毛穴に皮脂などが詰まってしまうことによってできる角栓はニキビの初期段階とも言われており、この皮脂詰まりをそのまま放置しておくことはあまり良いことではありません。

細い角栓の早い処置をする

早めの角栓ケアをする女性

お肌を傷付けないように気を付けながら、詰まりを取り除くことが、毛穴の開きを進行させないケアにもなるので、何か詰まっているなと気がついたら、できるだけ早い段階で除去ケアを行いましょう。

その際には下準備と、揃っていたほうが簡単に詰まりを取り出せるアイテムがあるので、大きめのドラッグストアなどで購入しておくことをお勧めします。

詰まりを取り出すアイテム

アクネプッシャーで角栓を摂る

角栓除去の専用の器具は、アクネプッシャーというステンレス製の平べったい棒で、先端部分に丸く穴が開き、そこから角栓を絞りだします。

また角栓が細長い場合に便利なのが、先端が細いピンセット毛抜きで、しっかりと詰まりをキャッチし、引き抜ける質の良いものを用意しておきましょう。

細長い角栓を、アクネプッシャーだけで押し上げるのは、かなりの圧をかけないといけない場合もあり、あまりに力を入れ過ぎると、皮膚の下で内出血を起こしてしまうことにもなりかねず、取り除けても、毛穴周辺には赤みなどの色素沈着が残ってしまいます。

できるだけ肌へ負担をかけずに取りだすには、しっかりとつかみ、引き上げることのできる上質なピンセットは必須で、最後まですっぽりと綺麗に除去することが可能となります。

そしてこういった器具を消毒するエタノールや、除去後の冷却パック用の吸収性の良いコットン、毛穴を引き締める効果のある、ビタミンCやセラミドなどの美容液や保湿ローション、これらがあれば完璧で、綺麗に詰まりを取り去ったのち、毛穴をしっかりと引き締め、何もなかったころの美しい素肌に戻すことが可能となります。

毛穴を開いてからケア

お風呂で毛穴を開く女性

角栓除去ケアは、間違った方法を取ってしまうと、さらに詰まりやすい状況にしてしまったり、毛穴がパックリと開いたままになってしまったり、炎症を起こしたニキビのようなトラブルに発展してしまうこともあるので、かなり慎重に行わなければならない難しいケアです。

まずはいきなり詰まりを絞りだすのではなく、ホットタオルなどで十分に毛穴を温めて開かせ皮脂を柔らかくしておきましょう。

一番良いのは湯船でじっくりと温まることで、身体の芯から温めることが出来るので、毛穴ケアには最適の肌状態を作り上げることができます。

詰まりがそれほど固まっていなければ、この処置でも十分詰まりの先端が毛穴から顔を出しているので、慎重に肌を傷付けないように、消毒したピンセットで摘み上げてみましょう。

氷で黒ずみケア

細長いものでもするっと引き抜けるので、毛穴は根こそぎ綺麗に掃除できます。顔を出していない状態なら、詰まっている部分の毛穴が見えるようにアクネプッシャーをセットし、軽く力を入れれば、穴から詰まりが飛びだします。

最後まで飛びだしていない場合は、同様にピンセットで抜きだしましょう。

その後は、湿らせ冷やしたコットンで十分冷却し、保湿ケアをたっぷりと行ってあげると、毛穴は自然に閉じていってくれます。