女性にとって、綺麗な肌を維持するのは大切なことです。
特に顔は他人の目に留まりやすい場所でもあり、常にスベスベの最高の状態をキープしておきたいものですよね。
ところが、そんな理想を叶える上で大敵となるのが、ずばり角栓です。
間違った化粧水の使い方やNGなスキンケアをすると、ニキビの原因になってしまいます。
では、どうすればいいのでしょうか?

角栓の正体

角栓の正体

鼻やおでこなど、どうしてこうも目立つ場所にばかりできるのかというくらい、角栓は広い範囲にできてしまいます。
広範囲に及ぶブツブツを見ると、どうするものかと悩んでしまいますが、まずは角栓の正体を見ていきましょう。

角栓の主な構成物質は、約70%をタンパク質が締めています。
タンパク質とは、簡単に言えば古くなって剥がれた角質や、十分に成長できないまま脱落した角質細胞のことです。
こういったタンパク質は、クレンジングなど皮脂や油分を溶かすために作られたものでは十分に落としきれず、毎日少しずつ肌や毛穴に残っていってしまうのです。

残りカスに皮脂が混ざることによって、ねっとりとした固形物へと変化し、乾燥することで毛穴を詰まらせる角栓へと生まれ変わってしまうのです。
こんなものがたくさんできてしまったら、いったいどうすれば良いのでしょうか。

角栓のNGな対処法

NGな対処法

よくやってしまいがちなのが、鼻パックで一気に剥ぎ取ったり、毛抜きでつまんで引っこ抜くというお手入れ方法です。
ところがこれは、非常にまずいやり方なのです。

実は力任せに無理やり抜いてしまうと、その際毛穴に大きなダメージを与えています。
お風呂に入ったり、蒸しタオルで顔を温めるなどでして毛穴を開かせた状態で行う分には良いのですが、閉じている状態のまま行うと、毛穴の奥から無理やり押し広げて出てきてしまいます。

こうなると毛穴がますます広がってしまい、繰り返すうちにイチゴ鼻などと呼ばれるブツブツした鼻になってしまうのです。
爪で押し出したり、爪楊枝でほじくるのも論外です。
一気に取り除いてしまえば、毛穴がぽっかりと開いてしまい、汚れや角質が溜まりやすくなってしまいます。
さて、ではどうするのが正しいお手入れ方法なのでしょうか。

角栓の正しい対処法

角栓の正しい対処

基本的には、特別な美容品を使うのではなく、毎日の洗顔で改善することも十分可能です。
まずどうするかというと、洗顔前に蒸しタオルなどで顔を温め、十分毛穴を開かせます。
蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど加熱すれば簡単にできるので、意外と手軽です。

その後、泡立てた洗顔フォームをそっと顔に乗せ、泡で優しく洗いましょう。
落ちるべき角栓はこれだけで泡にくっついてスルリと取れるので、無理に擦ったりする必要はありません。

また、洗顔以外ではオイルマッサージもおすすめです。
手で温めたオイルを患部に当て、くるくるとマッサージしていると、3分ほどでぽろっと取れてきます。
くれぐれも力を入れ過ぎないように注意してください。

どうすれば綺麗に取り除けるのか悩む人も多いでしょうが、力任せに引っこ抜いてしまうのは逆効果です。
一度に全部取ろうとするのではなく、洗顔やマッサージで優しく少しずつ改善していきましょう。