角栓は皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質たちが毛穴の中でがっちり固まってできたものです。

普通のカサカサした粉吹きイモのようなお肌も角質なのですが、毛穴部分の角質に関しては角栓と呼びます。

角栓対策をしよう!!

黒ずみ対策を進める女性

乾燥すると硬くなり水を吸うと柔らかくなるのは、この角質たちがケラチン(タンパク質)で出来ているためです。

そこに汚れや皮脂、化粧品がくっつくと毛穴を塞いでしまいます。フタが閉まった状態の毛穴の中では、皮脂が溜まり押すな押すなの騒ぎになります。

角栓が出来る原因

黒ずみの原因の乾燥

毛穴が詰まりやすい理由に皮脂の多さがあります
オイリー肌の人は角栓の原因となる余分な皮脂が多いことも確かです。

しかし単に皮脂が多いだけでは毛穴が詰まることはありません。

もっと大きな理由は乾燥です。
皮膚がカサカサして硬くなると、毛穴の伸縮も悪くなりますから開きっ放しの状態になります。
もともと鼻や口の周りは摩擦が多く皮膚が硬くなり乾燥しやすいのです。

困ったことに年齢が上がるほど、お肌の古い角質は自然に落ちにくくなり残ってしまいます。

こうしたことから皮脂と角質がくっつくだけでなくホコリや汚れ、洗い残しの化粧品がごちゃ混ぜにされて詰まることになります。

角栓を作らないための対策

黒ずみ対策ピーリングしたりんご

対策としては、乾燥させない・汚れを溜めないことですが、この対策でも不十分な場合別の方法を考える必要があります。

それは既に出来てしまった毛穴の角栓を取り除かなければなりません。

だいたいこういう状態ではお肌のターンオーバーが正常に働いていませんから、まずはそこを正常化するためにCDトレチノイン美容液を使うか、ケミカルピーリングをしてみるといいでしょう。

さらに皮脂分泌とメラニンを抑制するためにビタミンCイオン導入などが効果的です。

ただし、ムリをして角栓を取るのは危険なこともあります。
力で押して取るとお肌に負荷がかかり、刺激や摩擦で肌荒れや色素沈着を起こします。

角質は自ら剥がれていく能力があり自然に取れるということを覚えておきましょう。通常はゆっくり育って毛穴自体目立たなくなっていきます。

たまたま硬くなってひょっこり顔を出してそこに汚れが付着したものが酸化して黒くなったりして発見されます。黒ずみと呼ばれるものがそれです。

オイルクレンジングを使用

角栓が詰まりやすい人はオイルタイプのクレンジングで調整してみるといいでしょう。

クレイ入りの洗顔料と合わせて使います。
その後の保湿ケアは入念にして再度皮脂が詰まるのを防ぎます。

毛穴を引き締める

対策法としては、ピーリングをしてお肌のターンオーバーを正常に戻しながら毛穴の洗浄もやります。
美容液などで毛穴を引き締めるケアをしっかりすることで詰まらないお肌にしてあげましょう。

このときセラミドやヒアルロン酸配合の化粧品でお肌全体を潤してあげます。

もし可能ならスペシャルケアとして、週2回ほど蒸しタオルをあてると汚れが落ちやすくなります。
電子レンジで温めたタオルで毛穴を蒸らします。

その後にクレンジングをするとより化粧汚れが落ちやすくなります。

黒ずみについて叫ぶ女性

洗浄と保湿はセットですがお肌の状態をチェックして、その時々のお肌にマッチしたお手入れを心掛けましょう。
きっと毛穴の魂の叫びにあなたも気付くはずです。