小鼻の毛穴に角栓がつまって黒ずんでいる・・・
洗顔したり化粧水を使ってもダメだと無理やり小鼻の角栓を押し出したなりますね。
しかし、それが原因で悪化したりニキビの元になってしまいます。
そこで今回は、小鼻の黒ずみ・角栓をなくす正しいスキンケアをご紹介します。

●無理やり押し出さないで●

ダメ

 

小鼻の黒ずみの原因は、毛穴に角栓が詰まっているからです。
汚れた毛穴をつめなどで押し出している方はいませんか。

小鼻の毛穴から角栓がにょろっと出てくるのを見ると気持ちがよくついつい指で押してしまったりなんてことがあります。
しかし、指で小鼻の角栓を押したりして無理に出してしまうと肌に負担がかかってしまいよくありません。

また、無理に油を出してしまった後は毛穴が開いたままになってしまい、そこにまた皮脂や汚れが付着してしまうのです。

さらに、無理に小鼻の油を押し出すと知らないうちに毛穴を傷つけてしまい、それを繰り返すことでシミのようになってしまいます。

●小鼻の角栓を押し出してはいけない理由●

 

お風呂

お風呂に入って一息。
ゆっくり鏡で自分の顔を見たときに小鼻の毛穴に角栓が詰まっていると気が付くなんてことありませんか?
お風呂上りは毛穴が開いている状態であるため、余計に小鼻の角栓が目立ってしまいます。

そして、だめだよね?と思いながらもついつい指で小鼻の毛穴を押して
角栓を出してしまうなんて経験ありませんか?
指で無理やり出すって良いことではないように感じるけれどどうしていけないのでしょうか?
肌を傷つけてしまうからでしょうか?

実は、指で小鼻の角栓を押し出すという行為そのものは、してはいけないことではないのです。
但し、無理に角栓をきつく押したり何か器具を使って無理やり出すのではなく指の腹で優しく軽く押し出して出てくるていどの『押し出し』に限ります。

押し出す

なかなか出てこないからといって器具を使って無理やり押し出したり爪を使って押しだすなど何度も同じ箇所を押したりするのは 絶対にしてはいけない行為です。
このような押し出すことを繰り返していると皮膚に傷をつけてしまい、でこぼこが治らなかったり色素沈着となって消えなくなってしまいますので注意しましょう。

また、指の腹で小鼻の角栓を軽く押し出す場合手を石鹸などで綺麗に洗ってからにしましょう。
手は、バイ菌がいっぱいいますのでもし皮膚に傷が付いた場合炎症を起こしてしまいます。

●毛穴の黒ずみケア方法●

では、普段どのようにケアすればよいのでしょう。
毛穴に入り込んでしまった小鼻の角栓をそのままにしておくとどんどん角栓がたまってきて始めは小さかった毛穴を広げることになり、時間の経過と共に酸化し黒ずんできます。
これは、毛穴の周りの皮膚にダメージを与えるだけでなく毛穴を塞ぐことになりますので、小鼻ににきびや吹き出物が出来易くなります。
これを改善するためには毛穴の角栓を定期的に掃除してあげて溜め込まないことです。

洗顔

そのためには、毎日朝晩洗顔をし、しっかり毛穴を掃除したあとは開いた毛穴を引き締め汚れがたまらないように小鼻の角栓のケアをするようにします。
セラミドが入った保湿液などはオススメです。
また、肌のターンオーバーリズムが乱れないよう生活リズムや食事などを気をつけましょう。

●蒸しタオルで角栓解決●

蒸しタオル

無理矢理油を押し出そうとはしないで蒸しタオルを使うことで小鼻の毛穴を開き毛穴の中の角栓を取り易くするのです。
濡れタオルを軽く30秒ほどチンして温めます。
そして、そのタオルを鼻の上においてしばらく放置しましょう。
すると、小鼻の毛穴が開いてきますので角栓が取れ易くなります。

そこに、クレンジング剤を使って優しくマッサージをするように汚れを落としていきましょう。
マッサージをしていくうちに皮脂が取れザラザラした感触がなくなりますので
後は綺麗にぬるま湯で洗い流しましょう。

●蒸しタオル後のケア●

スキンケア

洗い流した後のケアも大変重要です。
蒸しタオルを使って小鼻の毛穴を開きクレンジングをした後は 必ず毛穴を閉じてあげましょう。
冷やした化粧水や収れん化粧水、氷水の入った袋を鼻の上に置いてあげるだけでも小鼻の毛穴が引き締まります。
毛穴を塞ぐことでキメの細かい綺麗な肌に仕上がります。

毛穴を引き締めることは暑い夏などに汗や皮脂を出しにくくしますので、化粧もちがよくなり良いこと尽くしです。
しかし、やりすぎは逆に必要な油もうばってしまうことになりますので週1回を目安にしましょう。

●綺麗な毛穴をキープする方法●

キレイ肌

鼻の毛穴だけでなく毛穴にたまった皮脂汚れは、時間が経つにつれて肌の明るさを失うので早めにお手入れし除去したほうが良いでしょう。
特に顔は常に目につき、人は相手の顔を見て話をするので様々な種類のコンシーラーやファンデーションを使ってしたい箇所を重ね塗りしているでしょう。

自分で化粧品を使って小鼻の毛穴を詰まらせているので、必ず毎日の洗顔できれいさっぱり洗い流し毛穴の角栓を取り除き皮脂の酸化を防ぎましょう。しっかり洗い流しましょう。
毎日の生活で、疲れきって帰宅しそのままバタンとい倒れる様に寝てしまってお化粧落としていない・・・なんてことありませんか。
1回でもこのようなことをしてしまうと、毛穴につまった皮脂が酸化してしまい黒ずみの原因となってしまいます。
帰宅したら、手洗いうがい、メーク落としというリズムを作って絶対に化粧をしたまま寝てしまったなんてことはないようにしましょう。

ポイント①泡で洗顔

泡 洗顔

泡で洗顔をすると効果的です。
洗顔フォームを出して泡立てないでそのまま顔をゴシゴシなんて洗い方をしている方はいらっしゃいませんか?
これは、肌を痛めることにもなりかねます。
綺麗に小鼻の毛穴汚れを洗い流すためには泡立てネットなどを使って泡立てた石鹸でやさしく顔を洗うことです。
やさしくマッサージしながら泡で洗いましょう。

ポイント②必ず保湿

その後は、保湿を必ず行います。
洗顔後の肌は、裸と同じなのです。
必ず化粧水や乳液で保湿をし外からの刺激、乾燥から守り毛穴が皮脂につまらないようにしましょう。

おすすめ黒ずみ専用石鹸についてはこちら→