色むらのない雪のような白い素肌、女性なら誰もが羨む美肌です。
年を重ねるごとに様々な原因によって、肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、肌のくすみや黒ずみなどの色素沈着に悩まされるようになってしまいます。

黒ずみのない雪のような白い肌のウサギ

こういった色ムラがあると、お肌は綺麗には見えず、汚らしい印象を与えてしまうので、メイクなどで隠そうとしますよね。
気になるあまり厚塗りになると、余計に目立ってしまったり、年齢よりも老けこんで見えてしまいます。

お肌の黒ずみは、紫外線の影響によるものが多いですが、ニキビなどを潰すことで色素沈着を起こしてしまっていることも多く、最初は赤みから始まり、日がたつにつれて黒ずみに変化してしまっている例がとても多いといわれています。

ニキビの正しい対処法で黒ずみを防ぐ

黒ずみの原因にびっくりする指

ニキビの原因は?

ニキビや鼻の黒ずみなどでお悩みの方が多いですが、できてしまう原因には様々なことが関係しています。
ニキビができてしまうと気になって触ってしまったり自分で潰してしまう方もいらっしゃいますが、炎症を起こしたりニキビ跡になってしまうことがあるため注意するようにしましょう。
ニキビは、毛穴つまりを起こしてしまっていることが原因なので、つまっている角栓を取り除こうと爪などで潰すと、皮膚の一部分だけに強力な圧を加えることとなり、皮膚の下で内出血を起こして赤みが生じてしまいます

鼻にできてしまう黒ずみは、毛穴に角栓や汚れなどが詰まっててできてしまうことがあります。女性はメイクをするため、化粧下地やファンデーションなどの汚れをしっかりと落としてあげることが重要です。メイクをしたまま寝てしまったということがないように注意しましょう。

ニキビ跡も色素沈着をしてしまっていることがありますが、鼻の黒ずみでも古い角質の詰り以外の原因も考えられます。
ザラつきなどはないのに毛穴がポツポツと黒いと感じる場合は、シミの原因だとされているメラニンが蓄積されて黒ずみとなっているケースがあります。

クリニックでの治療

黒ずみケアをクリニックで治療角栓を取り除くことは、ニキビを悪化させないうえでは大切なことではありますが、無理やり絞りだすと、皮膚には醜い痕が残りやすくなってしまうので、できれば皮膚科で医師によって取りだしてもらうことをお勧めします。
黒ずみやくすみをなくすには、この肌サイクルが正常に機能するように働きかけることが非常に重要なので、一旦お肌をリセットするために、美容クリニックでピーリング治療トレチノイン治療を受けてみることもお勧めです。
どちらもお肌の再生作用が高まるので、一皮むけたように肌表面のいらないものがなくなり、お肌のターンオーバーが正常に働くようになります。

美容クリニックや皮膚科などでおこなわれている治療方法にケミカルピーリングがあります。
これは皮膚表面に蓄積されてしまった古い角質などを柔らかくして薄く剥がしてターンオーバーを促すという方法です。
またすでにできてしまっているメラニン色素沈着は、美容クリニックなどで受けることができるレーザー治療で改善させることができます。

セルフケア

均等に圧が加えられるアクネプッシャーで角栓を取り出す。
美容治療は高い、怖いと思う方、時間などがなくどうしても自分で改善したい場合には、皮脂つまりを起こしている毛穴の周辺に、アクネプッシャーなど均等に圧が加えられるものを使って取りだすと、色素沈着を起こさずに綺麗に角栓が取りだせます。つまりがなくなった毛穴は、そのままだと広がった状態でばい菌が入りこんでしまうので、冷やしたローションでしっかりと引き締めるなど、保湿ケアを念入りに行いましょう。ビタミンC誘導体などの美容液は、毛穴を引き締める効果が高いので、こういった成分が配合された化粧水は特にお勧めです。

普段使うスキンケアコスメにピーリング成分が配合されたものを使う
黒ずみだけに限らずシミがなかなか消えないのは、お肌のターンオーバーが正常に出来ていないことが原因で、角質層が自然と剥がれ落ちてさえいれば、肌はどんどん生まれ変わることにより、肌表面にはトラブルは目立ちません。
洗顔料や化粧水などの普段使うスキンケアコスメに、ピーリング成分が配合されたものなどを使ってお手入れをすると、毎日のケアで余計な角質層が溜まることを防げます
ザラザラとした黒ずみは毛穴に詰まった角栓や汚れが原因となっていますので、古くなった角質を取り除くためのケアが必要です。
敏感肌でケミカルピーリングには抵抗があるという方には、それほど強くないフルーツ酸などが配合されている洗顔料などを使用してみることがおすすめです。

酵素が配合されている洗顔料で毛穴に詰まった角質を分解
洗顔をする際は、手の汚れを落としてからしっかりと泡を立ててゴシゴシ摩擦を起こさないようにやさしく泡で包み込むようにして洗うことがおすすめです。
お肌をこすったり摩擦を与えてしまうとお肌の角質層にダメージがあるため、お肌は角質を厚くしようと働いてしまいます。
また、洗顔のし過ぎは必要な皮脂まで奪ってしまい皮脂分泌を活発におこなうようになってしまうため注意しましょう。
洗顔後にすぐ使う導入剤などもお勧めで、自宅でも美容クリニック並みのレベルの高いケアが行えると評判で、そのあとのコスメの浸透率が高まります。
黒ずみ対策として乾燥を防ぐためにスキンケア用品には、ヒアルロン酸やコラーゲンエラスチンなどの水溶性の保湿成分が含まれているものがおすすめされています。
毛穴に汚れが詰まったままの状態にしていると、化粧水や美容液などの保湿成分が十分に浸透していかないためお肌や毛穴を柔らかくしてターンオーバーが乱れてしまわないようにケアしていきましょう。

黒ずみ対策のため日傘をさす女性

メラニンは紫外線などの刺激によって生成されるため、外出をする場合は日焼け止めを使用したり日傘などを利用してお肌を守ってあげましょう。