毛穴に目立つ角栓は、ランキングに入るような人気アイテムでお手入れをしていきましょう。
コスメランキングで、角栓や毛穴汚れを取り去るアイテムとしては、ピーリングジェルやピーリングミルクは定番で人気があります。
美容クリニックではケミカルピーリングが受けられますが、酸の濃度も高いですから医療機関でしか施術は受けられません。
でもホームケア用のピーリングジェルであれば、医療機関で取り扱う高濃度の酸ではありませんし、肌に優しく医療資格がなくても使うことができます。

角栓をなくすランキングアイテムは?

ピーリング

そもそも皮膚には新陳代謝が行われていて、それが順調なら無駄に毛穴にだって汚れが張り込みとどまりもしません。
でも新陳代謝が低下してしまえば、肌サイクルは遅くなり、毛穴には古い角質と要らなくなった皮脂がごっそりと蓄積されていきます。

すると高価なスキンケア化粧品を使っても、固くて古い角質などがガードしてしまうので、浸透は簡単にはいかなくなります。
美容成分が入らないということは、皮膚への良い効果も得られない状態になります。
そんな困った状態を、ピーリングは解決していきます。
ランキングに入るだけ効果があるのです。

ピーリングで角栓をとるコツ

英語でピーリングは、取り去るとか、皮を剥ぐという意味があります。
それだけ聞くと随分ハードなイメージも感じますが、肌に使用するのはソフトな汚れを取り去るものです。
昔から馴染みのある、毛穴や角質などをなくすケアでもあり、病院では治療でもあります。

ピーリングジェル

古くなった角質や汚れがなくなれば、毛穴は黒ずみもない、スッキリしたツルツル肌になっていきます。
ジェルタイプは10円玉くらいの大きさを手の平に取ります。
肌全体へ伸ばすコツは、優しくクルクルとリズミカルに指をなぞりながらです。

すると、毛穴の奥にしつこく残った皮脂やオフしきれなかった化粧汚れも、古い角質になったものがみるみる自然に浮き上がります。
浮き出たそのカスは、真水やぬるま湯で洗い流します。
肌にはお手入れで使ったピーリングジェルの流し忘れがないようにしっかりとすすぎます。

場所にもよりますが、毛穴パックも人気ランキングに入るアイテムです。
特に小鼻ケアに特化した商品は、昔からのランキング定番商品でもあります。
毛穴汚れをごっそりとりますから、一時的に毛穴が開きます。
そのままだと、毛穴は開いて汚れはたまりますから、そのあとでのスキンケアが大事です。

ピーリング後の1ポイントアドバイス

美容エッセンス

せっかく古い汚れも取れたのですから、開いた毛穴は引き締めておきます。
化粧水をたっぷりと付けてから、美容成分たっぷりのエッセンスも付けます。
それから保湿のクリームや乳液もつければ、毛穴はだんだん引き締まっていきますし、肌状態もしっとりとしていきます。
また、洗顔後にも化粧水や美容オイルを忘れずにつけておきましょう。

毛穴パックは頻繁にやると、皮膚へのダメージがあるので、たまにするケアがよいでしょう。
毎日のスキンケアなら、拭き取るタイプの軽い角質も取れるローションを使用するといいです。
とても人気が高まってきているアイテムで、女性が選ぶ毛穴ケアのランキングにも上位に入る製品はあります。