毎日しっかりと洗顔をしているにもかかわらず、気が付くと毛穴にびっしりと詰まっている角栓を見て、がっかりしてしまうという経験をした人も多いのではないでしょうか。
角質や汚れがたまって角質になると、クレンジングやマッサージをしても中々落ちず目立ってしまいます。
全然取れない角栓の理由はどこにあるのでしょうか。

角栓が全然取れない理由

角栓が全然取れない理由を考える女性

角栓が全然取れないと感じている人の多くに共通するのが、無理やり取り除こうとしてしまっているということです。
専用の製品を使用して無理やり抜き取ったり、ゴシゴシと肌を擦るようにして洗顔をしているから全然取れないのです。
このようなスキンケアをしていると、肌に大きな負担が掛かります。

その結果、肌トラブルを助長する結果となるのです。
また、皮脂が気になるからといって、一日に何回も洗顔を繰り返すということも避けるようにしましょう。
正しい洗顔の方法を身につけるということが、美肌を手に入れるためには大切なことです。
では、全然取れない角栓をとる正しい洗顔とはどのような方法なのでしょうか。

全然取れない角栓を落とす洗顔方法

洗顔中

まず、洗顔料を使用して顔を洗う前に、ぬるま湯で顔を洗い流すようにします。
これにより、顔の表面についている汚れや皮脂を洗い流すことが出来ます。
お湯の温度は、体温とほぼ同じ37度程度が最適です。

皮脂を洗い流したら、次に、洗顔料を使用していきます。
この時気を付けるべきことは、しっかりと泡立てるようにするということです。
市販されている泡立てネットなどを使用すると、簡単に短時間で泡立てることが出来ます。

洗顔料は汚れを落とすことを目的として作られていますから、強く擦らなくても肌の汚れを落とすことが出来ます。
たっぷりの泡を肌にのせ、泡をつぶさない程度の強さで優しく肌になじませるようにします。
そして、洗顔料を洗い流す時も、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

熱すぎるお湯を使ってしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥・皮脂の過剰分泌につながります。
前髪の生え際などは洗い残しが多いので、注意が必要です。
洗顔後の肌は、毛穴が開いている状態です。
そのままにしてしまうと、汚れが溜まってしまうため、適切なスキンケアを行なうようにしましょう。

スキンケアのコツ

冷水パック

スキンケアを行なう際に、冷水パックを行なうことにより、毛穴を引き締めることが出来ます。
保冷パックなどを使用する場合には、そのまま使用すると肌への刺激が強いため、タオルなどで包んで肌にのせるようにしましょう。

角栓は、皮脂の過剰分泌により出来ることが多いのですが、皮脂の過剰分泌の原因は肌の乾燥に由来することが多いようです。
スキンケアを行なう際には、肌の乾燥対策を万全にするようにしましょう。
化粧水を使用する場合には、それだけだと肌の乾燥を招く可能性がありますので、必ず美容液などを使用して肌が乾燥しないようにしましょう。

ただし、過度にスキンケアを行なってしまうと逆効果となってしまうこともあります。
そのような場合には肌断食がおすすめです。
過度なスキンケアを行わないことにより、肌本来の再生力を高めることが出来るというものです。
最初のうちは、肌の乾燥を感じるかもしれませんが、数日後には水分や油分のバランスが整ってきます。