毎日きちんと洗顔をしている女性や、メイクオフの為に顔のクレンジングを行っている方はかなり多いでしょう。
ですが、肌表面の汚れを落とすことが出来ても、毛穴内部に蓄積しやすい角質や皮脂、メイク汚れはしっかりお手入れしないとざらざらした角栓となって顔の毛穴を広げる原因になってしまいます。
また、角栓が溜まりやすい小鼻のざらつきが目立つようになってきます。

ざらざら小鼻の原因

ざらざら小鼻

顔にあるざらざらした毛穴のつまりは、雑菌が繁殖する絶好の場所になります。
なので、きちんとお手入れを行わないと、小鼻の角栓はどんどん大きくなり、ざらざらしたニキビや毛穴の炎症など顔の肌トラブルになる危険もあるのです。

そこで小鼻のざらつきをなくすために、直接指で顔の毛穴を押すことで角栓を除去してしまう方は多いですが絶対にやめてください。
指には多くの雑菌が付着していますので、顔の毛穴にざらざらした炎症やニキビが出来てしまう最大の原因になります。

また、力を加えて肌を押し付けることで、顔の毛穴が広がりやすくなり肌のたるみが目立つようになってしまいます。
美しい肌を維持するためには、指で無理やり小鼻のざらざらを除去する方法は絶対に避けることが大切です。
そこで、安全に顔の毛穴ケアを行う方法として人気になっているのが、ピーリングジェルを利用したマッサージです。

小鼻のざらつきはこうして消える

小鼻のざらつきをキレイにする女性

ピーリングジェルには皮膚を柔らかくする美容効果が含まれているため、優しくマッサージをすることで顔の皮膚に蓄積しているざらざらした古い角質を綺麗に除去することが出来ます。
小鼻の中の汚れもしっかり落としざらざらとした肌状態を改善することが出来るのです。

ただ冬場など冷たい水で洗顔やメイクオフを行うと、小鼻の毛穴が引き締まってしまいざらつきのある汚れを上手く除去できなくなってしまいます。
顔の毛穴を開かせて中に詰まっているざらざらした角栓を落とすためにも、洗顔前にホットタオルで顔を温めるようにすると、小鼻の毛穴が開いてざらつきのある汚れが落としやすくなりますよ。

洗い流す場合も水ではなく、ぬるま湯で優しくすすぐようにすると肌への負担を最小限に済ませることが出来ます。
またざらざら肌の原因は毛穴に詰まりやすい皮脂ですが、過剰な皮脂の分泌は肌が乾燥する事によって、潤いを保つために皮膚が通常よりも多く皮脂を分泌することで起こると言われています。

なので、普段からしっかり小鼻のお手入れをしているのに、すぐにざらつきのある皮脂が詰まってしまう悩みをお持ちの方は、まずは自分のスキンケア方法を見直すことで状況を改善させることが出来るようになります。
夏場は肌がテカリやすくなる場合もあり、保湿ケアをおざなりにしてしまう女性は多いです。

ざらつき小鼻ケアの注意点

小鼻ケアを注意する女性

しかし、肌表面は潤っているようでも内部が乾燥するざらざらしたインナードライ肌になる恐れがあります。
ですので、皮脂の過剰分泌による角栓の発生を防ぐためにも、夏場もベタつきの少ないタイプの乳液を利用する事で季節関係なく、潤いのある肌を維持するようにすることをお勧めします。

ざらつき小鼻に毛穴パックを利用している方も多いですが、肌表面の角質も一緒に除去してしまい肌へのダメージも大きいため、敏感肌の方は使用を避ける必要があります。
二週間に一度のペースで利用する事をお勧めします。