしてくれます。また、保険適用であれば自己負担が少なくなります。

薬の投与により改善する場合もあるので、セルフケアだけでは不十分だと判断した場合、皮膚科に受診しましょう。

 

エステサロンでの施術

エステは高額な上、何度も通わなくてはなりませんが、美容に関するプロの施術を受けることができるので黒ずみについてなるべく早く的確に治していきたい、という気持ちが強い方はエステサロンを利用すると良いでしょう。

 

エステでの施術以外にも、毎日のセルフケアは必要です。エステだけに頼らず、自分でもできるケアは実施していくとより効果的です。

 

5.膝美人は清潔感があり好感度UP!

やったー

黒ずみがなく、滑らかな膝は清潔感を感じさせます。きちんと手入れしている、という見方もあれば肌が健康=内面も健康そうというイメージを持つ方もいます。特に女性の場合は、スカートやワンピースを着用しておしゃれを楽しむことが多く、その丈は膝丈程度かもう少し短めの丈のシルエットが人気です。

 

スタイルがよくても、膝の黒ずみがあるだけで印象の点数が下がってしまうなんてもったいない!毎日のちょっとしたお手入れを続けるだけです。もしくじけそうになったら、雑誌のモデルさんの足を見てみたり、街で足のきれいな人を見てやる気を向上させる、という手もあります。

 

黒ずみを含め、肌荒れは体内に老廃物が溜まっていたり新陳代謝が落ちていることを示しています。日々のお手入れに向き合うことで、自分自身の健康にも向き合うことにもなります。

今回ご紹介した膝の黒ずみの原因となる「刺激」の予防や改善方法を試し、きれいになっていく自分、そしてファッションも楽しんでくださいね。