顔にたくさんの角栓ができてしまった場合、白くブツブツと目立つだけでなく、あまりのかゆさに悩まされる人も多いでしょう。

頑固でなかなか無くならないばかりか、かゆみまで与えてくるなんて本当に厄介な存在です。では、このかゆみの原因は何なのでしょうか?

顔のかゆみは角栓が原因?

洗顔のしすぎで黒ずみが出来る女性

額や鼻、頬や顎など、顔のあらゆる部分に角栓はできます。
できた範囲が広いほど、あわててこまめに洗顔してブツブツを取ろうとしますよね。
しかし、1日のうちに何度も顔を洗ってしまうと、必要以上に皮脂が洗い流されてしまいます

原因は乾燥?

皮脂は、毛穴詰まりの原因なのですが、実は肌を雑菌や乾燥から保護している存在でもあるのです。
その皮脂が極端に少なくなってしまうと、肌は乾燥を防ごうと慌てて皮脂を分泌します。
こういった場合の分泌は通常よりも多量になり、ますます角栓を増やしてしまう原因となるのです。

洗顔で改善

黒ずみ対策には洗顔は1日2回と注意する女性
乾燥が進むとヒリヒリとした痛みやかゆみが出てきます。このため、洗顔は多くても朝と夜の1日2回に抑えておいた方が無難です。
洗顔フォームを使わなければ、皮脂が落ちすぎることはありません。気になる場合は、水で軽く流す程度にしておきましょう。

かと言って、毎日洗顔フォームを使わずに水でばかり洗っていると、汚れや本来落とすべき余分な皮脂が肌に残ってしまいます。
これもまた角栓の原因となり、かゆい状態を引き起こしてしまうので1日に1度は洗顔フォームを使って洗うようにしましょう。

もしブツブツした状態のままにしておくと、肌の表面に汚れが蓄積してしまいます。
かゆいからと言ってこの状態で掻いてしまうと、微細な傷から雑菌や汚れが入り込み、化膿したり炎症を起こす原因となってしまいます。

黒ずみ対策の泡だった洗顔フォーム
こうなっても洗顔フォームを使わずにいると、雑菌も汚れもますます増え悪循環に陥ってしまいます。
このような状態にならないよう、1日1度は洗顔フォームをし、他の洗顔は水で行うということを意識しておいて下さい。

このような洗顔方法を2ヶ月も続けていると、個人差はありますが肌のかゆみはかなり改善されているはずです。
洗顔フォームで洗う際も、泡で丁寧に洗うようにすれば角栓も徐々に小さくなっていきます。

この時、くれぐれもブツブツを取り去ろうとして思いっきり擦ってはいけません。無理にブツブツを引き抜けば、毛穴を異常に広げてしまい、黒ずみや新しい角栓が溜まりやすくなってしまうのです。このようなことを防ぐため、洗顔は優しく行うようにしましょう。

保湿で予防

黒ずみ対策で保湿する女性
また、洗顔後は泡を使った場合も水だけの場合も、必ず化粧水や乳液で保湿するようにして下さい。この保湿を怠ると、ますます乾燥してかゆみが出てしまいます。

もし肌があまりにかゆい場合や、ブツブツが硬く自分ではどうしようもなくなった場合には、クリニックやサロンなどで治療することも必要です。

最近では毛穴ケア専門のサロンなどもできていて、高度な技術で治療することも可能です。
費用はかかりますが、綺麗に適切なケアができる事を考えると、決して無駄ではないでしょう。

もっと詳しい角栓除去方法・おすすめアイテムはコチラ>>