顔の鼻には登場回数も頻繁な角栓ですが、腕の場合は少しわかりにくい形で現れるかもしれません。
体のどこにあらわれても変ではないですが、二の腕の場合だと毛孔性苔癬という、毛孔角化症の症状かもしれません

腕のブツブツの原因は角栓?

腕の黒ずみが気になる女性

腕は、普段は衣類で隠すことの多いパーツですが、夏にもなれば半袖やノースリーブになるので、オープンな状態で肌もわかります。
肌が何となくブツブツしているのは、かなり気にはなるもの、つい隠してしまいがちですよね。
毛穴が盛り上がった状態で、見た目も触り心地もブツブツした感じです。ザラザラとした丘疹が発生をするのは、毛穴に角栓が詰まりを発症します

毛孔角化症とは?

腕のぶつぶつが病気か疑問

毛孔角化症は見た目には気になりますが、ほとんど自覚症状のない皮膚疾患です。
皮膚の疾患といっても、割と一般的なものであり、子供の頃から派手に発症しているケースも見受けられます。
また、思春期には多くなりますが、20代に入ってくると年齢が上がるごとに少なくなります。
これが30代以降になると、いつの間にか消えていたという人も増えてきます。ですが消えないままの人もいて、男の人よりも女性の方が割合的にも残りやすいです。

角栓が原因?毛孔性苔癬

毛孔性苔癬というのは難しいネーミングではありますが、良性疾患になります。そのため放置したとしても、体には害はないですし、誰かに感染するものでもないです。
毛孔性苔癬になる原因ですが、開いてしまった毛穴に古い角質や汚れがたまり、角栓になって細胞が毛穴の下で異常反応を引き起こしています
ですが治らないものではないため、セルフケアと皮膚科などでの治療で、キレイな肌へ変えていくことは可能です。

腕のブツブツの除去方法

腕の黒ずみ対策で保湿する子供

セルフケア

セルフケアとしては、徹底した保湿は必要になります。それは、乾燥をさせてしまうと、症状がひどくなることがあるためです。
治療を始めていくと、ゆっくりと改善へ向かいますから、ホームケアでは肌の保湿ケアをしっかりとやることです。

皮膚科でのレーザー治療

美容皮膚科などでは、レーザー治療などで改善へと向かわせる治療もあります。
人の皮膚を表面上のみではなく、深部から入れ替えをする治療で、肌のリセットを狙うやり方です。
レーザー治療は若干強力なタイプになりますが、数回の施術を受けていくと、肌の赤みや色素沈着なども薄くなっていきます
肌の入れ替わりですから、当然のことながら毛穴の問題も解消していきますし、何よりザラザラだった肌は、ツルツルに変わっていきます。
特に女性の場合は美しい素肌にこだわりさえ持ちますから、見た目にもツルツルで、触れてもなめらかな肌に変わるのは、心まで幸せな気分にもなります。

腕のブツブツがなくなり黒ずみ改善した女性

レーザー治療をしても、その日からいつもどおりの日常生活を送ることができます。1回目の施術から、肌には変化を感じ始めます。
これが3回から5回くらいになると、皮膚は今までとは違ってツルツルとした状態に変わっています。
家ではできるだけ、施術を受けた部分の保湿ケアをしておくことで、よりなめらかな素肌が手に入ります。
施術中は、紫外線を直接浴びないように気をつけましょう。