毛穴に皮脂などが詰まってしまうことによってできる角栓、そのまま放置しておくと先端部分が空気に触れて酸化し、黒っぽく見えるようになり、固いしこりのようになってしまいます。

こうなると、自然には取れなくなってしまうので、固まる前に適切な処置を行い、綺麗に詰まりを除去することが大切です。

角栓が固まる前の処置

黒ずみになる前の処置をする子供

角栓がどんどん固まると、毛穴は広がったままになってしまい、やがては詰まりを取り除くことが出来ても、毛穴が広がったままになってしまうこともあり、醜い痕となって残ってしまいます。

角栓は、詰まり始めのまだ柔らかい状態であれば、簡単に押し出せ、その後の毛穴もしっかりと閉じてくれるので、先端が白っぽく見えた段階で処置してしまいましょう

固くなってしまったら?

黒ずみに無理矢理は禁物という女性

どうしても固い場合は、アクネプッシャーなどの専用の器具を使えば、毛穴の周辺に均等に圧力を加えることが出来るので、色素沈着を起こさずに詰まりを取り除くことが出来るので、絶対に指先で絞りだすなどの危険な行為は行わないようにしましょう。

爪で引っかいたり、皮膚をつまんで絞りだす人もいますが、こういった行為を繰り返していくと、皮脂腺を刺激してしまうので、どんどん皮脂分泌が盛んとなり、取っても取ってもすぐに詰まるようになります。

そして気が付けば、毛穴も大きく目立つようになり、もう閉じなくなってしまいます。
こうなってしまうと、美容治療をもってしても、元の平らな肌には戻せなくなってしまうので、絶対に無理やり絞りだすことは止めましょう

スキンケアの見直しをしましょう

黒ずみケアは肌サイクルを考えることが大事

また、詰まってしまってからケアを行うよりも、普段から皮脂が詰まりにくい健康な肌に整えておくことも大切なことなので、角栓ができやすい人はスキンケアを見直すことも必要です。
お肌は約一か月周期でターンオーバーを行っており、肌表面のいらない角質層が、自然と剥がれ落ちるようになっています。

この肌サイクルが何らかの原因によって正常に機能しなくなると、表面の古い角質層がいつまでもいすわったままになるので、毛穴詰まりを起こしたり、その他様々な肌トラブルが現れてしまうのです。

角質層が剥がれ落ちないままになっていると、どれだけ美容成分を塗布してケアしても、肌の奥へは全く浸透してくれないので、肌トラブルは消えないままとなってしまいます。

ピーリング成分配合のスキンケアをしてみよう

黒ずみピーリングをする女性

肌のターンオーバーを正常に行えるようにすることが、毛穴詰まりをはじめあらゆる肌トラブルの原因を回避させることにもつながるので、ピーリング成分配合のスキンケアなどを使って、肌再生が正常に行えるような土台を作ってあげましょう。

ピーリングケアは、美容クリニックでも人気が高い治療ですが、コストも高く、ピリピリとした痛痒い刺激が我慢できないという方も多いです。
しかしスキンケアコスメに配合されたものであれば、それほど不快な症状はなく、穏やかに古い角質層をはがしてくれます。

特に洗顔料はお勧めで、たっぷりと泡立ててパックをしてあげると、汚れがすっきりと落とせ皮脂詰まりがなくなりニキビもできにくくなります。