綺麗な素肌を維持するためには、こまめに毛穴のお手入れを行って、角栓が蓄積しないようにすることがとても大切になってきます。

ここでは、厄介な角栓をぽろぽろ落とすやり方をご説明します。

角栓でぼろぼろお肌になる?

毛穴の構造やターンオーバーを繰り返すことから考えて、すべての毛穴汚れを除去することは不可能です。

また、元々毛穴にたまる皮脂には外部からの雑菌や異物の侵入を防ぐ役割もあるため、必ず落とさなくてはいけないというわけではありません。

角栓で肌荒れになる

しかし長期間毛穴の中に皮脂が詰まっていると、だんだん皮脂が酸化して硬くなり角栓や黒ずみになってしまいます。

そうなると洗顔やクレンジングだけでは綺麗に除去できなくなってしまうので、効率よく角栓を除去できるお手入れを行う必要があります。

一般的に毛穴のお手入れをする場合、毛穴パックを利用する事で小鼻のお手入れをする女性は多いです。

けれど、パックを利用すると毛穴の角栓が取れるだけではなく、肌のバリア機能を伴っている表面の角質なども一緒に除去してしまいます。
すると、肌ダメージがかなり大きくなり、肌の乾燥や肌荒れを起こしてしまう危険もあるのです。

こうして角栓をぽろぽろ落とす

角栓をぽろぽろ落とす

そこで肌にダメージを与えずに角栓などの毛穴の汚れをぽろぽろ落とす方法として人気になっているのが、ピーリングジェルやオイルクレンジングを利用する方法です。

ピーリングは本来肌の古い角質をぽろぽろ落とす効果があります。
そのためにはまず、ボツボツとした毛穴に適量のピーリングジェルを塗ります。

次に、優しくマッサージを行うと、ピーリングジェルに含まれる皮膚を柔らかくする成分が毛穴の中まで浸透して角栓をぽろぽろ押し出してくれます。

こうして、軽いマッサージだけでぽろぽろとたまった汚れを落とすことが出来るのです。
オイルクレンジングも同じように使用する事で、ぽろぽろと角栓を取り出すことができます。

角栓をぽろぽろ落とした後にすること

酸化している毛穴の汚れをぽろぽろ落とした後は、どうしても毛穴が広がってしまう状態になります。
なので、そのまま放置しておくとすぐに新しい汚れが蓄積してしまいます。

毛穴のたるみの原因になりやすくなるため、毛穴の引き締めを行う事も忘れてはいけません。

化粧水で角栓予防

通常のスキンケアでは、ぬるま湯でしっかり毛穴を広げて汚れを落とした後は、化粧水でしっかりパッティングをして肌を引き締めるようにすると毛穴がだんだん引き締まっていきます。

最近では収れん作用のある化粧水なども増えてきていますので、夏場など毛穴が開きやすくなる季節でもしっかり肌の引き締めケアを行う事が出来ます。

長期的に正しいスキンケアを行う事で毛穴の開きが目立たなくなり、美しい肌を維持することが可能となります。
毛穴のトラブルを減らすためには、まずは普段のスキンケアの見直しや体の調子を整えることもとても大切です。

特に毛穴に詰まる皮脂の分泌は、肌の乾燥によって引き起こされる場合が多いです。
しっかりお肌のお手入れをしているのに毛穴が詰まりやすくて困っているという方は、普段行っているスキンケアで保湿が足りていない証拠でもあります。
そのため化粧水の後に乳液、クリームなどをしっかり行って潤いのある肌を維持することが大切です。