毛穴に皮脂汚れなどがたまったままの状態になってしまい、取れなくなってしまうと、ニキビに進行してしまうこともあります。

見た目にも黒っぽく酸化していってしまうので、早目の処置が必要です。

しかし、この角栓となってしまっている状態では、なかなか自然に取れないものなので、何らかのアプローチをしてあげなければなりません。

正しい角栓の処置法

正しい黒ずみ改善方法を教える女性

この時に間違った取り方をしてしまうと、肌へは深刻なダメージを与えてしまうことにもつながりかねません。

正しい処置方法を知り、痕残りさせることなく綺麗に詰まりを除去してあげましょう。

処置をするタイミング

黒ずみを発見する女性

角栓は、初期段階である、先端が白っぽい状態のころがベストです。
毛穴もそれほど押し広げられていない状態なので、詰まりさえなくすと、毛穴は自然に閉じていきます。

しかし、この状態から進行し、先端が黒っぽくカチカチの状態にまで酸化してしまうと、取り除いた後にぽっかりと毛穴が広がったままになってしまうこともあります。

何か詰まっていると感じた時点で、すぐに処置を行うことが、除去ケアを簡単にさせるとともに、その後の肌への悪影響も減らせるのだということを知っておきましょう。

間違った処置方法

黒ずみ対策をバツと判断する手

さて、正しい取り方としては、詰まっている周辺の皮膚組織を傷付けないこと、が鉄則となります。
爪で引っかきだす、指先で絞りだすといった方法は絶対に取ってはいけない行為です。

このような方法では、皮脂詰まりを取ることが出来ても、皮脂腺を刺激してしまうので、余計に分泌が盛んとなり、すぐにまた詰まってしまいます

こういったことを繰り返していても、角栓は一向になくならないです。
しかも、指先は雑菌だらけなので、傷をつけてしまった皮膚や毛穴から、ばい菌が浸入してしまうと、深刻な肌トラブルを起こしてしまうことになります。

正しい処置方法

黒ずみ対策を正しいと判断した女性

角栓は毛穴を広げたり、詰まり自体をふやかしたりといった下処理を行ったうえで、極力お肌に力を加えずに取りだすことが大切です。

無理に皮膚に圧力を加えることは内出血を招き、赤みなどの色素沈着を起こしてしまうことにつながります。

毛穴を温める

簡単に取れないほど固まってしまっている場合は、ホットタオルなどでじっくりと温めてあげると、毛穴が広がり、角栓も柔らかくなります。
そうすると、周辺を少し押して上げるだけでも、綺麗に取りだすことが出来ます

専用器具で取り除く

この時、毛穴の周りに均等に圧力をかけるために、アクネプッシャーという器具を使うと、詰まりの先端が少し毛穴から出てきます。
それをピンセットなどでつまみ上げると、簡単に引き抜くことが出来ます。

この時も使用する器具はしっかりと消毒し、雑菌が毛穴から侵入しないように気を付けましょう。

毛穴を引き締める

詰まりを取り除いた後の毛穴は、広がって開いてしまっているので、しっかりと引き締めてあげましょう。

手軽に引き締める方法としては、冷やした化粧水などをコットンに含ませ、毛穴の上にしばらく乗せておきます。

十分に冷却できたら、保湿ケアを忘れずに行い、お肌に潤いを閉じ込めてあげましょう。

ビタミンC美容液は毛穴を引き締める効果が高いので、冷却後に塗布すると良いです。