アナタの股周りと股関節の黒ずみ対策できていますか?
わたしは大丈夫!なんて思っていても、ビキニラインやデリケートゾーンといった身体の思わぬか所に黒ずみができてしまいます。
主に股ずれが原因で色素沈着が起きているのです。
普段下着で隠れている黒ずみをきちんとケアするためには、まず原因を知り適切な対処をすることです。
ここでは、股ずれの悩みを内と外から解消する方法をご紹介します。

股周り・股関節の黒ずみが起こる原因

股が黒ずみ隠す女性

どうして肌の黒ずみが起こるかというと、肌の内側にはメラノサイトという物質があって、これが股ずれなどで刺激を受けるとメラニン色素を作り出してしまうのです。
そしてこのメラニン色素こそが黒ずみとなる原因なのです。
普通は肌のターンオーバー(再生化)によって垢などと一緒に落ちていくのですが、メラノサイトの働きが活発になるターンオーバーが追いつかず肌に沈着してしまうのです。
これが肌が黒ずんでしまう原因です。
他にも、刺激の大半は日光に含まれている紫外線、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの狂い、さらには加齢といった原因があります。

股関節のいわゆるビキニラインの黒ずみは、他人にはなかなか解りづらく、本人だけがとても気にしているものですが、股が黒ずんでしまう一番の原因は、下着や洋服などによる長期間の摩擦による刺激、股ずれによるものといえるでしょう。
通常、股関節の部分は常に下着のゴムの部分が触れていたり、また、ピッタリとしたスリムなパンツを履いた場合には、特に動くことで股ずれが起きやすい場所なのです。
そのため、この股ずれが常にあることで、摩擦黒皮症と呼ばれる色素沈着が起こるようになりますが、これは、深い部分にできる定着した色素のため、改善に時間がかかるようになります。
また、肌は、さまざまな刺激を受けることで、メラニンを生成したり、ターンオーバーを早めて角質層を厚くするなどの防御反応を起こしますが、角質層が厚くなる過角化と呼ぶ現象が発生することで、肌はくすんだり黒ずむようになっていきます。

■股周り・股関節の黒ずみ原因(1)衣類による股ずれ

ぴったりのジーンズで股が黒くなる女性股に限らず肌は刺激を受けると、メラニンが作られたり角質層を強化したりします。
特に股やビキニラインは、ジャストサイズのジーパンやホットパンツなどをはいていると歩いたりするたびに股ずれします。
上記にも記載したように、肌の内側でメラノサイトが発動し、メラニン色素を作り出してしまうのです。
そのため、黒ずみやシミが徐々に増えて行ってしまうのです。これは角質層が厚くなり、過角化現象が起きているということです。
股関節に黒ずみを定着させないためには、下着には肌触りがよく、天然素材でゴムのきつくないものを選び、フィットしすぎないパンツの着用を心掛けるようにしましょう。
さらに、走ったり、運動したり、自転車などに乗る時のように股関節を動かす動作を頻繁に行なう時には、なるべくビキニラインが股ずれの刺激を受けないようなゆったりとした服装を選ぶことも必要です。

■股周り・股関節の黒ずみ原因(2)かぶれや炎症

ビキニラインが黒ずむ女性そもそも肌に炎症があったりするとその部分に黒ずみが発生してくることがあります。
ニキビから黒ずみができてくる例などはその一つです。
股やビキニラインの場合、汗や生理用ナプキン、ムダ毛の処理、ニキビなどが原因で炎症が起き、痒みが起こって掻いてしまうことで起こる色素沈着で起こる黒ずみもあります。
股などに炎症が起きている場合は、まず炎症を抑えることが最優先です。
ニキビケアと肌のケアを行うために、まずは、
薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)を試してみると、きれいな肌に戻すことができます。
そこから本格的な黒ずみ対策を行うことをおすすめします。

■股周り・股関節の黒ずみ原因(3)自己処理の脱毛による炎症&刺激

黒ずみの原因となるカミソリ

股部分を自分でカミソリで自己処理をすると、肌が刺激され、(1)でも書いたように過角化が起きたりメラニンが出て来ることがあります。
毛抜きやワックス、カミソリで股を自己処理をしたときに細かい傷や毛穴を刺激してしまい、そこから黴菌が入りかぶれて毛嚢炎を起こすことがあります。
そのため、自己流の処理で炎症を悪化させないようにし、ビキニラインに肌トラブルが発生した場合には、恥ずかしがらずに、専門医の診断を受けるようにしましょう。
太ももの内側やVIO部分の脱毛をお考えであれば、VIO脱毛を行っているサロンにまずは相談してみるのが絶対に安心安全です。
参考:VIOの処理とVIO脱毛サロン情報(http://xn--vioinfo-c43fv7a4a93dydb7373mtf3b5l3d.com/

■股周り・股関節の黒ずみ原因(4)ホルモンのバランス

女性のデリケートな肌

女性の体はデリケートです。
女性の場合には、妊娠や出産、生理不順などにより、女性ホルモンのバランスが乱れることで股やビキニラインに限らず、顔や身体に色素沈着を起こすことは珍しいことではありません。
しかし、妊娠や出産では、ホルモンの分泌が元に戻ることで色素沈着も落ち着き、黒ずんだ部分も数ヶ月で自然に消失します。しかし、様々な要因で起きる黒ずみを解消させるためには、股ずれする密着したパンツ類を履かない事や、脱毛などの刺戟を避けることのほか、できてしまった色素沈着を解消させるローションやクリームなどを塗り続けることで、黒ずんだ部分が薄くなって改善に向うことが可能となります。

たとえば、股やビキニラインの黒ずんでしまった部分の治療には、漂白作用があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促進するトレチノインなどの外用薬や、シミなどの治療にも使われているビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの抗酸化作用が強い内服薬を摂ることで、身体の中からすっきりと黒ずみを解消します。
このように、黒ずみの対策には、原因を把握して、適切な対処をすることが必要で、自己流の処理で悪化させることのないよう困った時には、皮膚科を受診することをおススメします。

股周り・股関節の黒ずみ対策

黒ずみ対策を提案する女性肌を美しく保つために様々なスキンケアを行っている女性は多いですが、水着などを着用する場合内股周りに出来てしまう肌の黒ずみに悩んでいる女性は少なくありません。
内股に出来る黒ずみの大半は、肌と衣服がこすれる股ずれによって出来る色素沈着が原因だと言われています。
特に太っている場合は、下着や洋服が股部分に擦れやすく股ずれしてしまうのでどんどん黒ずみやすくなってしまうのです。
肌に出来てしまった色素沈着は薄くなるまである程度の時間がかかってしまうデメリットがありますが、肌のターンオーバーが正しく機能することで、肌が新しく再生していくので股の黒ずみを薄くすることが可能です。

美容クリームなどで股を保湿する

股の黒ずみに美容クリーム
そのためにも少しでも股部分が衣服と股ずれしないようにするために、ワセリンなどの保湿クリームを股へこまめに塗るようにしたり、股ずれしにくい素材の服装にするなど対策をとるようにすることが大切です。
最近ではアンダーヘアの処理をセルフケアで行う方が増えてきていますが、短時間でケアが可能なカミソリでアンダーヘアの処理を行う事も、肌の負担となり股の色素沈着が出来やすくなる原因となります。
またカミソリでアンダーヘアの処理を行うとムダ毛の見えている部分しか剃ることが出来ないため、時間が経つとムダ毛が目立つようになってきてしまい繰り返し何度もカミソリの刃を当てる必要が出てくるのも、黒ずみが改善しない悪循環となってしまいます。

自己処理は控える

どうしてもアンダーヘアの除毛を行いたい場合は、カミソリの使用は避けて除毛クリームの使用をお勧めします。
また、面倒な除毛ケアは止めて脱毛ケアを行いたいと思っている場合は、エステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設を利用して安全な脱毛施術を受けたり、セルフケアを行いたいと思っている場合はフラッシュ脱毛機能のある家庭用脱毛器やブラジリアンワックスを利用してお手入れをする場合が増えてきています。
特に女性に人気になっているブラジリアンワックスの特徴として、股周りなどデリケートな部位にも脱毛ケアを行えるのでリーズナブルな価格でセルフケアを行いたい場合や、肌に負担をかけずに脱毛を行いたいと思っている方に人気があります。
ただワックスを利用した脱毛は慣れない内は、勢いよくワックスシートを剥がすことが出来ない場合が多く、脱毛の際にかなりの痛みが伴ってしまう恐れがあります。

黒ずみを防ぐためのパウダー
そこで少しでも痛みを軽減させてお手入れを行い、黒ずみを防ぐためにも事前にベビーパウダーを肌にはたいておくと、ワックス剤を肌に直接塗っても肌にワックスが触れることは無く、ムダ毛だけを絡めとって脱毛することが出来るようになります。
また少しでもワックス脱毛に慣れる方法として脚や腕など比較的お手入れがしやすい場所でお手入れを行う事で脱毛のコツをつかんでから、股周りなどのアンダーヘア処理を行うようにすると上手くお手入れが出来るようになります。
脱毛や除毛を行った後は肌が敏感な状態になっていますので保湿ローションやクリームで肌を整えることも忘れてはいけません。

黒ずみ対策クリーム

早期に黒ずみを解消するには陰部に使用できるケア用品を使うことが大切です。
どうしてもメラニンの生成を抑えたり黒ずみを解消するにはケア用品が不可欠で、逆に使用するとより陰部も清潔に保たれるのでご自身に合う商品を使用することをお勧めします。
詳しい黒ずみ対策クリームのご紹介はこちらを参考にしてみてください。

ビタミンと野菜果物

また生活習慣を改めること以外にも、出来てしまった黒ずみを薄くするのも必要となってきて、メラニン色素を抑える効果のあるビタミンCを摂取するのがいいのです。
果物や野菜、無理ならスムージーを摂るのがよいでしょう。それまでコンプレックスを抱えていたのなら軽減されて、それによってストレスも減ってくれるのでメラノサイトの刺激も少なくなるのです。また健康な生活になればターンオーバーも活性化されるので、新しい肌にメラニン色素を沈着させないよう気遣う必要があるのです。


できてしまった黒ずみを薄くするためにはビタミンCを摂取することがよく、果物や野菜を生で食べるのがおすすめで、一緒に酵素もとれますので新陳代謝が促されてターンオーバーが活発になってくれるのです。
なかなか時間がなくてビタミンや野菜、果物が取れない場合はこちらのグリーンスムージーを飲む方が多く、効果も出ています。