顔のセンターに位置する鼻には角栓ができるのはわかりますが、実は顔中にできる可能性はあります。
小鼻だけでも厄介なのに、顔中はありえないと思うかもしれません。
ですが顔は皮脂の分泌量が、ほかのパーツよりも比較的多い部位です。

そのため、全体的に毛穴汚れは目立ちやすくなっても、不思議ではないのです。
顔中の角栓を改善しないと、肌荒れやニキビの悪化につながります。
顔中の角栓をなくして予防をしていくためには、日々のお肌のお手入れで、正しい方法で対処をしていくことです。

顔中の角栓を消すならコレ

酵素洗顔

まずは毛穴にどっしりと詰まった、顔中の汚れや皮脂の詰まりを取り除きましょう。
毛穴の頑固な詰まりをしっかりと取り除くためには、酵素洗顔をすると良いです。
毎日のことではなく、週に1回くらいのペースでするといいです。

びくともしないような毛穴の角栓ですが、これは70%くらいがタンパク質です。
つまり、このタンパク質というのは、古くなった既にいらない角質です。
そのほかの30%は何かと言うと、多すぎた皮脂です。

タンパク質は性質的に、単純に温めたのみでは、簡単には溶けてはくれません。
ですからタオルをお湯で濡らして、温かいタオルにして肌にのせても、取り除くことができないです。
ですが酵素というのは優れており、顔中の毛穴にしつこく残った不要な角質を、酵素のパワーで分解しやすくさせる作用を働かせてくれます。

古い角質を分解するためにも、酵素洗顔は役に立ちます。
そのおかげで、毛穴に頑固に詰まってしまった顔中の角栓も、スムーズに除去しやすくなります。
市販品で入手可能な酵素洗顔料は、パウダータイプが一般的です。
いつもの洗顔料に、プラスして使うと良いです。

顔中の角栓アフターケア

肌の保湿

顔中の角栓対策として、正しい洗顔をしたら、毛穴の引き締もすることです。
毛穴をキュッと引き締めるためにすることは、顔を洗ったあとの保湿というステップです。
皮膚に水分の保水がないと、恐ろしいことに肌脂肪は縮みます。

そして、毛穴は無駄に引っ張られてしまうため開いてしまいます。
ですが一時的に開いたとしても、保水の行為を丁寧にして保湿か出来た肌は、潤いも満タンの状態となります。
そうなれば自然に、開いて目立っていた顔中の毛穴も、だんだん目立たない状態になります。
開いた毛穴は汚れも入り込みやすいですから、保水を良くして顔中の毛穴は引き締めておくことが大事です。

このひと手間で顔中の角栓を解消

化粧水を何回も付ける

潤いに満ちた肌を実現させるためには、水分量が豊富な化粧水を、とてもたっぷりと肌に入れてあげることです。
1回の塗布で終わることなく、ハンドプレスをして、何回か水分を皮膚へ取り込みましょう。
美容の栄養成分が豊富なエッセンスも、化粧水で満たしてから入れてあげます。

そのあとに使う乳液や保湿クリームは、薄く肌へ伸ばして付けるといいです。
乳液や保湿クリームは、たくさん肌へつけ過ぎる必要はありません。
ベタベタと付けすぎてしまうと、逆に毛穴を油分により詰まらせることがあるためです。
油分を含むクリームや乳液は、化粧水などの水分を蒸発させないようにするものでもあるため、過剰に付けなくても大丈夫です。