なんとなく汚らしく見えるので、どうしても取りたくなる角栓

毛穴に皮脂つまりを起こしてしまっている状態で、そのまま放置していると、つまりの先端が酸化し、白から茶色へ、そして黒っぽく固まってしまうこともあり、こうなるとほくろのように余計に目立ってしまうので、何とかしてかき出してしまいたくなります。

しかし、ここで爪や指先で無理やり絞りだしてしまうと、角栓ができていた部分の皮膚を傷付けてしまうことにもつながり、深刻な肌トラブルへと進行してしまうと大変です。

STOP!肌が傷つき悪化する!

角栓の除去方法を注意する女性

最終的に毛穴が広がったままになってしまったり、黒ずみなどの色素沈着になってしまったり、毛穴からばい菌が入って炎症すると、皮膚がデコボコに陥没してしまうこともあります。

専用器具で丁寧に除去

黒ずみに良い美容方法

固まってしまっている角栓は、アクネプッシャーという器具を使えば、肌にダメージを与えることなく皮脂つまりを取りだせるので、ドラッグストアやボディショップで購入しておきましょう。

このアクネプッシャーを使うコツは、まず角栓を柔らかくしておくと、力をあまり入れなくてもすっととれるので、入浴後の毛穴が十分に広がったときに行うと良いです。

そして肌に対して平行に器具を置くことが大切なポイントです。

爪などで無理やり取りだして色素沈着ができてしまうのは、皮膚の一部分にだけ強い圧がかかってしまうからなので、そういったことにならないために、アクネプッシャーは先端が丸く穴が開いているので、角栓の頭がちょうど見えるように肌に平行に置き、一気に力を加えて絞りだします。

引き締めも大切

黒ずみに化粧水を入れる

そして毛穴のつまりをかきだした後は、毛穴を引き締めるケアを忘れずに行うことが大切です。

冷やした化粧水をつけたコットンでパックをしたり、ビタミンCなどの肌の引き締め効果が高い美容成分を付けるのもお勧めです。

この処置を怠ってしまうと、前述したような醜い痕残りがしやすくなってしまうので、角栓よりも深刻な肌コンプレックスを抱えてしまうことになりかねません。

また、皮脂が詰まらないような肌の状態に整えておくことも大切なことなので、お肌の水分と脂分のバランスが崩れないように、季節に関係なく保湿ケアを徹底させておくことが重要です。

お肌の水分バランスが良いと、肌のターンオーバーも正常に働くので、肌表面のいらない角質は自然と剥がれ落ちるようになります。

ターンオーバーを意識

黒ずみ角栓が治って喜ぶ女性

ターンオーバーが崩れてしまうと、表面の角質はいつまでも残ったままとなり、トラブルがなかなか改善しません

どんなに高機能な美容成分の配合された、スキンケアコスメを使ってお手入れをしても、いらない角質層に邪魔をされて、肌の奥深くまでは浸透していきません。

肌の新陳代謝がしっかりと行われることが美肌のカギとなり、若々しい肌を維持できることにもつながるので、肌再生が整うスキンケアを行うように心がけましょう。

お勧めはピーリング成分が配合されたコスメで、いらない角質層を穏やかに取り除いてくれるので、皮脂も詰まりにくくなります。