顔や手足の美白や保湿には気を使っていても、膝にまでケアを行っている人はほとんどいません。

忘れられがちな膝ですが、実は体の中でも黒ずみしやすく、気を抜くとがさがさで黒ずんだ色素がすぐに定着してしまいます

最近では夏だけでなく、冬でもミニスカートをはいて素足でおしゃれを楽しむ女性が増えてきました。
そんな時に汚れた膝では、せっかくのおしゃれも台無しになってしまいます。
そんなことの無いように、日ごろからきちんと膝もケアしておきましょう。

この記事を見ている方にチェックしてほしい商品♪

膝の黒ずみケアをしてマイナス5歳を目指す。

黒ずみケアでマイナス5歳

膝の黒ずみって結構見られているって知っていますか?
どんなに顔のアンチエイジングをしていても膝が黒ずんでいると老けて見られてしまいます。
膝の黒ずみケアをすると、マイナス5歳に見られることもありますよ!

膝の黒ずみの原因は?

膝の黒ずみを気にする女性

そもそも肌が黒ずむ原因ですが、毛穴に汚れが詰まって広がったり摩擦によって色素が沈着したりすることが挙げられます。

特に膝は関節であるため、皮脂腺がほとんどありません。
皮脂腺は肌のターンオーバーを促し、新しい綺麗な皮膚を再生させるために大切な役割を果たしています。
この皮脂腺が少ないために、膝は同じ細胞が長い間表面に留まりやすく、その分洋服などとの摩擦で色素沈着が次々と蓄積していくのです。

また、日焼け止めを塗ることも少なく、常に服で保護されている訳ではないので紫外線を浴びやすく、メラニン色素が作られやすくなります
こういった様々な原因で、膝は黒ずみしやすい部分だと言えるのです。

ピーリングで膝の黒ずみケア

さて、このような黒ずみができてしまった場合、どのようにケアすれば良いのでしょうか。

できれば黒ずみを綺麗に消し、元の肌の色に戻したいところです。そこで役立つのが、ピーリングという方法です。

これは肌の古くなった角質や汚れを削ぎ落とし、新しい肌へのターンオーバーを促す作用を持ちます。
薬剤などを用いた本格的なケミカルピーリングはエステサロンなどで行えますが、これには相応の費用と時間がかかってしまいます。

ピーリング石鹸を使用

黒ずみケアでピーリング

薬剤を使うのが怖い人や膝など体のパーツへ行う場合は、市販されているピーリング石鹸などを使えば十分です。
お風呂の時間にこの石鹸を使うことで、角質を除去して肌のターンオーバーを正常に行ってくれるのです。

ピーリングを行う際、黒ずみをたくさん削ぎ落とそうと力いっぱい何度もこすったりしてはいけません

肌に過剰な摩擦を与えると、どんどんメラニン色素が作られてしまい、逆効果になってしまいます。
あくまでも優しく丁寧に、泡で洗う感覚で行うようにしましょう。

また、効果は1度の使用で現れるものではありません。
かと言って毎日やると、角質が減りすぎて摩擦を与えているのと同じ状態になってしまうので止めましょう。

一番良いのは、3日に1度のペースで行うことです。
この程度でも効果を得るには十分なので、くれぐれもやり過ぎないようにして下さい。

おすすめの黒ずみ専用石鹸はこちら→

ピーリング後は保湿ケア

黒ずみ対策で膝を保湿

さらに、角質が減るとその分肌を保湿する力が減少してしまうので、実施後には必ず保湿ケアを行います。
これを怠ると乾燥肌になって別のトラブルが起きやすくなるので注意しましょう。

化粧水、美容液、パックなど顔のケアと同じようにすると完璧です。
このように丁寧なケアを行い根気よく続けていれば、きっとガサガサした黒ずみを消すことができます。

今売れてます!^^
膝専用の黒ずみ解消クリーム↓↓