ニキビのもと、とも言われている肌の角栓。
皮脂やメイク汚れなどが毛穴に詰まってしまっている状態で、最初は白く目立ちませんが、やがて先端が茶色くなり、さらに酸化が進んでいくと真っ黒に変色し、ほくろのように見えることもあります。

この状態であればニキビに発症する可能性は極めて低く、この角栓を取り除けば、肌は綺麗な状態に戻ります。
しかし黒くなってしまっている状態は、角栓自体もかなり硬くなっているので、取り除いた後の毛穴はぱっくりと広がってしまいます

白から茶色に変色した状態くらいであれば、まだそれほど硬化していないため、できるだけ酸化してしまう前に取り去りたいものです。

黒く酸化する前の対策

黒ずみ対策を使用とする女性

しかし、この角栓は素人が無理やり絞りだすと、肌には赤みなどの色素沈着ができてしまったり、傷跡となって残ってしまうので、爪などで絞りだすことは絶対に避けましょう

皮脂詰まりを出す

肌の奥まで黒ずみが浸透してしまう女性

皮膚科では専用の器具で皮脂詰まりを出してくれるので、医師に行ってもらうほうが無難です。

どうしても自宅で自分で行いたい場合は、アクネプッシャーなどの器具を使って、皮脂詰まりを起こしている毛穴の周りすべてに均等に圧がかかるようにして取りだします。
そうすれば跡残りせずに綺麗に除去できます。

そしてその後は、引きしめ効果のある化粧水などをつけて、毛穴をしっかりと締めるようにケアしておきましょう。

毛穴が開きっぱなしになっていると、また角栓ができたり、ばい菌が入れば化膿することも、ニキビになってしまうこともあるので、処置後の毛穴ケアも忘れずにしっかりと行いましょう。

また、このような皮脂つまりのおきにくい肌に改善させるということも、根本的な原因を取り除くという意味においては意味のあることです。

肌質改善させるために、スキンケアを見直して見ることもお勧めです。

ピーリングで除去

黒ずみ対策ピーリングをする女性

よく耳にするピーリング成分は、角質層が正常なサイクルで剥がれ落ちるようにする効果が高いので、毛穴詰まりがおきにくくなります。

ピーリング成分が配合された洗顔料は特にお勧めです。

たっぷりときめ細かな泡を大量に作り、お肌の上、特に皮脂つまりが起きやすい部分に厚めに乗せる泡パックをします。
毛穴の中の汚れを柔らかくし、かき出してくれるので、ニキビ予防にも最適だといわれています。

角栓を作らせない

黒ずみを作る前に対策をしてと怒る女性

汚れがしっかりと落とせた状態の肌は、その後に使用する化粧水や美容液の浸透率も高まり、美容成分がお肌の奥にぐんぐん沁み込んでいきます。

角栓を作らせないようにするためには、水分と脂分のバランスが整うようにすることと、毛穴が開かないようにすることなので、いずれもお肌の保湿がカギとなります。

皮脂分泌を抑えようと、脂分を取るケアをしすぎると、肌は逆に潤い不足だと勘違いし、自らどんどん皮脂分泌を盛んにさせてしまうので、逆に水分をしっかりと与えてあげるケアが必要です。

ピーリングで肌の上にたまった余計なものを落とし、保湿成分をたっぷりとお肌の奥に与えてあげると、毛穴詰りの起こしにくいトラブル知らずの肌になれます。