毛穴の詰まりは気になりますが、これは角栓によるものです。
古くなった角質が毛穴に詰まり酸化したり、毛穴から分泌される皮脂も一緒にたまり、それが毛穴の詰まりになります。
皮膚からは皮脂が分泌されますが、過剰な分泌が起こると、毛穴が詰まりますし、肌トラブルもおこしやすくなります。
過剰な皮脂分泌が起こるのにはいろいろな原因がありますが、そのまま放置すると、新たな角栓を生み出すことになります。

ビタミンCが角栓に有効

角栓に効くビタミンC

そうならないためにも、改善と予防も兼ねて取り入れたいのがビタミンcの成分です。
ビタミンC誘導体となったタイプの化粧品を使用するのは、毛穴の詰まりを解消したり、防いでいくためにも良い方法です。

ビタミンc誘導体を含む化粧水を使用することで、過剰な皮脂の分泌が起きてしまうのを抑えてくれます。
そうなれば、無駄に毛穴に皮脂や汚れも詰まらないことになります。

これで見分ける!ビタミンC配合の化粧品

ビタミンCを含む化粧品の見分け方

ビタミンCを含む化粧品の成分表示には、さまざまな記載の仕方があります。
リン酸パルミチン酸アスコルビル3Naと記載があるものもあれば、APPSというのは目にしたこともあるかもしれません。

リン酸アスコルビン酸Naは、APSと表示されていることが多く、これも目にしたことはあるかも知れないです。
リン酸アスコルビルMgとか、テトラへキシルデカン酸アスコルビルといった成分表示もあります。

ビタミンcそのものは、とても不安定なものです。
簡単に言うと、あっという間に酸化します。
ですから、化粧水などの化粧品には、ビタミンC誘導体という形にして配合されています。

ビタミンCがとにかく肌に良いワケ

毛穴の開きは、余計に毛穴の汚れをためやすくします。
毛穴が開いてしまうのは、年齢による肌のたるみなども関係しています。
皮膚のハリをキープして、肌のたるみをお手入れしていくことは、毛穴ケアにもつながることです。

そのためには、真皮層のコラーゲンの生産量を増加させる必要があります。
コラーゲン生成のためにもビタミンcは必須となります。

コラーゲンを合成させるために、大切な酵素をビタミンCはサポートしてくれます。
たっぷりのコラーゲンが真皮層に存在すれば、弾力のある若々しい素肌になりますし、たるみの予防や、毛穴のケアにもなります。

ビタミンC配合の化粧水

サプリメントだけではなく、ビタミンCを肌から取り入れることのできる化粧品の使用は、肌にとって良い方法です。
ビタミンCは抗酸化作用もありますし、免疫力維持なども期待ができます。
空気に触れてしまえば、あっという間に酸化するという弱点はビタミンCにあるものの、そんな弱点はビタミンC誘導体となれば、すぐに酸化する弱点はなくなります。

ビタミンC誘導体となったことで、化粧品にも配合が可能となりましたし、肌にとっても良い効果をもたらすことになりました。
毎日のスキンケアでは、肌を清潔にしてから、ビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液などを使用して、お肌のケアをしていくことです。

毛穴の汚れや詰まりは、無理に取ろうとはしないで、日頃からのこうしたケアが、毛穴ケアの秘訣にもなっていきます。
ときどき、温かいタオルを肌にのせて、毛穴を開くケアをしてもいいでしょう。