鼻などの毛穴脇の下バストトップお尻Vラインなど、黒ずみが気になる部分は意外と多いものです
顔の毛穴が黒ずんでいる場合、毛穴に詰まった皮脂や古い角質が角栓となり、それが酸化して黒ずんでいるのが原因である場合が多いので、正しい洗顔と保湿をすることが基本的な対処法になります。

虫眼鏡で黒ずみを探す男の子
しかし、洗顔だけでは黒ずみがなかなか薄くならない場合があり、もっと即効性のある方法を使いたい時には、美容皮膚科を利用するのがおすすの方法です。

美容クリニックでの治療

黒ずみ改善のエステサロン

それは、美容皮膚科や美容外科では毛穴の黒ずみに対して、ケミカルピーリングやレーザー治療で対処することが出来るからで、自宅でのケアだけでは落とすのが難しいメラニン色素による黒ずみにも有効な方法を提案してもらえるからです。

ケミカルピーリングとは

まず、黒ずんだ毛穴を治療する方法のひとつとして考えられるのは、ケミカルピーリングという方法で、ピーリング剤で皮膚表面の古い角質をはがし、皮膚の新陳代謝を高めることで綺麗な肌へと再生させていきます。
黒ずみ改善のためのピーリング

ケミカルピーリングは毛穴に詰まっている黒い角栓を取るだけでなく、肌自体を再生させる施術なので、ニキビの予防やシミ・しわの改善効果を期待出来ることも優れた特徴と言えます。
ケミカルピーリングは1度の施術時間は30分ほどですが、2~4週間おきに6回程度行うことで治療効果を実感出来ます。
そのため、ケミカルピーリングで黒ずんだ毛穴を治すなら、綺麗になるまでには3カ月くらいは余裕をみておくと良いでしょう。

レーザー治療とは

そして、美容クリニックで受けられるもっと即効性がある黒ずみ治療としては、レーザー治療という手があります。
毛穴へのレーザー治療はクリニックによって使用するレーザーが違っていることがあり、あるクリニックではロングパルスヤグレーザーを照射して黒ずんでいる毛穴の角栓や角質を除去し、同時に真皮層のコラーゲンに働きかけて肌にハリを与え、毛穴を引き締めます
この方法では1回の治療時間は10分程度となり、2~3週間おきに3~5回の治療回数で完了となるのが目安なので、黒ずんだ毛穴を即効性のある治療法で治したい人には向いている方法だと言えるでしょう。

また、このレーザー治療は、毛穴にカーボンを塗布してからレーザーやIPLを照射するのでカーボンピーリングと呼ばれていることもあります。
別のクリニックではカーボンピーリングにQスイッチヤグレーザーなどを使用しており、毛穴の黒い汚れや古い角質を除去しながら、毛穴の引き締めと肌のくすみやゴワつきの改善、ニキビ予防効果も得られるとしています。

塗り薬の処方

黒ずみ処方でもらった塗り薬

さて、顔の毛穴だけでなく、脇の下やバストトップなど体でも黒ずみが気になる部分はあると思います。
そういった部分が黒ずんでいるのを解消して綺麗な肌にするのには、レーザートーニングや、トレチノインとハイドロキノンという美白に有効な塗り薬を使った治療法があるので、こちらも美容皮膚科や美容外科で相談してみると良いでしょう。

一般的に体の黒ずんでいる部分を治療するのには、顔よりも時間がかかるとされているので、体を美白したい場合は治療期間を長めに考えておき、根気よく治療を続けると良い結果が得られるはずです。

詳しいエステサロンについての詳細はコチラ→