毛穴に皮脂などの汚れが詰まってできてしまう角栓。

詰まり始めの先端がまだ白っぽい段階であればそれほど気にはなりませんが、そこから長く詰まったままであると、先端部分が空気に触れて酸化し、茶色っぽく変色し、やがては真っ黒のほくろのようになります。

質感も硬く変化していくので、肌に触れた時にもぽつっとした盛り上がりを感じ、目立つようになってしまいます。

角栓に注意!肌を傷つけないで!

肌を黒ずみから守る手

洗顔をしたりちょっとしたときなどに肌に触れると、盛り上がりが指先にひっかかるようになるので、ついつい爪でひっかく方もおり、傷跡になって残ってしまったと後悔している方も少なくありません。

角栓がひっかかるとどうなる?

ニキビを触って黒ずみになる女性

角栓が取れた後の毛穴から、指先などについている雑菌が浸入してしまうと、毛穴の中で炎症し、ニキビのように赤く地腫れしてしまうことにもつながりかねないので、毛穴詰まりやニキビなどを触ってしまう癖のある方は要注意です。

指先は、どれだけしっかりと洗っていても、常にいろいろなものに触れてしまうので、想像以上に雑菌だらけです。

角栓を除去してひっかかない

ひっかくとどうしても皮膚表面に傷をつけてしまい、ばい菌が入りやすくなってしまうので、角栓は専用の器具を使って押し出したり、ピンセットや毛抜きで引き抜く方が良いといわれています。

優しく角栓の先端を皮膚から飛びださせることが出来れば、後は慎重につまんで引き抜けば、最後まで綺麗に取りだせるので、毛穴の中の詰まりはすべて除去できます。

詰まり除去器具で除去

アクネプッシャーで黒ずみ原因を除去

アクネプッシャーは、こういった皮脂詰まりを優しく押し出す専用器具なので、ピンセットとともに用意しておくと、角栓ケアがスムーズに行えます。

アクネプッシャーは、肌に平行になるように置き、毛穴詰まりを起こしている周辺を押せば、開いている穴から詰まりが飛びだします。

周辺に均等に圧をかけることが出来れば、内出血なども起こさずに除去できるので、赤みなどの色素沈着予防には最適です。

しかし、アクネプッシャーを置く角度が少しでもずれてしまうと、指先などで絞りだしたときと同じように、毛穴の周辺全てには圧がかからなくなってしまうので、痕残りしやすくなってしまいます。

位置的に自分では押し出せない場所なら、誰かに手伝ってもらうか、病院で取りだしてもらいましょう。

除去後は毛穴を引き締める

黒ずみ対策保湿する女性

そして、角栓を取りだすことができたら、すぐに広がったままの毛穴を閉じさせる処置を行いましょう。

ここでぽっかりと開いた毛穴をそのままにしとくと、毛穴からばい菌が入ってしまったり、毛穴が閉じないままになってしまいます。

毛穴の目立ちはメイクでもなかなかカバーしきれず、深刻なコンプレックスにもつながりかねないので、汚れを取り去った後はすぐに引き締めるということを徹底して行いましょう。

冷たく冷やしておいた化粧水でパックするなど十分に冷却し、保湿成分をたっぷりと与え、お肌に潤いを閉じ込ませておくと、やがて肌の奥からふっくらと持ちあがり、毛穴が締まっていきます。

この処置を怠ってしまうと、毛穴はどんどん広がってしまいます